[KKK]
-渋谷百景-

[ ハ / / / / ]

◆=member ▲=discography △=other release ●=infomation/comment

 
ハーバード
[HARVARD]
◆小谷洋輔(Vo.,G.) / 植田康文(G.,Turntable)
▲2002.05.25 Urban <CD Sg./
ESCALATOR RECORDS/ESC-041>
▲2003.02.26 haven't we met <CD/
ESCALATOR RECORDS/ESC-052>
▲2003.04.02 lesson <CD Al./
ESCALATOR RECORDS/XQAV-1027>
▲2003.09.02 Live at Web <CD/
ESCALATOR RECORDS/ESC-057[XQAV-1557]>
▲2004.01.21 A.N.O.T <CD/
ESCALATOR RECORDS/ESC-061>
▲2005.06.24 LOOKS LIKE CHLOE <7"/
ESCALATOR RECORDS/ESC068S>
▲2005.07.07 ORACLE <CD Al./
ESCALATOR RECORDS/XQAV-1054>
▲2005.08.-- IF YOU WANNA CLAP YOUR HANDS <7"/
ESCALATOR RECORDS/ESC069S>
▲2006.06.-- TALKIN AND LOUD <LP/
ESCALATOR RECORDS/ESLP060>
▲2006.08.09 TALKIN AND LOUD <CD/
ESCALATOR RECORDS/ESCD060[XQAV-1060]>
▲2006.11.29 She Is All <CD Sg./
ESCALATOR RECORDS/ESC074[XQAV-1574]>
▲2006.11.29 She Is All <7"/
ESCALATOR RECORDS/ESC074s>
▲2006.12.20 LIGHTYEARS <CD Al./
ESCALATOR RECORDS/ESCD065[XQAV-1065]>
▲2007.02.-- LIGHTYEARS <LP/
ESCALATOR RECORDS/ESLP065>
▲2007.07.25 BEST <CD Al./
ESCALATOR RECORDS/XQAV-1073> ※ベストアルバム
▲2007.08.29 Test <CD Al./
ESCALATOR RECORDS/XQAV-1074> ※レアトラック集
●広島出身の2人によるサウンドチーム。ギターポップ、ハウス、R&Bなどを融合させたサウンドはクラブミュージックとしてもポップミュージックとしても通用する。2007年5月3日、解散を発表。

ハーフビー
[HALFBY]
◆高橋孝博
▲2002.10.10 and the coconut ep <12"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-001>
▲2003.02.14 HALF WORKS <CD Al./
SECOND ROYAL RECORDS/SRCD-002>
▲2003.12.-- and the coati mundi ep <12"/
READYMADE INTERNATIONAL/RMLP-0016>
▲2005.04.30 RODEO MACHINE <12"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-009>
▲2005.10.05 グリーン・アワーズ[GREEN HOURS] <CD Al./
SECOND ROYAL RECORDS/SRCD-010>
▲2005.12.01 BRING IT BACK <12"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-010>
▲----.--.-- <Split with FREDO/7"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-012> ※非売品プロモ盤
▲2006.07.26 スクリュー・ザ・プラン[screw the plan] <CD Sg./TOYS FACTORY/TFCC-89175> ※生産限定盤
▲2005.09.09 スクリュー・ザ・プラン[screw the plan] <7"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-016>
▲2006.10.20 MARY MARY <10"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-018>
▲2006.10.25 HALFBEAT <CD Sg./TOYS FACTORY/TFCC-89186> ※生産限定盤
▲2007.02.02 HALFBEAT <7"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-020>
▲2007.03.28 STAR TRACK <CD Sg./TOYS FACTORY/TFCC-89194> ※生産限定盤
▲2007.06.14 STAR TRACK <7"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-022>
▲200-.--.-- YAWATA DREAMIN' <LP/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-023>
▲2007.06.27 Slip ON <CD Sg./TOYS FACTORY/TFCC-89207> ※生産限定盤
▲2007.08.29 サイド・ファーマーズ[SIDE FARMERS] <CD Al.+DVD/TOYS FACTORY/TFCC-86230> ※初回限定盤
▲2007.08.29 サイド・ファーマーズ[SIDE FARMERS] <CD Al./TOYS FACTORY/TFCC-86236> ※通常盤
▲2007.10.19 Slip ON <7"/
SECOND ROYAL RECORDS/EMF-024>
●小西康陽直系のハッピーで大胆なアプローチ、ヒップホップからの影響も感じさせるビート感覚で非常に意匠性の強い"HALFBY節"としか形容のできないサウンドを作り上げる。

ザ・バイク
[THE BIKE]
◆加藤ひさし(Vo.,B.) / 三村直輝(G.) / 斉藤清(Dr.)
→加藤ひさし(Vo.,B.) / 三村直樹(G.) / リンゴ田巻(Dr.) [1984.7-1985.07]
→加藤ひさし(Vo.) / 三村直樹(G.) / リンゴ田巻(Dr.) / アンディ島村(B.) [1985.07-1985.12]
▲1982.--.-- 夜明けのコンガ <Demo Tape>
▲1983.01.-- FALA YA FALA c/w THE HONEST ADVICE <Flexi>
▲1983.10.-- GANBARE G.I. JOE! <Flexi>
▲1985.--.-- 『誰が殺したタマゴ男?』 the BIKE live at Egg-man! <Ct./RADIATE RECORDS>
▲1985.05.-- THE SONG FOR DINOSAUR! <Flexi/RADIATE RECORDS>
▲1985.10.-- ONEMORE BIG APPLE PIE <Ct.>
▲2007.03.07 BEAT WAVE<Compilation Al.[CD+DVD]/YOUTH>
▲2007.03.20 ALIVE HERITAGES <Compilation Al.[CD+DVD]/YOUTH>
●1979年、加藤ひさし(Vo.,B.)、三村直輝(G.)、斉藤清(Dr.)の3人で"エキセントリック・ジャム"を結成、1980年に"ザ・バイク"に改称。1984年7月に、ドラムがリンゴ田巻に交替。1985年7月 ベースにアンディ島村が加入し、加藤はリード・ヴォーカル専任になり、バンド名を"THE BIKES"に改称する。1985年12月22日、渋谷屋根裏で解散ライヴ。1986年2月、加藤ひさしとリンゴ田巻が中心となり、
ザ・コレクターズを結成する。

ハイ・スピー
[HI-SPEED]
◆ミズヒロ/高橋タイジ/8[ハッチ]
▲1999.03.25 8BIT FEVER <Al./HOT-CHA>
▲1999.06.10 SOUND OF FEERING <7"/HOT-CHA>
●アニモ・コンピューターでも活動するミズヒロらによる前衛的電子音楽ユニット。1999年発表の「8BIT FEVER」には
嶺川貴子も参加し、話題を集めた。

ハイ
[HI-POSI]
▲1989.02.-- 天下のハイポジ <Ct.>
▲1991.05.31 写真にチュ〜 <Mini Al./TOSHIBA EMI>
▲1991.07.26 COM'ON SUMMER <Al./TOSHIBA EMI>
▲1993.02.01 夜はひとりぼっち <Sg./VAP>
▲1993.12.-- ハイポジデモテープ93秋 <Ct.>
▲1994.05.05 カバのオツム <Mini Al./BIOSPHERE>
▲1994.12.-- 身体と歌だけの関係[BODY MEETS SING] <Al./BIOSPHERE>
▲1995.05.-- 身体と歌だけの関係REMIX[BODY MEETS SING REMIX] <Remix Disk/BIOSPHERE>
▲1995.07.26 身体と歌だけの関係 <Sg./KITTY>
▲1996.03.06 重力をなくして <Sg./KITTY>
▲1996.07.25 かなしいことなんかじゃない <Sg./KITTY>
▲1996.08.25 かなしいことなんかじゃない <Al./KITTY>
▲1997.02.05 ジュンスイムクノテクニシャン <Maxi Sg./KITTY>
▲1997.02.26 ジュンスイムクノテクニシャン <12"/KITTY>
▲1997.05.25 最悪の日々 <Maxi Sg./KITTY>
▲1997.06.25 最悪の日々 <Analog/KITTY>
▲1997.09.26 HOUSE <Remix Al./KITTY>
▲1998.06.-- GLUON <Al./CONTEMP>
▲1999.03.-- 口笛ふくのはもうやめた <Maxi Sg./HEAT WAVE>
▲1999.07.-- 実験GIRL <Sg./HEAT WAVE>
▲1999.07.-- 4N5 <Al./HEAT WAVE>
▲1999.07.-- 実験GIRL <Maxi Sg./HEAT WAVE>
▲2000.02.-- ジェニーはご機嫌ななめ <Maxi Sg./HEAT WAVE>
▲2000.06.-- そなえよつねに <Maxi Sg./HEAT WAVE>
▲2000.07.-- 性善説 <Al./HEAT WAVE>

ハウ
[HOW]
▲黒沢秀樹(G.,Vo.) / 関美彦(B.,Vo.) / 笠鳥高生(G.,Vo.) / 仲村有紀(Vo.,Key.)
→黒沢秀樹(G.,Vo.) / 笠鳥高生(G.,Vo.) / 仲村有紀(Vo.,Key.) / 中田卓志(Dr.) / 小山晃一(B.)
▲2000.02.-- 5 SONGS <Mini Al.>
エル・アールの黒沢秀樹,バターフィールドの関美彦,サラダの笠鳥高生と仲村有紀の4人によるユニット。のちに,黒沢秀樹,笠鳥高生,仲村有紀に加え,元コークベリーの中田卓志,元ノーナ・リーヴス,現ANOTHERの小山晃一の5人に。

ハウス ファンデーショ
[HOUSE FOUNDATION]
◆松本浩一/太田義晴
▲1995.05.19 FREE AT LAST <As"HOUSE FOUNDATION + AKIKO WADA"/Maxi Sg./PONY CANYON>
▲1995.06.21 ハウス ファンデーション[HOUSE FOUNDATION] <Al./PONY CANYON>
▲1996.07.19 FEEL IT IN MY SOUL <Analog./PONY CANYON>
▲1996.07.19 STEP INTO MY LIFE <Analog./PONY CANYON>
▲1996.08.21 24-7 I LUV U <Al./PONY CANYON>
▲1996.09.04 SHINING LIKE A STAR <Maxi Sg./PONY CANYON>
●元アーバン・ダンスで
ソウル・ボッサ・トリオでも活動の松本浩一らで結成。和田アキ子をフィーチャリングした「FREE AT LAST」で話題を集めた。

パウ
[POWDER]
◆MICHIKO[小柳路子](Vo.) / 松浦恵(Prog.,Key.,B.)
▲1995.06.21 THE SUMMER OF LOVE <Al./PONY CANYON>
エスケンのプロデュースの元,1994年に発表された"東京レディーソウル"のコンピレーションアルバム「レディース・イン・モーション[LADIES IN MOTION]」にも参加したR&B系ユニット。

バザール
[BAZZAR]
◆平ヶ倉良枝(Per.) / サクラマコト[前田真人](Vo.) / 高橋学(B.) / 柏原悟(Dr.) / 河愛研[川井健](Key.)(/山田哲史(G.))
▲1989.03.21 バザール[BAZZAR] <Al./CBS SONY>
●1986年7月に前田と高橋を中心に結成されたプレゼンツ[PRESENTS]を前身に,1988年に改名し成立した無国籍ビートバンド。平ヶ倉良枝は,のちに
ヨシエとしてトラットリアからソロ・デビュー。

バサロクラブ・ナナジュウゴ
[VASALLO CRaB 75]
◆工藤大介/福村貴行
→工藤大介/小嶋裕介/大倉一成/河辺靖仁/大澤幸司/Rebecca Louise Orr ※2003年11月26日福村貴行が逝去
→工藤大介/小嶋裕介/大倉一成/河辺靖仁/大澤幸司/吉田明宏
▲2000.11.25 flying <Ct./
CLOVER RECORDS/C-051>
▲2001.11.20 FLIP TURN <CD Al./
CLOVER RECORDS/CLCD-414>
▲2004.01.30 breathe <CD Al./bloom/BLOOM-001>
▲2005.09.07 Today Is Tomorrow <CD Al./bloom/BLOOM-008>
▲2007.06.20 TWELVE RAYS OF LIGHT <CD MiniAl./bloom/BLOOM-012>
●元
advantage Lucyの福村貴行と元Pla-Trooperの工藤大介が結成したギターポップ・バンド。サイファイ的なサウンドだった初期から、メンバー交代を経ながらよりギターロック的なアプローチへと。

しか
[HASHIKA]
◆まひる(Vo.) / ジュンコ(Dr.) / ナオキ(G.) / タカ(Key./Cho.) / ハトリ(B./Cho.) ※『青春の戯曲集』
→まひる(Vo.) / ジュンコ(Dr.) / ナオキ(G.) / タカ(B.) / テツ(Key.)
→まひる(Vo.) / ジュンコ(Dr.) / ナオキ(G.) / テツ(Key.) / コウタ
▲1988.11.-- 青春の戯曲集 <Flexi/
ヒナタ/HR-001>
△1989.--,-- 東京ダダイズム <Ct./
ヒナタ/HR-002> ※オムニバスカセットブック。マスターII、はしか、トレモロ、マサ子さんが参加。
●1987年6月、ナゴムレコード系統のテクノポップに影響を受けた日暮まひる[日暮愛葉]らにより結成されたニューウェイヴ・バンド。1989年5月6日に放送されたテレビ番組『三宅裕司のいかすバンド天国』に出演、「メンタル・ドッグ」を完奏。1989年5月20日には下北沢屋根裏にて
バチェラーズエクセホモらとライヴ。解散後、日暮はシーガル・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハーを結成、ナオキ[岩田直樹]はMEXIなどで活動。

バターフィール
[BUTTER FIELD]
関美彦(G.) / 菊池陽子(Vo.)
▲1995.10.25 EARLY AUTUMN <Mini Al./POR SUPUESTO>
●良質のポップソングを紡ぎ出す男女二人組。関は後期チューリップに加入する高橋ひろらと関スカシとして1991年までポプシクル[POPSICLE]で活動ののち、
カジヒデキの後任ベーシストとしてルーフに参加、HEAVEN BOUNDでの活動を経て、元アイドルの菊池陽子と1993年10月にバターフィールドを結成。菊池陽子は1999年12月23日逝去、享年32。

バチェラー
[BACHELORS]
◆EB[佐々木光紀](Vo./G.) / 小林克美(Dr.) / 雨宮聡(G.) / 池水真由美(Key.) / 本間秀人(B.) ※結成当初
→EB[佐々木光紀](Vo./G.) / 小林克美(Dr.) / 雨宮聡(G.) / 池水真由美(Key.)
ルーフの母体となった「日本最古の」ネオアコバンド。ベースの木田俊介、ヴォーカルの佐々木光紀は1000リヴァーを結成。EBさん(イビさん)と呼ばれた佐々木は、2003年に他界。

ッジ714
[BADGE 714]
◆中村修一(G.) / 上村和佳子(Vo.) / 330(B.) / 吉村由佳[YOSHIMURA YOSHIKO](Dr.)
▲1994.04.25 TEARLESS <7"/
WONDER RELEASE[UK PROJECT]>
●上村和佳子、元
ビヨンズの中村修一、元人生の耳夫(330)、吉村由佳らによるロックバンド。轟音ギター×女の子キュートボーカル。中村修一はのちに村松剛、中村明日香とギターロックバンド"TABLE"を結成。上村和佳子はシーミールで活動。吉村由佳は、元ビヨンズ高杉大地率いるSAWPIT、OOIOODMBQ、メタルチックスなどで活動。

バッチ・ジャケット
[BUDGIE JACKET]
◆初田圭祐(G.) / 松田省吾(Vo.) / ISAMI KUNIHIRO(B.) / KAMATA TETSUJI(Dr.)
▲1992.--.-- I DON'T CARE ABOUT TIME I DON'T WANT TO SURMISE <7"/
TRUMPET TRUMPET
▲199-.--.-- WORLD'S FAMOUS EP <7"/PARASOL>
▲1994.--.-- MY GIRL FRIDAY <7"/AD LIBITUM POP!?>
▲----.--.-- BUDGIE JACKET <Ct./ANORAK>
●1992年初頭に結成。エスカレーターの前身レーベル,トランペット・トランペットから7インチ・シングルをリリースするが、メンバー間による性格の不一致により約1年で解散。松田は
アメリカンロックとして活動。

ハッピ
[THE HAPPIES]
▲1993.11.26 ポートレイト・オブ・ザ・ハッピーズ[PORTRAIT OF THE HAPPIES] <EP/LOVIN' CIRCLE[FILE]>
▲1994.09.09 SOUL HUNTER <Al./LOVIN' CIRCLE[FILE]>
▲1996.09.26 女心と秋の空 c/w ハード・フォーク・ブルース <Maxi Sg./MIDI>
▲1996.11.25 都会のハッピーズ <Al./MIDI>
▲1997.08.25 アンドロメダ急行 <Al./MIDI>
●新宿JAMを中心に活動したロック・バンド。1990年、若林タケシと中村ジョーの2人が阿佐ヶ谷ハッピーズを結成、しばらくしてドラマーの佐藤カズオ、ベーシストの菅原コウが加入。1991年末、オルガン奏者の西ツヨシが加入し、バンド名をザ・ハッピーズに改称。ガレージやソウルからの影響がみられる音楽性で人気を博す。メンバーの中村ジョーは脱退後,JOEYで活動する。

バッファロー・ドータ
[BAFFALO DAUGHTER]
◆シュガー吉永[吉永素子]/大野由美子/山本ムーグ
▲1994.11.-- シャギー・ヘッド・ドレッサーズ[SHAGGY HEAD DRESSERS] <EP/
CARDINAL
▲1995.11.-- アメーバ・サウンド・システム[AMEBA SOUND SYSTEM] <EP/
CARDINAL
▲1996.--.-- キャプテン・ヴェイパー・アスリーツ[CAPTAIN VAPOR ATHLETES] <Al.>
▲1997.--.-- SOCKS,DRUGS AND ROCK AND ROLL <Remix Mini Al.>
▲1998.01.28 ニュー・ロック[NEW ROCK] <Al./TOSHIBA EMI>
▲1999.04.09 WXBD <Remix CD/GRAND ROYAL>
▲2001.11.21 I <Al./TOSHIBA EMI>
▲2003.10.22 Pshychic <Al./V2>
▲2006.04.02 Euphorica <Al./V2>
●吉永と大野が在籍した
ハバナ・エキゾチカから発展する形で1993年結成。ポップでありながら実験精神にあふれるサウンドで,海外でも評価され,ビースティ・ボーイズのレーベル"グランド・ロイヤル"からも作品をリリースした。ちなみに、フィリップスの山本玲彦は山本ムーグの弟。

パディ
[PAS DE CHAT]
◆中野雅仁(Syn.,Key.,P.) / 藤原美穂(Vo.)
▲1993.09.28 パディシャ[PAS DE CHAT] <Al./ALFA>
▲1993.10.21 ずうっと <Sg./ALFA>
▲1994.09.21 空とぶ片想い <Sg./ALFA>
▲1994.10.19 DEUX <Al./ALFA>
▲1994.11.30 22番の口紅 <Sg./ALFA>
▲1996.06.21 PRAYER <Al./TEICHIKU>
●90年代前半に多く現れたハイセンスな洋楽感覚のあるウェルメイドな作品を作り出すユニットのひとつ。活動休止後,中野は平井堅やSkoop Of SomebodyらR&B系アーチストに楽曲を多く提供している。

パトラッシュ
[Patrasche]
◆諏訪好洋
▲----.--.-- Orbit of hoseman ship <As"patorush"/Ct./RMRC-001>
▲----.--.-- Vacation <As"patorush"/Ct./RMRC-002>
▲2000.06.26 Where are little memories had gone? <CD MiniAl./
MINTY FRESH JAPAN/mfj-1004>
▲2003.05.02 Untitled <CD Sg./FINAL COUNT DOWN/FCDC-1005>
●ノスタルジックでファンタジック、そんなポップサウンドをつむぎだす諏訪好洋のソロユニット。

バナナギャング
[BANANA GANGS]
▲1992.11.28 勝負(カタ)をつけろ <Al./EAST WEST JAPAN>
▲1993.04.25 IF-愛がふる街- <Sg./EAST WEST JAPAN>
▲1993.11.28 月とサスペンス <Sg./EAST WEST JAPAN>
▲1994.01.25 パワー!![POWER!!] <Al./EAST WEST JAPAN>
▲1994.07.25 この星のどこかで <Sg./EAST WEST JAPAN>
▲1994.10.25 ブロウ・アップ![BLOW UP!] <Al./EAST WEST JAPAN>
●元
モード・アイディーの藤田幹人(TS,Vo.)、伊藤直樹(Dr.)の二人、高橋剛(Vo.,Tp.)、金子サスケ(AS)、松島"BETATCH"強(G.)、エル・マロの會田茂一(G.)らが参加した流動的エスニックロックユニット。


[HANAYO]
▲1995.02.17 まっ赤なしずく[Makka Na Shizuku] <CD MiniAl./MEDIA REMORAS/MRCA-10022>
▲1995.06.21 Dang Dong <CD Sg./MEDIA REMORAS/MRCA-10031>
▲1996.04.19 サヨナララ[SayonaLaLa] <As“花代 VS ブラックドッグ”/CD MiniAl./MEDIA REMORAS/MRCA-10043>
▲2000.11.04 献上 <CD Al./Beat Records/BRC-32>
▲2000.11.25 献上 Gift <CD Al./Geist Records/GEIST013CD>
●半玉兼シンガーとして注目を集めた女性アーティスト。1995年、メディアレモラスより三宅純のプロデュースによる『まっ赤なしずく』でCDデビュー。その舌ったらずな歌唱と、不思議ちゃんキャラで人気を獲得。関西テレビで放送されていた音楽バラエティ番組『超ねんてん博物館』では、バッファロー吾郎と共にMCを担当。のち、結婚を機にドイツに移住、2000年にはアルバム『献上』をリリース、写真家としても活動し『MAGMA』などの作品を発表している。

ハニー・スクールメイツ
[HONEY SKOOLMATES]
◆竹元悠子(Vo.,Key.) / 中井敦(Dr.,Cho.) / Takatori Keita(G.,Cho.) / Hashimoto Shuzo(B.)
▲1999.05.30 ユア・アクアリウム[Your Aquarium] <CD MiniAl./LD&K/71-LDKCD>
▲1999.12.25 ライム・トゥ・ジ・オーシャン[RYME TO THE OCEAN] <CD Sg./LD&K/86-LDKCD>
▲2000.01.25 インソムニアック[Insomniac] <CD MiniAl./LD&K/87-LDKCD>
●竹元悠子を中心に大阪で結成されたギターポップバンド。7人編成の時期もあったが、1999年春頃に竹元、中井、タカトリ、ハシモトの4人になる。中井は元
プレクトラム。竹元悠子は、プレクトラムの高田泰介との宅録ユニット"Submarines"、ソロ名義"Disco Girl"などでも活動し、2001年からはソロユニット"Apila"として活動。

ハバナ・エキゾチ
[HAVANA EXOTICA]
◆シュガー吉永[吉永素子](G.) / ニョニョール[大野由美子](B.) / チャリ(Dr.) / マダムJ(Vo.)
▲1989.05.-- MOMOKO c/w junkiE Kids <7inchEP/
ぺんたレコード/AH-006>
▲1990.--.-- LOVEが大事 <Mini Al/ムラムラ>
▲1991.04.01 ガセネタ <Sg./MIDI>
▲1991.04.21 踊ってばかりの国 <Al./MIDI>
▲1992.04.22 火星ちゃん こんにちは[HELLO!! MARTIAN!!!!!] <Al./MIDI>
▲1999.10.27 ウィーヴィング <Compilation Al./MIDI>
●後期のチャンスオペレーションに在籍した吉永素子らによる4人組ファンクバンドの
モード・マインド[MODE MIND[m'oud m'aind]]を前身に1987年結成。メジャー争奪戦の末に、ミディと契約し、1991年4月にヤン富田プロデュースのアルバム『踊ってばかりの国』でデビュー。実験精神あふれる浮遊感のあるカラフルなサイケデリックサウンドは高く評価されるも、1992年に当時ピチカート・ファイヴの小西康陽のプロデュースで『火星ちゃん こんにちは』を発表したのち、解散。その実験精神はバッファロー・ドーターへ継承される。

フェット
[BUFFET]
◆藤野[FUJINO TATSUNORI](G.,Vo.) / 森本直樹(G.,Vo.) / 石田正人(B.,Vo.) / 大西ヒデノリ(Dr.)
▲1997.09.10 MARK ONE <CD Al./
Smile RECORDS/SR-004>
●1995年11月、関西で結成。何度かのメンバーチェンジを経て、上記の編成に。藤野と森本がつくりだすマージービートを基調した60'sサウンドは、エヴァーグリーンに輝き続ける。石田と大西はプレイメイツでも活動。

パフューム
[Perfume]
◆樫野有香[かしゆか]/西脇綾香[あーちゃん]/大本彩乃[のっち]
▲2002.03.21 OMAJINAI★ペロリ <CD Sg./MOMIJI>
▲2002.11.01 彼氏募集中 <CD Sg./MOMIJI>
▲2003.08.06 スウィートドーナッツ <CD Sg.+DVD/BEE-HIVE/BEHV-0002> ※初回盤
▲2003.08.06 スウィートドーナッツ <CD Sg./BEE-HIVE/BEHV-0006> ※通常盤
▲2004.03.17 モノクロームエフェクト <CD Sg./BEE-HIVE/BEHV-0008>
▲2004.09.08 ビタミンドロップ[VITAMIN DROP] <CD Sg./BEE-HIVE/BEHV-0009>
▲2005.09.21 リニアモーターガール <CD Sg./S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-72902>
▲2006.01.11 コンピューターシティ[COMPUTER CITY] <CD Sg./S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-72971>
▲2006.06.28 エレクトロ・ワールド <CD Sg./S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-73017>
▲2007.02.14 Perfume〜Complete Best〜 <CD Al.+DVD/S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-73086> ※初回盤
▲2006.08.02 Perfume〜Complete Best〜 <CD Al./S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]> ※通常盤
▲2007.02.14 ファン・サーヴィス[bitter] <DVD/S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKBA-1102>
▲2007.02.14 ファン・サーヴィス[sweet] <CD Sg.+DVD/S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-73158>
▲2007.09.12 ポリリズム <CD Sg.+DVD/S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-73250> ※初回盤
▲2007.09.12 ポリリズム <CD Sg./S2 DIVISION[TOKUMA JAPAN]/TKCA-73255> ※通常盤
▲2008.01.16 Baby cruising Love/マカロニ <CD Sg.+DVD/TOKUMA JAPAN/TKCA-73310> ※初回盤
▲2008.02.13 Fan Service〜Prima Box〜 <3CD+DVD/AMUSE/GTCG-0609> ※初回生産限定盤
▲2008.02.13 Fan Service 〜bitter〜 Normal Edition <DVD/TOKUMA JAPAN/TKBA-1112>
▲2008.04.16 GAME <CD Al.+DVD/TOKUMA JAPAN/TKCA-73320> ※初回盤
▲2008.04.16 GAME <CD Al./TOKUMA JAPAN/TKCA-73325> ※通常盤
▲2008.07.09 love the world <CD Sg.+DVD/TOKUMA JAPAN/TKCA-73330> ※初回盤
▲2008.07.09 love the world <CD Sg./TOKUMA JAPAN/TKCA-73335> ※通常盤
▲2008.10.15 Perfume First Tour 『GAME』 <DVD/TOKUMA JAPAN/TKBA-1121>
▲2008.11.19 Dream Fighter <CD Sg.+DVD/TOKUMA JAPAN/TKCA-73390> ※初回盤
▲2008.11.19 Dream Fighter <CD Sg./TOKUMA JAPAN/TKCA-73395> ※通常盤
●2003年以降、カプセルの中田ヤスタカがプロデュースを手がけるハイパーテクノポップガールトリオ。2001年、アクターズスクール広島の1期生だった3人で"ぱふゅ〜む"を結成。2003年の全国デビューに伴いユニット名を"Perfume"に変更。

バブルバ
[BUBBLE BUS]
◆堀内章秀(Vo.,G.) / 辻文江(Vo.,Hammond,Accordion,Wurlitzer) / 嶋村輝之(G.) / 影山桐子(B.,Vn.,Cho.) / 江島文弘(Dr.,Per.)
▲1994.--.-- MOTORWAY STRIP <Sprit With "THE GOLDENRODS"/7"/
MOTORWAY
▲1995.--.-- MY FUNNY FACE <7"/
MOTORWAY
▲1995.11.10 ASSNALLO <Al./MIDI CREATIVE>
▲1996.07.25 バイバイ <Maxi Sg./RHYME[MIDI]>
▲1996.11.25 タイムマシーン <Maxi Sg./RHYME[MIDI]>
▲1997.07.25 ヒトトキカイ <Al./RHYME[MIDI]>
▲1998.05.13 春色 <Maxi Sg./MIDI>
▲1998.09.18 バブロック <Al./MIDI>
●トラッドやカントリー,フォーク,ガレージ,パンクなどを無節操に取り入れたフットワークの軽さが魅力だったバンド。解散後、堀内は無頼庵としてソロ活動。

早瀬優香
[HAYASE YUKAKO]
▲1986.01.21 サルトルで眠れない <7"/SIXTY>
▲1986.01.25 躁鬱 SO-UTSU <Al./SIXTY>
▲1986.04.25 セシルはセシル <7"/SIXTY>
▲1986.07.01 私は女 <7"/SIXTY>
▲1986.09.01 2/3 AMINO CO DE JI <7"/SIXTY>
▲1986.09.05 AMINO CO DE JI <Al./SIXTY>
▲1987.04.05 椿姫の夏 <7"/SIXTY>
▲1987.06.25 POLYESTER <Al./SIXTY>
▲1988.07.21 水と土 <Al./SIYTY>
▲1988.11.21 YES,WE'RE SINGLES <Best Al./SIXTY>
▲1989.01.21 マリリンとジョンの微笑 <As"早瀬優香子 with 渡辺裕之"/Sg.>
▲1989.07.25 薔薇のしっぽ <Al./SIXTY>
▲1989.07.25 IL(ベッドの中では) <Sg.>
▲1992.12.16 躁鬱・決定版 <Al./SIXTY>
▲1997.12.16 TOMORROW MOON <Al./AYEARS>
▲2001.07.27 SLEEPLESS EP <EP/ROCK RECORDS>
▲2001.08.18 LOVE YOUR LIFE <Al./ROCK RECORDS>
カヒミ・カリィやUAらに多大なる影響を与えた,ウィスパー・ヴォイスが魅力の子役出身のアイドル・シンガー。2001年には,長い沈黙を破り新作を発表。


[PARIS]
◆原節子/浜田比佐志/ラファエル・セバグ[RAPHAEL SEBBAG]
▲1985.--.-- PARIS,JE T'AIME <LP/SWITCH>
UFOのラファエロが在籍したフレンチポップ的ユニット。鈴木慶一主宰の水族館レーベルのオムニバス『陽気な若き博物館員たち』(1983/徳間ジャパン)にポータブル・ロックらと共に参加も。はやすぎたモンドミュージック。

パリス・ブル
[PARIS BLUE]
◆谷口實希/日比野真午
▲1992.12.02 あなたがすき <Sg./BMG VICTOR>
▲1992.12.02 シング・ア・シンブル・ソング[SING A SIMPLE SONG] <Al./BMG VICTOR>
▲1993.07.21 雨が降る <Sg./BMG VICTOR>
▲1993.07.21 A GROOVY KIND OF LOVE 〜恋はごきげん〜 <Al./BMG VICTOR>
▲1993.11.21 オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート[ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET] <Mini Al./BMG VICTOR>
▲1994.04.21 会いに行くよ <Sg./BMG VICTOR>
▲1994.05.21 GOING TO A GO-GO 〜それ行けPB〜 <Al./BMG VICTOR>
▲1994.12.01 COME RAIN OR COME SHINE(降っても晴れても) <EP*2/BMG VICTOR>
▲1995.04.21 新しい私 <Sg./BMG VICTOR>
▲1995.07.21 LOVE IS ALLRIGHT <Sg./BMG VICTOR>
▲1995.08.23 リヴィング[LIVING] <Al./BMG VICTOR>
▲1996.07.24 ひまわり <Sg./BMG VICTOR>
▲1996.08.07 NATURELLE <Al./BMG VICTOR>
●美術系大学出身の男女デュオ。初期
ピチカート・ファイヴ的なソフトロック的な音楽性が魅力。

hal
[HAL]
◆上坂晴子
▲1996.07.24 HITCH HIKE <Sg./VICTOR>
▲1996.11.21 ANOTHER SIDE OF LIFE <Mini Al./VICTOR>
▲1997.01.01 CUTE <Sg./VICTOR>
▲1997.03.21 WAY OF MY ATTITUDE <Al./VICTOR>
▲1997.09.22 COLOR AS BEGINNING <Maxi Sg./VICTOR>
▲1997.10.22 ALL KINDS OF CRAYON <Mini Al./VICTOR>
▲1998.01.21 もう青い鳥は飛ばない <Sg./VICTOR>
▲1998.03.21 ラブレター <Al./VICTOR>
▲1998.05.21 ブルーレコード <Sg./VICTOR>
▲1998.11.21 終わった恋の唄 <Sg./VICTOR>
▲1999.04.21 優しい光 <Maxi Sg./VICTOR>
▲1999.05.21 二十歳のころ <Al./VICTOR>
▲2000.05.24 低温火傷 <Mini Al./VICTOR>
▲2000.10.04 オートバイ <Maxi Sg./VICTOR>
▲2001.02.21 カフェ☆レーサー <Maxi Sg./VICTOR>
▲2001.03.23 ブルー <Al./VICTOR>
●halは
高浪敬太郎のプロデュースの元,シングル「HITCH HIKE」でデビューした秋田県出身の1979年生まれのアイドル的女性シンガー。クラウドベリー・ジャム[CLOUDBERRY JAM]や,大橋伸行らが良質なポップな楽曲を提供。


[HARCO]
◆青木慶則[青木ヨシノリ]
▲1997.07.10 POOL <Al./BERRY>
▲1999.03.24 江ノ島ラプソディ <Maxi Sg./
NATURAL FOUNDATION
▲1999.12.01 スローモーション <Maxi Sg./
NATURAL FOUNDATION
▲2000.04.19 大気圏シャワー <Mini Al./V2>
▲2000.07.26 部屋でクイズ! <Maxi Sg./V2>
▲2000.10.15 1分の1の地図 <Maxi Sg./V2>
▲2000.11.01 シンクロの世界 <Al./V2>
▲2002.03.09 HARCO&METRO第2回展覧会-space estate 732- <Al./Coa Records>
▲2002.04.10 HARCO <Al./HiBOOM>
▲2002.11.27 winter sports rainbow <Sg./HiBOOM>
▲2004.05.10 Ethology <Mini Al./Coa Records>
▲2005.04.18 Night Hike <Mini Al./Coa Records>
▲2005.11.16 世界でいちばん頑張ってる君に <Sg./
WITZ
▲2006.02.20 Wish List <Mini Al./Coa Records>
▲2006.04.26 Portable Tunes -HARCO CM WORKS- <Compilation Al./
WITZ
▲2006.09.20 BE MY GIRL〜君のデイリーニュース〜 <Mini Al./
WITZ
▲2007.01.31 PICNICS -BEST OF HARCO-[1997-2006] <Best Al./
WITZ
▲2007.03.14 世界でいちばん頑張ってる君に <Sg./
WITZ> ※2005.11.16発売のシングルをジャケットをリニューアルしたもの
▲2007.08.08 Live at SHIBUYA O-EAST "10th Anniversary Special -PICNICS-" <Live Al./
WITZ
●アイドル的ロックバンドのブルーボーイでの活動を経た青木ヨシノリによる宅録プロジェクト。

ハル・フルム・アポロ'69
[HAL FROM APOLLO '69]
◆HAL(Vo.) / YAMADA"ZOE"TAKAHISA[山田貴久](G.,Prog.)
▲1994.08.21 BLEEDING T.V. <Maxi Sg./POR SUPUESTO>
▲1994.08.21 HAL FROM APOLLO '69 <12"/POR SUPUESTO>
▲1994.09.28 ピラミッド・オブ・ヴィーナス[PYRAMID OF VENUS] <Mini Al./TOSHIBA EMI>
▲1994.12.14 SWEET THING <Sg./TOSHIBA EMI>
▲1995.04.26 ブースター[BOOSTER] <Al./SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1995.05.24 ハル・フロム・ヘヴン[HAL FROM HEAVEN] <Al./SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1995.10.04 ROKKET KHAOS <Sg./TOSHIBA EMI>
▲1996.04.24 BACKARE SHUFFLE <Maxi Sg./TOSHIBA EMI>
▲1996.07.10 MINDGATER <Mini Al./TOSHIBA EMI>
▲1996.09.04 DRAGOON <Sg./TOSHIBA EMI>
▲1997.06.25 DRIVE YR TERRAPLANE <Sg./TOSHIBA EMI>
▲1997.07.24 SUCK MY BLOOD,BABY <Al./TOSHIBA EMI>
▲1999.--.-- NAKED TRACKS <Mini Al.>
▲1999.08.21 666 <Al./SMEJ>
福富幸宏がファースト・アルバム「ハル・フロム・ヘヴン」をプロデュースした男女ユニット。グラム・ロックやニューウェイヴを90年代アメリカ系オルタナティヴ・ロックと融合させたようなゴシック・ポップを作り上げる。山田貴久は2006年8月16日逝去。

パレ
[PARADE]
◆木戸功(Vo.) / 平見文生(G.) / 津崎博昭(B.)
▲1996.11.-- 第三の男 <Mini Al./WARNER>
▲1999.06.18 ROBBIE <Al./UNIVERSAL>
●1992年結成されたロックバンド。平見は
ラヴ・タンバリンズ、津崎はソウルレベルに参加など、メンバー個々の活動を行いながら、1995年頃より本格的に活動。1995年S-KENプロデュースのコンピレーションアルバム『スープ・アップ』に参加。木戸は、自身を中心とするユニットKIdOIESで活動。平見はソロ名義、平見230でも作品を発表。

ザ・ハワイ
[THE HAWAIIS]
●80年代ネオGSブームにあらわれた,イラストレーターの上野よしみ,のちにロッテン・ハッツに参加する中森泰弘らによる,かえ歌バンド。60年代のガレージサウンドからアメリカインディーズまでの曲に勝手につけた日本語詞を乗せて歌うスタイルは,コアなファンを掴んでいた。解散後,上野は50'sロックンロールバンド"ハムスターズ"で活動。

パンダとササノハ
[P&ART SASANOOOHA]
◆Kubokatsu(Vo.,Inst.) / Machiyo(Cho.) ※V.A.『GOOD VIBES』(Smile RECORDS/SR-003)クレジット
→クボ/ジュンコ
▲2000.03.-- pandart sasanoooha <Analog>
▲2001.05.-- p&art <CD Al.>
▲2001.10.-- p&art ep <12">
▲2004.08.25 パンダとササノハ <CD Al./HOMEMADE RECORDS/HMRD-0003>
▲2005.12.07 パンダと音楽 P&ART MUSIC <CD Al./ARTIMAGE RECORDS/GTCR-05007>
▲2006.02.28 P&ART MUSIC E.P. <Analog/LABSOUL/LSR-110>
●ピチカート・ファイヴのチルドレンともいえる大胆で多幸感たっぷりのサウンドと、イジワルでシュールな世界観を持った歌詞世界が特徴。その特徴的な切り口によるリミックス・ワークの評価も高い。

バンヒロ
[BAN HIROSHI]
◆潘裕司
▲1976.--.-- あの娘になげKISS </APPLE DOLLS>
▲1984.--.-- バンちゃんとロック[BAN CHANTE ROCK] <EP>
●1978年に京都で結成された歌謡ロカビリーバンド"スマッシュヒッツ[SMASH HITS]"(潘裕司/森口邦彦/天王寺春夫/杉本ハメ吉)のリーダーであったバンヒロシのソロ。2002年「バンちゃんとロック」が小西康陽の524レコーズよりリイシューされクラブヒット。
PEE WEE 60'S
[PEE WEE 60'S]
●1987年頃、井上由紀子が小山田圭悟らと活動を開始。モデルプランツ活動休止後の安田理央も一時期参加。残った井上と小山田がロリポップ・ソニックを結成。

BL.ワル
[BL.WALTZ]
◆松岡基樹[松岡モトキ](Vo.,G.) / 田口祐司(B.) / 七瀬ミチル(Key.) / 小西昭次郎(Dr.)
▲1989.07.21 GARDEN AFFAIR <Al./SWITCH[PONY CANYON]>
▲1990.09.21 蒼い風の吹いた夜に <Sg./PONY CANYON>
▲1990.10.21 モノクロームの冒険 U <Al./PONY CANYON>
▲1991.04.21 BLOSSOM <Mini Al./PONY CANYON>
▲1991.10.21 ワルツ <Sg./PONY CANYON>
▲1991.10.21 四分の三拍子の二つのハート <Al./TENT[PONY CANYON]>
●ビーエルワルツと読む。ブリリアントグリーンやボニー・ピンクのサポートとしても知られる松岡基樹を中心に、1984年結成したギターポップバンド。松岡のハイトーンで繊細なボーカルで綴られるエヴァーグリーンで少年的な多分に映像的な歌詞世界もひとつの魅力。

PEACE FORCE
[PEACE FORCE]
◆佐々木潤[JUN]/稲葉ゲン[GEN]/神山広明[HIRO]
→佐々木潤[JUN]
▲19
96.02.21 インナー・スペース・カウボーイ[INNER SPACE COWBOY] <Maxi Sg./RCA>
▲1996.06.-- DON'T LET IT BRING YOU DOWN <Maxi Sg.>
▲1996.09.-- MR.FREEDOM <Al.>
▲1998.05.21 チャレンジャー[CHALLENGER] <Al.>
コーザノストラで98年まで活動した佐々木潤、フォトグラファーの稲葉ゲン、スタイリストの神山広明の3人からなるユニット。のちに、佐々木のソロユニットに。

ザ・ピーセス・アンド・ステム
[THE PIECES & STEMS]
◆高橋慎吾(B.,G.) / 藤巻和宏(Vo.,AG) / 岸本健一郎(Mln.) / 網頭将(EG,AG) / 大村晃(Dr.) / 井口滋雄(Bjo.)
▲1996.09.-- IT MEANS MUSHROOM <CD/
MINT SOUND<VIVID SOUND/MOR-6903>
01. ビーヴァー・ファミリー[BEAVER FAMILY]
02. ハミング・バード[HUMMING BIRD]
03. 明日へ向かえ
04. 僕らの神様
05. ランニング・ストロング[RUNNING STRONG]
06. ムーン・リヴァー[MOON RIVER]
07. リコレクションズ[RECOLLECTIONS]
08. レインボウ・スマイル[RAINBOW SMILE]
●1992年に結成されたジャグバンド。アルバム『IT MEANS MUSHROOM』にはヒックスヴィルの真城めぐみや,元ブリッジで現THREE BERRY ICECREAMの池水真由美らが参加。高橋はのちFRYSTERで活動。

ビーチェ
[bice]
◆bice
▲1998.04.30 Spotty Syrup <CD MiniAl./
PUSHBIKE[UNDER FLOWER]/UFPB-015>
▲1998.12.02 スニーカー <CD Sg./PONY CANYON/PCCA-01260>
▲1998.07.17 bice <CD Sg./PONY CANYON/PCCA-01214>
▲2000.06.28 Covers <CD Al./
PUSHBIKE[UNDER FLOWER]/UFPB-023>
▲2000.06.28 ツイオク <CD Sg./outgroup records/OGCO-5005>
▲2001.05.09 アン・アップル・ア・デイ[An apple a day] <CD Sg./TOKUMA JAPAN/TKCA-72110>
▲2001.07.04 ネクター[Nectar] <CD Al./TOKUMA JAPAN/TKCA-72164>
▲2002.02.27 Cloudy sky <CD Sg./TOKUMA JAPAN/TKCA-72314>
▲2002.04.17 let love be your destiny <CD Al./TOKUMA JAPAN/TKCA-72335>
▲2003.06.04 「きみはペット」 オリジナルサウンドトラック <CCCD Al./avex trax/COCP-35070>
▲2008.07.23 かなえられない恋のために <CD Al./columbia*readymade/COCP-35070>

●埼玉県出身の女性シンガー・ソングライター。どこか懐かしく、そして繊細であたたかみのあるフォーキィなギターポップ。

ビーフラワ
[b-flower]
◆八野英史(Vo.,G.) / 鈴木浩(G.) / 岡部亘(Dr.) / 湯田洋(B.,Cho.) / 小池克典(Key.,Cho.)
→八野英史/鈴木浩/岡部亘/宮大
▲1990.02.-- 日曜日のミツバチ <Sg./SEEDS>
▲1991.10.10 ペニーアーケードの年 <Al/POR SUPUESTO>
▲1992.--.-- ムクドリの眼をした少年 <Al/POR SUPUESTO>
▲1993.10.27 WORLD'S END LAUNDRY
〜メルカトルのための11行詩〜 <Al/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1993.12.08
<Sg/TOSHIBA EMI]
▲1994.06.08 クローバー クロニクルズT[CLOVER CHRONICLES T]
<Al/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1994.10.26 雪の朝ロビンのように
<Sg/TOSHIBA EMI>
▲1995.02.08 NORTH MARINE DRIVE <
Sg/TOSHIBA EMI>
▲1995.02.22 GROCERY ANDROMEDA
<Al/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1995.09.13 太陽の
<Sg/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1996.01.31 JET JET COASTER <
Sg/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1996.03.27 クロックワイズ[CLOCKWISE]
<Al/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1996.07.24 明星
<Sg/TOSHIBA EMI>
▲1997.10.16
<Maxi Sg/TOSHIBA EMI>
▲1998.01.28 地の果てより発つ
<Maxi Sg/TOSHIBA EMI>
▲1998.04.08 B-FLOWER
<Al/SUITE SUPUESTO[TOSHIBA EMI]>
▲1999.12.17 PAINT MY SOUL <
Al/PONY CANYON>
●1988年、京都で結成されたスミス的なネオアコ・ユニット。八野の描く繊細なる詞世界も魅力。

ケット・ファン
[BISCUIT FAN]
◆風間信幸(Vo.,G.) / 小島トシヤ[小島肇也](B.,Cho.) / 堀池祐太郎(Dr.,Cho.) / 山田大介(G.,Cho.)
▲199-.--.-- FLOWER OF SUGAR <CD EP/
AUTOMATIC KISS
▲1996.--.-- BISCUIT FAN <CD Al./
AUTOMATIC KISS
▲1997.09.25 響 〜HIBIKI <CD Mini Al./LD&K/41-LDKCD>
▲1998.12.09 恋人のいる時間 <CD Maxi Sg./TOSHIBA EMI>
▲1999.02.24 昼下がりの空に <CD Maxi Sg./TOSHIBA EMI>
▲1999.03.25 スニーカー <CD Al./TOSHIBA EMI>
▲1999.08.25 昨日のゆくえ <CD Maxi Sg./TOSHIBA EMI/TOCT-4162>
●小島と風間がやっていたGLASS POWDER IN VAINから発展して1994年に結成されたギターポップバンド。下北沢を中心にライブ活動を重ね,1998年にはメジャーデビュー。復活したURCに所属していた。

ピチカート・ファイ
[PIZZICATO FIVE]


ヒックスヴィル
[HICKSVILLE]
◆木暮晋也(G,Vo) / 真城めぐみ(Vo) / 中森泰弘(G,Vo)
▲1995.--.-- ライダー[RIDER] <CD MiniAl./PEOPLE'S[BAD NEWS]>
▲1996.04.21 バイバイ・ブルース[BYE BYE BLUES] <CD MaxiSg./SONY>
▲1996.05.22 トゥデイ[TODAY] <CD Al./SONY>
▲199-.--.-- SUNSET-BLVD. <CD Al.>
▲1997.07.21 恋する青春 <CD Sg./SONY>
▲1998.06.20 こんな晴れた日には <CD Sg./SONY>
▲1999.05.21 孤独な心臓(ハート) <CD Sg./SONY>
▲1999.06.19 マイレージ[MILEAGE] <CD Al./SONY>
ロッテン・ハッツから派生したトリオ。

ピッチャーゴロ
[pitcher56]
◆森田洋之(G.,B.,Dr.,Prog.) / 高野学(Vo., Cho.,G.) / 中野ゆうき(Vo,,Cho.)
▲2002.01.-- PITCHER56 <CD MiniAl./ostrich records>
▲2003.02.11 a direction of the ball she hit[ディレクション・オブ・ザ・ボール・シー・ヒット] <CD Al./
abcdefg*record/a-g012>
▲2003.11.25 すじをえがく <CD Sg./Way Escape Sound/WES-056>
●宮崎医科大学に在学していた3人によって結成されたギターポップ・バンド。00年代初頭の、第2次渋谷系(ネオ渋谷系)シーンをテトラプルトラップらと形成した。フリッパーズ・ギターやブリッジらが築き上げた日本発のネオ・アコースティック・サウンドの醍醐味を咀嚼し、彼らなりのサウンドへと再構築する。

ヒッピー・ヒッピー・シェイクス
[HIPPY HIPPY SHAKES]
◆サミー中野[中野達仁](Vo.) / ヘンリー熊崎[熊崎雄一](Vo.,G.) / ベートーベン清水[清水雅巳](Key.) / ブガルー江藤[江藤博之/ルイス江藤](B.) / ヒロ柳原[柳原弘味](Dr.)
▲1986.11.21 太陽の剣 <7inchEP/
MEMORY HOUSE/LGS-1>
▲1987.11.-- MERA MERA!! <10inch LP/
MINT SOUND/MSR-1007>
▲1988.02.21 ヒッピーズ・イン[HIPPIES IN] <CD/COLUMBIA/30CA-2170>
▲1988.02.21 ヒッピーズ・イン[HIPPIES IN] <LP/COLUMBIA/AX-7448>
●1985年、立川基地でのパーティをきっかけに結成されたネオGSバンド。元ザンジバルの柳原らが参加。1988年、コロムビアからメジャーデビュー。

ビデオロデ
[VIDEO RODEO]
◆田中柾幸(Vo.) / 澤崎吉広[サワサキヨシヒロ](Synth.) / 澤田浩之(G.) ※『TECHNODELIC GLAMOUR』『Gimmick』
→田中ロミオ[田中柾幸](Vo.) / 石塚"BERA"伯広(G.) / NAO PUENTE(Per.) / 北野克朗(Sax.) ※『STRANGE POO』
→田中ロミオ[田中柾幸](Vo.) / 石塚"BERA"伯広(G.) / 北野克朗(Sax.) ※『Mondo Rock Jumbolee』
→ロミオ[田中柾幸] / ベラ[石塚伯広] / カブ ※『Department-H』
▲1992.05.21 TECHNODELIC GLAMOUR <CD/
CONFUSION<PONY CANYON/PCCC-00011>
01. Criminal House
02. Waitin' For Murder
03. A Happy New Dead
04. Brain Deep
05. ソフトの夢
06. シュリンプ・アップ
△1992.10.01 Gimmick <CD/TRAID<COLUMBIA/COCA-13550> ※「愛の真実」を収録
▲1995.03.10 STRANGE POO <CD./Lion Record/LR-001>
01. Aids of Spades
02. Strange King
03. East of Rose
04. Modern Things
05. Silent Song
▲1995.10.25 Original Sound Track For Organ <CD/Lion Record/LRCD-003>
01. Pianoforte
02. Glass Hopper
03. Wub
04. Pupa
05. Yahoo
06. 3 Cooks
07. Melotron
08. Love Afair
09. Sommelier
10. After Dinner
11. Fine
12. Pianoforte (Edit)
13. After Dinner (Edit)
14. Glass Hopper (Edit)
15. Wub (Edit)
△1996.07.20 Gimmick <CD/TRAID<COLUMBIA/COCA-13550> ※COCA-13550の再発
△1996.09.21 Mondo Rock Jumbolee <CD/Dohb Discs<SONY/ESCB-3206> ※「Lemon View」「Nijiro Megane」を収録
△1997.02.25 Department-H <CD/Lion Record/LRCD-004> ※「Happy!」を収録
▲2017.--.-- Reboot 01 <CD-R>
01. Shurimp Up 2017
02. ひからびた王様 2017
03. Happy 2017
●美形のボーカリストであるロミオを中心としたテクノ要素のあるギターロックユニット。日本を代表するテクノクリエイターであるサワサキヨシヒロも一時在籍。解散後,元
モード・アイディーのベラこと石塚は大槻ケンヂを中心とするユニット"電車"で活動。ロミオはバロムワンにも参加する。

ビブラストーン
[VIBRASTONE]
◆近田春夫(MC) / Dr.tommy(MC) / 横銭ユージ[横銭祐次](Dr.) / NOGERA(Conga,Bongo) / 沖山優司(B.) / 佐藤公彦(TS) / 岡田陽助(G.) / 渡辺貴浩(Key.) / OTO(G.) / 梅沢幸之助(Tb.) / 都並清史(Tp.) / 栗原"HEIKA"潔(BS,TS)
▲1989.--.-- VIBRA IS BACK <As"近田春夫&ビブラストーン"/Live Al./SOLID>
▲1991.07.03 エントロピー・プロダクションズ[ENTROPY PRODUCTIONS] <Al./PONY CANYON>
▲1991.07.21 ジェット・コースター <Remix Mini Al./PONY CANYON>
▲1991.09.21 MIKKY-D c/w 金っきゃねぇ <Remix Disk/PONY CANYON>
▲1992.01.21 フーディスト村[HOODIST VILLAGE] <Maxi Sg./PONY CANYON>
▲1992.07.17 やだ c/w いいじゃん <Sg./PONY CANYON>
▲1993.01.21 TVドラマはすべて現実? <Sg./PONY CANYON>
▲1993.02.19 SMILE!! IT'S NOT THE END OF THE WORLD <Al./PONY CANYON>
▲1994.09.07 ナイトメア[NIGHTMARE] <Maxi Sg./PONY CANYON>
▲1994.09.21 ナショナル[NATIONAL] <Al./PONY CANYON>
▲1995.09.21 VIBRATION+STONE ベスト1991→1994。→[VIBRATION+STONE BEST 1991→1994。→] <Best Al./PONY CANYON>
プレジデントBPMの活動で日本のヒップホップを開拓した近田春夫を中心に結成された生音ヒップホップ・バンド。

ンズ
[BEYONDS]
◆中村修一(B.) / 谷口健(Vo.) / 高杉大地(G.) / ヘラ(Dr.)
→中村修一(B.) / 谷口健(Vo.) / 高杉大地(G.) / 大地大介(Dr.) <1991年秋頃、ヘラが脱退、大地が加入>
→中村修一(B.) / 谷口健(Vo.) / 岡崎善郎(G.) / 大地大介(Dr.) <1993年3月、高杉脱退。のちほど、岡崎加入。>
→1994年3月 解散
→谷口健(Vo.) / 岡崎善郎(G.) / 工藤"TEKKIN"哲也(B.) / アヒト・イナザワ(Dr.) <2005年12月、再結成>
▲1993.02.25 UNLUCKY <CD Al./
WONDER RELEASE[UK PROJECT]>
▲199-.--.-- ARROGANCE OR IGNORANCE <7">
▲1993.11.25 THE WORLD CHANGED INTO SUNDAY AFTERNOON <CD MiniAl./
WONDER RELEASE[UK PROJECT]>
▲1995.01.07 940312 <CD Al./BLOODY BUTTERFLY> ※ライヴ・アルバム
▲2006.04.12 シルトの岸辺で <CD Sg./UK PROJECT>
▲2007.12.05 WEEKEND <CD Al./UK PROJECT>
●1990年結成、ハードコアやグランジの要素を取り入れたオルタナティヴ志向の強いロックを逸早く導入し独自のサウンドを作り上げていたロックバンド。彼らの後世のバンドに落とした影は大きく色濃い。1994年3月解散。メンバーの谷口健や大地大介はfOUL、岡崎義郎はピールアウト[PEALOUT],中村修一は
バッジ714を経て村松剛、中村明日香とギターロックバンド"TABLE"を結成。2005年12月、谷口健、岡崎善郎、工藤"TEKKIN"哲也(元ハスキング・ビー)、アヒト・イナザワ(元ナンバーガール)のメンバーで再結成。
ピラニアン
[PIRANHANS]
◆ピアニカ前田(Pianica) / 塚本功(G.) / 長山雄浩(B.) / ASA-CHANG(Perc.)
→ピアニカ前田(Pianica) / 塚本功(G.) / 長山雄浩(B.) / 坂田学(Dr.)
▲1994.02.-- ジョルジュの恋 <7"/PONY CANYON/DR-0027>
▲1994.03.-- サンバNo.3 <7"/PONY CANYON/DR-0028>
▲1994.04.-- サルバド <7"/PONY CANYON/DR-0029>
▲1994.07.21 ピラニアンズ[PIRANHANS] <CD Al./PONY CANYON>
▲1994.12.07 サボテンマン <CD Al./PONY CANYON>
▲1994.--.-- Be My Baby <As"ribbon&ピラニアンズ"/7"/PONY CANYON/DR-0030>
▲1994.--.-- 風よつたえて <As"ribbon&ピラニアンズ"/7"/PONY CANYON/DR-0031>
▲1995.03.17 OK新宿 <As"入江雅人&ピラニアンズ"/CD Al./PONY CANYON>
▲1996.--.-- キュッキュキュパパ <CD MiniAl.>
▲1997.01.18 富士山リバーブ <CD Al./PONY CANYON>
●ピアニカ前田を中心に,ネタンダースの塚本功,ジャズ分野で活躍するベーシストの長山雄浩,元
東京スカパラダイスオーケストラASA-CHANGにより結成されたユニット。

ロー
[VELLUDO]
◆沖野俊太郎(Vo./G.) / 小山田圭吾(G.) / 佐藤昭一郎(Dr.) / 西森ヒトシ(B.)
▲1988.--.-- SELF LOVE PORTRAIT <7"/
OFFICE PARA/R-101>
A1. Speak Like
B1. Shut In Shell
B2. Velvet Sun
▲1988.04.--
ボスオリジナルビデオ トーキョードローム[VOS Original Video Tokio Drome] <VHS/CAPTAIN/COV-4801>
1. FEAR OF THE DESERT / STRUT
2. そんなことできないよ / The Wells
3. CANDY RAIN / VELLUDO
4. DRIVIN(MY CAR / THE FREAKS
5. HEY NICK ESCAPE / BILLY THE CAPS
6. CHINESE ROSE / GYMNOPEDIA
7. 中毒患者のテーマ / CHU-毒
8. GET READY/ハレルヤ / KING BEES
9. THE LOVE SONG / THE BELL'S
10. GREAT SOUND OF THE ALEX / ALEX
▲198-.--.-- psycho VISION <VHS/
MIRACLE BOX/MVP-002> ※MARGARET、STUCK、VELLUDO、CASE OF CYTHEREA、DIP THE FLAGの5組の映像を収録。ビロードは「My picture's blue」、「No one never」の2曲を収録。
●1987年結成。
ヴィーナス・ペーター結成前の沖野俊太郎を中心としたユニット。当時ロリポップ・ソニックに在籍していた小山田圭吾,のちにサマンサズフェイバリットに加入する佐藤昭一郎らも在籍。

ピロトーク4
[PILLOW TALK 4]
◆ナリタマサキ[成田真樹](Key.) / サリー久保田(B.) / 中シゲヲ(G.) / 小島麻由美(Dr.) / 小川マサヒロ(Dr.) / 三村珠美(Fl.)
▲1998.07.04 THE BEST OF <Al./SOLID>
●ナリタマサキ[成田真樹]と,
ファントムギフトレ・ファイヴ・フォー・スリー・トゥ・ワンのサリー久保田を中心とするサイケデリック・ニューウェイヴ・ユニット。小島麻由美,サーフコースターズの中シゲヲも参加している。

HIROSHI II HIROSHI
[HIROSHI U HIROSHI]
藤原ヒロシ/川辺ヒロシ
▲1993.02.05 VOL.1 <Mini Al./FILE>
●元
タイニー・パンクス藤原ヒロシと、TOKYO NO.1 SOUL SETのDJ川辺ヒロシからなるなごみ系ユニット。

ヒロミック
[HIROMIX]
◆利川裕美
▲1999.04.01 ハロー! アイ・ラヴ・ユー[HELLO! I LOVE YOU] <Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1999.05.08 HIROMIX '99 <CD Al./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1999.09.01 HIROMIX '99 <LP/TRATTORIA[POLYSTAR]>
●1995年,キャノン写真新世紀展で荒木賞を受賞した1976年生まれの写真家であるヒロミックスは
ドッツ・アンド・ボーダーズのプロデュースで1999年4月にCDデビューした。

ファーストインプレッション
[FIRST IMPRESSION]
◆宮田繁男(Dr.) / 村山孝志(G.) / 田中玲子(Vo.)
▲199-.--.-- LOVE AFFECTION <Sg.>
▲1995.06.12 STARTIN' OVER <Sg./ONE UP MUSIC[WARNER MUSIC JAPAN]>
▲1995.07.25 WHAT'S NEW <Al./ONE UP MUSIC[WARNER MUSIC JAPAN]>
▲1996.08.26 SUPERNATURAL <Al.>
●1993年12月に
オリジナル・ラヴを脱退した宮田繁男を中心に、1994年に結成されたバンド。

ファッジ
[FUDGE]
◆Yoshitomi Suzuki(Vo.) / Ryu Yamaki[山木龍](G.) / Daisuke Asao[麻生大介](B.) ※『SMILE & say HELLO!vol.2』
→Masahiro Makino[牧野雅浩](Vo.) / Ryu Yamaki[山木龍](G.) / Daisuke Asao[麻生大介](B.) / Takashi Yaguchi[矢口高志](Dr.) ※『Sunshine Pop Show!』『Pop Japanese Style!』『Perfect Picnic』
△1998.01.20 SMILE & say HELLO!vol.2 <CD/
Smile RECORDS/SR-005> ※「Sunday driver」を収録
△1998.02.25 Sunshine Pop Show! <CD/
Sunshine Pop Label/SP-001> ※「One Sunny Morning」を収録
△1998.0
5.21 Pop Japanese Style![ポップ・ジャパニーズ・スタイル!] <CD/FLAVOUR OF SOUND/TFCC-87589> ※「Tykho」を収録
▲1999.07.18 Perfect Picnic[パーフェクト・ピクニック] <CD/
TONE VENDOR/TVIP-1010[TGCS-675]>
01. ティコ
02. ORANGE
03. one sunny morning
04. water
05. Perfect Picnic
06. April
07. 深い雪
08. fine
09. gravity
10. 恋をしに行く(ワンハンド・プッシュ・アップ・デモ・ヴァージョン)
△1999.07.25 Indies Magazine Vol.27 <CD/Rittor Music/ICB-027> ※雑誌『インディーズ・マガジン』27号付録CD 「Gravity(final map mix)」を収録
●90年末に活動したギターポップバンド。ネオアコ、パワーポップなどの傾向を持ったサウンドに、飾り気のないヴォーカルが乗る。日本語詞で唄われる等身大の「青春サウンド」は、いかにもフリッパーズ・ギターの登場でならされた地平より登場したバンドという印象。

ファブ・クッション
[FAB CUSHION]
◆井筒昭雄
▲1999.12.15 キャッチ・ザ・ポッピーコック!![CATCH THE POPPYCOCK!!] <CD/
VROOM SOUND/VRCD-3304>
▲2000.11.15 リトル・クリスマス[LITTLE CHRISTMAS] <CD/
VROOM SOUND/VRCD-3313>
●井筒昭雄による一人多重録音ソロユニット。いわゆるベック以降の感性で、ロウファイ、ラウンジ、ニューウェイヴ、ビッグビートなどの要素をごちゃまぜにサウンドを作り上げる。00年代半ば頃からは、CM音楽や、映画、ドラマなどのサウンドトラックも手がける。「ラスト・フレンズ」「ブラッディ・マンデイ」「アタシんちの男子」「オルトロスの犬」「アンタッチャブル」「怪物くん」などのドラマ音楽を井筒昭雄名義で担当し、第一線で活躍している。また、2008年には中路あけ美とLEMOを結成し、そちらでも活動している。

ファルス・ラヴ
[FALSE LOVE]
◆Azuma[Yuki Azuma](Vo)、山崎滋[Shigeru Yamazaki](G./Key.)、Akio Takanezawa(B.)、森田ケンタロウ[森田健太郎](Sampling/Prog./Dr.) ※『コミュニテッド』
▲19--.--.-- FALSE LOVE <12inchEP/FL-1>
A1. Just Like Kissing
A2. Walk
B1. Resonance
B2. Foreign Affair
▲1991.07.21 コミュニテッド[Committed] <CD/
CONFUSION<PONY CANYON/PCCC-00003>
01. Introduction
02. Transparent Blue
03. Lazy Old Man
04. Just Like Kissing
05. Night And Day
06. Walk (Professor Meets Soul Train Mix)
1991.11.15 Galax 3 <CD/SSE Communications/SSE4008CD> ※「Rugget Stone」を収録
△----.--.-- Confusion Label 1st Release <CD/CONFUSION<PONY CANYON/DSP-131> ※プロモ盤 / 「Just Like Kissing」「Walk (Professor Meets Soul Train Mix)」を収録
●1986年に結成したバルド・ソドル[Bardo Thodol]が改名して誕生したバンド。ジャパンやコクトーツインズからの影響を感じさせる音楽性が特徴。森田は
ムクチにも参加。山崎滋はのち、ブリック・フラワーに参加、そののちRESONANCE DANCE[レゾナンス・ダンス]名義で活動。

ファンキー エイリア
[FUNKIE ALIEN]
◆NOBURU[ノブル]/FUYUKO[喜多布由子]/D・D MADOKA/LINA/MEGUMI JOHNSON <1988年秋頃>
→NOBURU[ノブル]/FUYUKO[喜多布由子]/D・D MADOKA <1992年春頃>
▲1992.01.15 ラブネイション[LOVE NATION] <CD Sg./FILE/16FA-001D[TGCS-93]>
●1988年、第三倉庫で出会った5人により結成されたユニット。のち、2人が脱退し、3人で、レコードデビュー。黎明期のヒップホップシーンに華を添えた。シングル「ファンキーエイリアン」をプロデュースしたのは
東京スカパラダイスオーケストラの青木達之(フユコの旦那)。ノブルはのちに"立花ハジメとローパワーズ"に参加。喜多布由子はのち、バンド"NO FOLK BROADS"で活動。

ファンキー・キン
[FUNKY KING]
◆中村ゆうじ
▲1988.08.21 ファンキー・キング・パート1[FUNKY KING PART1] <Sg./CROWN>
▲1988.12.05 MERRY SKA-SKA PART1 (I'M A)EVERYTHING MAN <Sg./KOHHAK[CROWN]>
●パントマイマーとして知られる中村ゆうじによる変名ラッパープロジェクト。

ファンクマスターゴーゴー
[FUNK MASTER GO-GO]
▲1987.--.-- TRASH IT(BAD CABLE) <12inch/POLYDOR/13MX1288>
●小林径が西麻布バブリンダブのヒップホップ&ファンク系DJを結集して、セックス・ピストルズ的にでっちあげたユニット。式田純がプロデュースにかかわる。メンバーとして小林径のほか、DJとして佐々木潤、木村コウ、高木康行、ラッパーに井嶋カズ[井嶋和]、ダンサーに松田ケイジらが参加。佐々木[JUNGLE JUNKIE LTD.]、井嶋[MC COOL CAZ]は途中脱退、ファンキー・ウォーターゲイト[FUNKY WATERGATE]として活動。

ファンシー・クローズ
[THE FANCY CLOTHES]
◆高松健朗(Vo.,G.) / 島田正史(B.) / 鈴木ジュン(G.) / 安藤忠(Dr.)
→高松健朗(Vo.,G.) / 島田正史(B.) / 川嶋直美(Dr.) 
▲1996 Autumn TWINKY <CD Al./
Auto Guide Records/AGR-1003>
●1990年、高松健朗と島田正史らにより結成されたロック・バンド。繊細で物憂げなフォーク・サウンドを聴かせるグループであり、モッズ・シーンを中心に、コアな人気を誇った。1992年頃には、元
メイベルズの、安藤忠、鈴木ジュンが短期間ながら参加。後期には、ドラマーとして元プラネッツの川嶋が参加。1993年6月、Auto Guide Recordsよりリリースされたコンピレーション『Auto Guide's First Triangle』に3曲を提供するも、その夏に解散を表明。1996年秋にリリースされた『TWINKY』は1992年にレコーディングされていた未発表音源をコンパイルしたものである。バンド解散後、高松はthe carabiniersでの活動を経てソロに。島田と川嶋は同1993年ザ・マウスを結成、島田は1994年にソウル・ミッションを結成、そして1997年には新井仁、原“GEN”秀樹とノーザン・ブライトを始動。

ファンタスティック・エクスプロージョ
[FANTASTIC EXPROSION]
▲1997.05.19 ファンタスティック・エクスプロージョン[FANTASTIC EXPLOSION] <Al.//TRANSONIC
▲1997.08.25 LIVE </
TRANSONIC
▲1999.02.10 IN THE '90S </
TRANSONIC
▲1997.12.15 MERRY X'MAS & HAPPY NEW YEAR </
TRANSONIC
▲1998.08.25 THE SEA </
TRANSONIC
▲1999.10.21 ファンタスティック・エクスプロージョン2[FANTASTIC EXPLOSION 2] <Al.//
TRANSONIC[FLAVOUR]>
▲2000.--.-- BEST OF FANTASTIC EXPLOSION <Compilation Al.//
TRANSONIC
▲2000.--.-- WORST OF FANTASTIC EXPLOSION <Compilation Al.//
TRANSONIC
▲2001.02.21 TRANSONIC ARCHIVES 1997-1999 <Compilation Al.//
TRANSONIC
トランソニックを主宰する永田一直らによる"70年代型のドラムンベース"をコンセプトとしたユニット。1996年,永田と鈴木隆弘により結成。永田の主宰するトランソニックは1994年4月、前身のトリガーが名称変更し再スタートしたテクノ・音響系レーベルであり,スペース・ポンチフジタブレンダーTMVGなどの作品をリリースしている。

ファンタスティック・プラスティック・マシー
[FANTASTIC PLASTIC MACHINE]
◆田中知之
▲1997.10.10 ファンタスティック・プラスティック・マシーン[FANTASTIC PLASTIC MACHINE] <Al.>
▲1998.07.18 サマーレヴューEP[SUMMER REVIEW EP] <Sg./
*********[COLUMBIA]>
▲1999.07.01 international standard LUXURY REMIXES <EP/
*********[COLUMBIA]>
▲1999.07.01 international standard LUXURY REMIXES <12"/
*********[COLUMBIA]>
▲1999.10.01 テイク・ミー・トゥ・ザ・ディスコ <Sg./
*********[COLUMBIA]>
▲2000.11.01 very best of FPM in the mix〜A Tatsuo Sunaga Live Mix <Al./
*********[COLUMBIA]>
▲2001.09.27 CONTACT <Al./CUTTING EDGE>
▲2001.12.21 les plus <Al./
*********[COLUMBIA]>
●京都を拠点にDJとして活躍していた田中知之のソロ・ユニット。
スピードキングにも参加。

ントムギフト
[THE PHANTOMGIFT]
◆ナポレオン山岸(G.) / サリー久保田(B.) / チャーリー森田(Dr.) / ピンキー青木(Vo.)
→ナポレオン山岸(G.) / サリー久保田(B.) / チャーリー森田(Dr.) ※1989年5月、ピンキー青木脱退。
→ナポレオン山岸(G.) / サリー久保田(B.) / ゴッド・マツウラJr.(Dr.) ※1990年3月、チャーリー森田脱退。のち後任にゴッド・マツウラJr.加入。
▲198-.--.-- 夜空に消えたシンデレラ / トンネル天国 <EP/プレイメイトレコード/R-140049>
▲1986.--.-- ジェニーは嘘つき <EP/SOLID>
▲1987.--.-- 魔法のタンバリン <EP/SOLID>
▲1987.09.21 ハートにOK! <EP/MIDI>
▲1987.10.21 ザ・ファントムギフトの世界[THE WORLD OF THE PHANTOMGIFT] <Al./MIDI>
●80年代中期にブームとなったネオGSの中心的存在。メンバーのサリー久保田はのちに,
レ・ファイヴ・フォー・スリー・トゥ・ワンを結成、ソロユニットのSALLY SOUL STEWでも活動。チャーリー森田は、1994年冬にチャーリー&ザ・ホット・ホイールズを結成。

フィッシュマンズ
[FISHMANS]
▲1991.--.-- CORDUROY'S MOOD(気分はコール天) <Mini Al./VIRGIN JAPAN>
▲1991.05.-- CHAPPIE DON'T CRY <Al./VIRGIN JAPAN>
▲1992.10.-- KING MASTER GEORGE <Al./MEDIA REMORAS>
▲1993.07.-- NEO YANKEE'S HOLIDAY <Al./MEDIA REMORAS>
▲1994.10.-- ORANGE <Al./MEDIA REMORAS>
▲1995.03.-- OH! MOUNTAIN <Al./MEDIA REMORAS>
▲1996.02.01 空中キャンプ <Al./POLYDOR>
▲1996.10.25 LONG SEASON <One Track Al./POLYDOR>
▲1997.07.24 宇宙 日本 世田谷 <Al./POLYDOR>
▲1998.08.19 8月の現状 <Live Al./POLYDOR>
▲1999.06.30 ALOHA POLYDOR <Al./POLYDOR>

5th GARDEN
5TH GARDEN
◆コモエスタ八重樫/MIYAHARA RAY(/YOSHIDA TAKASHI/IWASHITA SEIKA)
▲1994.05.23 太陽のパヤ[PAYA DEL SOL] <Sg./TRIAD[NIPPON COLUMBIA]>
▲1994.06.01 TIME PLACE OCCASION <Al./TRIAD[NIPPON COLUMBIA]>
▲1995.06.01 LOVE ROCK <Al./TRIAD[NIPPON COLUMBIA]>
▲1997.11.02 PANORAMICA <AL./
*********[NIPPON COLUMBIA]>
東京パノラマ マンボ ボーイズでの活動を経たコモエスタ八重樫を中心に1994年結成されたユニット。

フィリップス
[PHILIPS]
◆村上淳一(G.,Cho) / 山田陽祐[弟](Vo.,G.) / 山田光輝[兄](B.) / 永原潤一(P.,Acco.,Key.) / Ono Shigehiro(Perc.) / KOZUKUE SHOJI(Dr.)
→村上淳一(G.,Cho) / 山田陽祐[弟](Vo.,G.) / 山田光輝[兄](B.) / 山本玲彦(Dr.)
▲1997.11.28 ザ・ファンタスティック・デイ[THE FANTASTIC DAY] <CD MiniAl./
POR SUPESTO
▲1999.05.22 赤いカー[AKAI CAR] <CD EP/
LOVIN' CIRCLE[FILE]>
●1987年に4人で結成され、東京のネオアコースティック・シーンを,
ペニー・アーケードなどとともに早い時期から盛り上げたバンドのひとつ。1990年に永原が加入。メンバー交替を経ながらも活動を継続するも、ドラムの山本の脱退で、一時、NEW SUNRISE COUNTYとして活動。そして、山本の復帰を機に1996年4月にオリジナルメンバーで活動再開。ちなみに、山本玲彦の兄はバッファロー・ドーターの山本ムーグ。

フェイヴァリット・マリン
[FAVORITE MARINE]
神田朋樹(Vo.,G.) / 加地秀基(B.) / 荒川康伸(Dr.)
▲1992 Summer FLOWERS BLOOM <7"/
CRUE-L
▲1993.05.31 SOUL CARGO EP <Maxi Sg./
CRUE-L
●1990年結成。

ザ・フェイヴ・レイヴス
[The Fave Raves]
◆青山ハルヒロ[青山春裕](Vo.,G.) / ヒトミトキオ[人見トキオ](G.) / SEKI NAOTO(B.) / HIROYAMA KENTARO(Dr.)
→青山ハルヒロ[青山春裕](Vo.) / ヒトミトキオ[人見トキオ](G.,Cho.) / 関アキシロ[セキアキシロ](G.,Cho.) / 渡辺カズシゲ[渡辺“wajio”和重](B.,Cho.) / 岩脇ソウタロウ[岩脇宋太郎](Dr.)
▲1992.12.05 Feelin'Alright <CD MiniAl./
LOVIN' CIRCLE
▲1994.05.21 THE FAVE RAVES <CD Al./
LOVIN' CIRCLE/24LOVE010D>
●1990年、マディ・ランプスの青山とヒトミを中心に結成されたソウルバンド。喫茶ロックの文脈でも評価されてもいい、渋みのある大人のロックを聴かせてくれる。1995年活動休止。2004年、元
The Dismateの関アキシロをメンバーに迎え再結成。

フォトジェニー
[PHOTO JENNY]
◆小林哲也(Vo.,G.,B.) / 竹内聡美(Vo.,G.)
▲1998.--.-- LADY BIRD GO HOME <Ct.>
▲----.--.-- Y'aura t'il de la neige a noel? <Ct.>
▲1999.07.20 ティアーカルテット[TIER QUARTETT] <CD MiniAl./
LEFT BANK/LBCD-03>
▲2000.01.25 PAINTED KITES <CD MiniAl./
MINTY FRESH JAPAN/mfj-1001>
▲2001.01.25 split e.p. <Split with "Birdie"/CD EP/
MINTY FRESH JAPAN/mfj-1006>
▲2001.02.28 MARSHAK <CD MiniAl./
MINTY FRESH JAPAN/mfj-1007>
●1997年12月に結成されたギターポップ・ユニット。ミンティー・フレッシュ・ジャパンの第1号アーチストとして、2000年1月25日,5曲入りCDEP「PAINTED KITES」をリリース。

富幸
[FUKUTOMI YUKIHIRO]
▲1991.--.-- LOVE VIBES <Al./ALFA>
▲1993.--.-- POST <Al./ALFA>
▲1995.04.25 THIRD <Al./
WILDJUMBO[TOKUMA JAPAN]>
▲1999.08.26 BRASILIA2000 <Al.>
▲2000.07.-- ON A TRIP <Al./CUTTING EDGE[AVEX]>
▲2001.10.03 TIMELESS <Al./CUTTING EDGE[AVEX]>
テイ・トウワ富家哲らとともに日本におけるハウス・クリエイターそしてDJのオリジネイターとして,80年代後半から第一線で活躍しつづけるアーチストのひとり。

フジタブレンダ
[FUZITA BLENDER]
▲2000.02.21 HOIDAY PLUG IN! <Al./TRANSONIC[FLAVOUR]>
▲2001.07.04 BAY AREA FM <Al./
TRANSONIC
▲2001.12.19 BAY AREA FM REMIX <Remix Disc/
TRANSONIC
●デザイナーとしても活躍するフジタによるソロユニット。

藤原ヒロ
[FUJIWARA HIROSHI]
▲1994.11.02 GETTING OVER YOU <EP/VICTOR>
▲1994.11.23 ナッシング・マッチ・ベター・トゥ・ドゥ[NOTHING MUCH BETTER TO DO] <Al./VICTOR>
▲1995.06.21 ヒロシ・フジワラ・イン・ダブ・コンフェレンス[HIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCE] <Mini Al./VICTOR>
▲1996.03.23 「ユーリ」オリジナルサウンドトラック <Al./VICTOR>
▲1996.06.21 I DANCE ALONE <Sg./VICTOR>
▲1997.01.22 HIROSHI FUJIWARA BEST <Best Al./VICTOR>
▲1999.12.16 HIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCE REMIX <Remix Disk/VICTOR>
▲2000.01.21 NOTHING MUCH BETTER TO DO REMIX <Remix Disk/VICTOR>
▲2000.02.23 REMIXES <Remix Al./VICTOR>
高木完とのヒップホップユニットであるタイニー・パンクスいとうせいこうとのアンビエント・ポップ・ユニットのサブリミナル・カーム、川辺ヒロシとのHIROSHI II HIROSHI,宮崎泉とのLUV MASTER Xなどでの活動、チエコ・ビューティや小泉今日子のプロデュースなどを経てソロデビューした日本を代表するのDJ、ミュージシャン。

プラス
[PLUS]
◆片岡哲哉/WAKAKO
▲1992.09.26 クロス・パワー・フラワー[CROSS POWER FLOWER] <Al./UBAR RECORDS INC.>
サロン・ミュージックディップ・イン・ザ・プールにも通底するアンビエントで色彩豊かな浮遊感を,フリッパーズ・ギターに触発されたと思われる繊細で難解なポップへ導入することを成し遂げた男女ユニット。
プラスチックス
[PLASTICS]
◆中西俊夫(G.,Vo) / 立花ハジメ(G.) / 佐藤チカ[佐藤千賀子](Vo.) / 福田泰彦(Key.) / 浅井信夫(Dr.) / 藤岡芳晴(B.)
→中西俊夫(G.,Vo) / 立花ハジメ(G.) / 佐藤チカ[佐藤千賀子](Vo.) / 佐久間正英(Key.) / 大口広司(Dr.)
→中西俊夫(G.,Vo) / 立花ハジメ(G.) / 佐藤チカ[佐藤千賀子](Vo.) / 佐久間正英(Key.) / 島武実(Rhythmbox)
▲1980.01.21 ウェルカム・プラスチックス[WELCOME PLASTICS] <Al./VICTOR>
▲1980.09.21 オリガト・プラスチコ[ORIGATO PLASTICO] <Al./VICTOR>
▲1981.02.21 ウェルカム・バック[WELCOME BACK] <Al./VICTOR>
▲1988.--.-- FOREVER PLASTICO <Compilation Al./VICTOR>
▲1997.--.-- ALL ACROSS THE U.S.A. LIVE <Live Al./SPEEDSTAR[VICTOR]>
▲2005.07.13 ORIGATO 25 <Compilation Al./SPEEDSTAR[VICTOR]>
▲2005.07.13 HARD COPY <Compilation(CD+DVD+BOOKLET) / P.S.C.>
●1976年から1981年暮れまで活動した,
ピチカート・ファイヴモトコンポなど多くのミュージシャンからリスペクトされるニューウェイヴ集団。解散後,中西俊夫と佐藤チカはメロンを結成,立花ハジメはソロ,佐久間正英はソロ活動の傍ら,ボウイ,ザ・ブルーハーツ,グレイ,エレファントカシマシ,ジュディ・アンド・マリーなどのプロデュースで名を成している。

プラスティック・スクイーズ・ボックス
[PLUS-TECH SQUEEZE BOX]
◆カマダジュンコ(Vo.) / ハヤシベトモノリ(Prog.) / ワキヤタケシ
→ハヤシベトモノリ(Prog.) / ワキヤタケシ
▲2000.10.-- フェイクボックス[FAKEVOX] <CD Al./
VROOM SOUND/VRCD-3311>
▲2004.06.16 カートゥーム![CARTOOOM!] <CD Al./
VROOM SOUND/VMSD-002>
▲2005.04.13 フェイクボックス[FAKEVOX] <CD Al./
VROOM SOUND/VMSD-007> ※VRCD-3311のリマスター再発
●渋谷系の遺産を凝縮したようなすべてにおいて過剰なサウンド。形容するならば、“インフレーション・コラージュ・ポップ”。

プラトン
[PLATON]
◆赤木健(Dr.) / 柿沢健司(G.) / 東正直(Vo.,G.) / 東田将志(B.)
▲2003.06.11 シンセカイ <Mini Al./UK PROJECT>
▲2005.01.26 グッドモーニングメトロポリス <Mini Al./UK PROJECT>
▲2005.08.03 ナイトライフ <Sg./BLUE WORKS>
▲2005.11.02 シーサイドアフターヌーン <Al./BLUE WORKS>
●2000年夏、東と東田を中心に結成。無垢で無邪気な声、そしてフィッシュマンズを彷彿とさせるあやふやな輪郭のサウンドをもって青いセンチメンタリズムを奏でる新世紀ポッパー。

フラメンコ・ア・ゴー・ゴー
[THE FRAMENCO A GO GO]
▲1993.10.25 THE FLAMENCO A GO GO <Al./WONDER RELEASE>
▲1994.10.15 FULLY FED FREAKS <Al./BENTEN>
▲1996.05.15 THE FLAMENCO A GO GO EARLY DAYS <Mini Al./BENTEN>
●1992年,のちにAOAで活動する出原亮介を中心に結成。チープでエロチックなガレージ・ギャル・パンクでインディ・ロック界を席巻する。ヴォーカルのアサノとギターのブカチャンはウクレレ・コーラス・ユニット,ペティブーカでも活動。

フランク・チキンズ
[FRANK CHICKENS]
▲1984.04.-- ウィー・アー・ニンジャ[WE ARE NINJA] <Sg.>
▲1985.02.21 ウィー・アー・フランク・チキンズ[WE ARE FRANK CHICKENS] <Al./RCA>
▲1987.--.-- GET CHICKENIZED <Al./TOKUMA>
▲1989.10.25 クラブ・モンキー[CLUB MONKEY] <Al./TOKUMA>
●1981年にロンドンで法貴和子と田口和美がカラオケテープで遊んでいたことをきっかけに結成したユニット。ヒップホップから影響を受け考案した,カラオケテープをバックに"ニンジャ","フジヤマ"などと外国人の意識する日本語をのせて歌うパフォーマンス・スタイルで話題を呼ぶ。日本でも逆輸入の形で人気に。

フリーダム・スィート
[FREEDOM SUITE]
◆山下洋(Vo.,G.) / 岡"ラスカル"真太郎(Dr.) / 江藤博之(B.) / 高野勲(Key.) ※『Hello Young Lovers』
→山下洋(Vo.,G.) / 岡"ラスカル"真太郎(Dr.) / 江藤博之(B.) / 高野勲(Key.) /
松田"チャーベ"岳二(Per.) / 堀江博久(Key.) ※『フリーダム・スィートEP』『SOMETHING IN THE AIR』
→山下洋(V.o,G.) / 岡"ラスカル"真太郎(Dr.) / 江藤博之(B.) / 高野勲(Key.) /
松田"チャーベ"岳二(Per.) ※『PLAY THE GAME EP』『フリーダム・スィート』
△1993.--.-- Hello Young Lovers <CD/Crue-L Records/KYTHMAK 008MD> ※『Why Can't We Be Lovers』を収録
▲1994.02.21 フリーダム・スィートEP[FREEDOM SUITE EP] <CD/Crue-L Records>
▲1995.04.-- SOMETHING IN THE AIR <CD/Crue-L Records>
▲1996.05.-- PLAY THE GAME EP <CD/Crue-L Records>
▲1996.07.-- フリーダム・スィート[FREEDOM SUITE] <CD/Crue-L Records>
▲2001.03.07 INSTANT SUITE<Maxi Sg./プライエイド>
●1993年,山下洋をリーダーに結成。
ニール&イライザ松田岳二と堀江博久が在籍していた。

フリート
[FLEET]
◆佐藤純一/池田雄一
→佐藤純一/池田雄一/仲井朋子 ※2005.04 仲井朋子が加入。
▲2006.08.23 Brand New Reason <CD Sg./Lantis/LACM-4287>
▲2007.06.20 pre view <CD MiniAl./YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS/YCCW-50003>
▲2007.12.12 review <CD Al./YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS/YCCW-10040>
●2004年春に活動を開始したユニット。スーパーカーを彷彿とさせる、たゆたう酩酊感のあるサウンドは聴く者を異次元に連れてってくれるようで。

フリ
[FREEBO]
◆吉田奈邦子(Vo.,AG) / 石垣窓(EG) / 榎戸大之(B.) / 廣瀬方人(Dr.)
→吉田奈邦子(Vo.,AG) / 石垣窓(EG) / 榎戸大之(B.)
▲1996.06.30 すきまから <Al./OZ>
▲1997.06.25 風がとだえた訳 <Maxi Sg./TOSHIBA EMI>
▲1997.09.18 メロディー <Sg./TOSHIBA EMI>
▲1997.09.26 フリーボ'97 <Al./EXPRESS[TOSHIBA EMI]>
▲1998.04.22 月明かりを撃て! <Maxi Sg./TOSHIBA EMI>
▲1998.09.09 くり返す <Sg./TOSHIBA EMI>
▲1998.09.09 SMOKING BLUES <Al./TOSHIBA EMI>
▲2000.01.26 BLUE MOON <Al./TOSHIBA EMI>
▲2000.01.26 月の庭 <Maxi Sg./TOSHIBA EMI>
●1995年春に法政大学の音楽サークルにて結成されたバンド。石垣窓は元RADIUM STAR。ジョニ・ミッチェル,キャロル・キング,金延幸子などからの影響をうかがえるフォーキィな音楽性が魅力。2003年11月、廣瀬方人は脱退し、アケミで活動。

ブリック・フラワ
[BRICK FLOWER]
◆小西慎一郎(G,Vo.Prog)
→小西慎一郎(G,Vo.Prog) / 山崎滋(B,Prog)
▲1992.01.21 ブリック・フラワー[BRICK FLOWER] <CD/
CONFUSION<PONY CANYON/PCCC-00008>
01. Who Should Be Saved
02. Jump Up Boy
03. Isn't It Comfort
04. Waste
05. Catch Their Breathing
06. Chatty Tone
1992.04.21 Brand New Skip Decoration <CD/Quattro/QTCA-1003> ※「Catch Their Breathing」「Jump Up Boy」を収録
▲1993.02.19 FLORIDA <CD/
CONFUSION<PONY CANYON/PCCC-00017>
01. Tourists
02. In Those Past Days
03. Getting All
04. (How Can I Be) Clever
05. 3:27 A.M.
06. All Of My Better Moods
07. What To Do
08. News
09. Paradise
▲1993.06.18 ツーリスツ[TOURISTS] <CD/
CONFUSION<PONY CANYON/PCDC-00001>
01. Tourists
02. All Of My Better Moods
1993.11.19 Cool Christmas <CD/CONFUSION<PONY CANYON/PCCC-00019> ※「God's With Us 」「We Three Kings」を収録
△----.--.-- Confusion Label 4th Release <CD/CONFUSION<PONY CANYON/DSP-156> ※プロモ盤 / 「Jump Up Boy」「Waste」を収録
●ケイス・オブ・サイセリア[ケースオブサイサリア/Case of Cytherea]というバンドで活動していた小西のソロユニットとして始動したユニット。のち、
ファルス・ラヴの山崎が加入。

ブリ
[BRIDGE]
◆大友真美(Vo.) / 清水弘貴(G.) / 池水真由美(Ac.) / 加地秀基(B.) / 佐々木光紀(Dr.)
→大友真美(Vo.) /
清水弘貴(G.) / 池水真由美(Ac.) / 加地秀基(B.) / 黒沢宏子(Dr.) / 佐々木光紀(G.)
→大友真美(Vo.) /
清水弘貴(G.) / 池水真由美(Key.) / 加地秀基(B.) / 黒沢宏子(Dr.) / 大橋伸行(G.)
▲1992.11.26 ウィンディ・アフターヌーン[WINDY AFTERNOON] <Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1993.03.01 A MEETING ON THE DISC <Sg.>
▲1993.03.25 スプリング・ヒル・フェアー[SPRING HILL FAIR] <Al./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1993.07.25 ペーパー・ビキニ・ヤ・ヤ[PAPER BIKINI YA-YA] <Maxi Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1993.11.10 夢見るシャンソン人形[POUPEE DE CIRE,POUPEE DE SON] <Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1994.03.25 ソルト・ウォーター・タフィー[SALT WATER TAFFEE] <Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1994.06.01 プール・サイド・ミュージック[POOL SIDE MUSIC] <Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1994.07.01 プレッピー・キックス[PREPPY KICKS] <Al./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1995.07.26 ベスト・オブ・トラットリア・イヤーズ[THE BEST OF TRATTORIA YEARS] <Best Al.>
▲1997.12.10 EPLP <Al.>
▲1999.06.30 TREASURE COLLECTION <Best Al.>
●元
ルーフの3人らによって1989年9月に結成されたギターポップバンド。解散後、加地はカジヒデキとしてソロ活動。大橋は、ソロユニットであるペイトとして活動。清水も同じく、ソロで活動。大友真美はシカゴベース、sophyなどで活動。

フリッパーズ・ギター
[FLIPPER'S GUITAR]
小山田圭悟/小沢健二/井上由紀子/吉田秀作/荒川康伸
小山田圭悟/小沢健二
▲1989.08.25 海へ行くつもりじゃなかった[THREE CHEERS FOR OUR SIDE] <Al./POLYSTAR>
▲1990.01.25 フレンズ・アゲイン[FRIENDS AGAIN] <Sg./POLYSTAR>
▲1990.05.05 恋とマシンガン[YOUNG,ALIVE, IN LOVE] <Sg./POLYSTAR>
▲1990.07.10 カメラ・トーク[CAMERA TALK] <Al./POLYSTAR>
▲1990.09.25 カメラ!カメラ!カメラ![CAMERA! CAMERA! CAMERA!] <Maxi Sg./POLYSTAR>
▲1990.11.21 ラヴ・トレイン[LOVE TRAIN] <Sg./POLYSTAR>
▲1991.03.20 グルーヴ・チューブ[GROOVE TUBE] <Sg./POLYSTAR>
▲1991.07.10 ヘッド博士の世界塔[DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER] <Al./POLYSTAR>
▲1991.08.25 星の彼方へ[BLUE SHININ' QUICK STAR] <Sg./POLYSTAR>
▲1991.12.21 カラー・ミー・ポップ[COLOUR ME POP] <Best Al./POLYSTAR>
▲1992.04.01 続 ・カラー・ミー・ポップ[ON PLEASURE BENT] <Live Al./POLYSTAR>
▲1992.09.26 シングルズ[SINGLES] <Best Al./POLYSTAR>
▲1999.06.30 TREASURE COLLECTION <Best Al./POLYSTAR>
▲2006.08.25 海へ行くつもりじゃなかった[THREE CHEERS FOR OUR SIDE] <Remastered reissue/Al./FELICITY[POLYSTAR]>
▲2006.08.25 カメラ・トーク[CAMERA TALK] <Remastered reissue/Al./FELICITY[POLYSTAR]>
●1989年、
ロリポップ・ソニックから改名。1989年より小山田と小沢の2人ユニットとなり、1991年秋に解散。のち、小山田圭悟はコーネリアスと名乗りソロ活動、小沢健二もソロで活動。脱退した荒川はポリスターの社員に、井上は音楽ライターに。

リル
[Furil]
◆Asuka(Vo.) / Eiji(Inst.)
▲2008.10.22 ether <CD Al./No Number Records/NNRC-013>
●2005年9月に結成した2人組ポップ・ユニット。自らの音楽を“ドリーミーポップ”と称し、まさに夢見心地な浮遊感の漂うサウンドを提供する。

BLUE EYES OF FORTUNE
[BLUE EYES OF FORTUNE]
◆中原信雄/野田幹子
▲1994.04.01 BLUE EYES OF FORTUNE <Maxi Sg./
OUT OF TUNE[THE GREATEST HITS]>
●元
ポータブル・ロックの中原信雄とシンガーの野田幹子によるユニット。

ブルー・トニック
[BLUE TONIC]
◆井上富雄(Vo.) / 木原龍太郎(Key.) / 冷牟田竜之(B.) / 田中玄尚(Dr.)
▲1987.01.21 ブルー・トニック[BLUE TONIC] <12"/NON STANDARD[TEICHIKU]>
▲1987.--.-- TAKE <12"/NON STANDARD[TEICHIKU]>
▲1987.06.21 MOODS FOR MODERN <Al./NON STANDARD[TEICHIKU]>
▲1987.12.02 ザ・フェイス[THE FACE] <Compilation Al./BAIDIS[TEICHIKU]>
▲1988.07.21 ガッツ・フォー・ラブ[GUTS FOR LOVE] <Al./TOSHIBA EMI>
▲1989.08.21 LAST DREAM IN BLUE <Al./TEICHIKU>
●1984年3月にルースターズのオリジナルメンバーであった井上富雄,元ハイヒールの3人(冷牟田竜之/木原龍太郎/広瀬充寿)がブルー・トニック&ザ・ガーデン[BLUE TONIC & THE GARDEN]を結成。ブルー・トニック&ザ・ガーデンは1985年末に解散,翌1986年に新たにブルー・トニックを結成。1989年4月29日に解散。井上,木原は
オリジナル・ラヴ,冷牟田は東京スカパラダイスオーケストラへ。

ブルー・ビート・プレイヤーズ
[BLUE BEAT PLAYERS]
◆林雅之(Vo.,G.,Fl.,Per.) / 小川昭二(Tp.) / 毛利元治(B.) / 萩原智幸(Dr.,Per.) / TAIKI..N.(G.) / LITTLE MASTA(Org.)
▲1997.07.22 TORRID ROCK <Al./2ND CITY>
▲1997.07.22 TORRID ROCK <7"/2ND CITY>
▲1998.11.-- A LITTE CHRISTMAS GIFT<7"/SURFACE RECORDS>
▲1999.01.-- TOKYO MONEY <7"/2ND CITY>
▲1999.02.-- DOWN BEAT AS EVER <Al./2ND CITY>
▲2001.04.27 EASTERN LEO <Al./DIWPHALANX>
●94年頃から始動した,元
東京スカパラダイスオーケストラのマーク林こと林雅之をリーダーとするオーセンティックスカバンド。

ブルーベリー、ベリー・ブルー
[blueberry, very blue]
◆マスイカオル(Vo.,Accordion) / 坂本ケンジ(G.)
▲1996.--.-- 4th fruit <Ct.>
▲1997.11.27 ブルーベリーノート[blueberry note] <CD Al./GOD'S POP/CJGP-4023>
●主に関西を中心に活動をしていたマスイカオル、サカモトケンジによるギターポップ・ユニット。ネオアコ、フレンチ・ポップ的なサウンドと、マスイの味のあるウィスパー・ボイスがチャームフル。坂本は207としても活動。

ブルー・ボンゴス
[BLUE BONGOS]
◆CATZ(TS) / 高木壮太(Org.) / GAMI(Tp) / MEIKEN(Conga) / KEATON(Dr.) / FURUKAWA(B.)
→CATZ(G.) / 高木壮太(Org.) / GAMI(Dr.) / MEIKEN(Conga) / NISHIKAWA(B.)
▲1992.--.-- EP <12"/GROOVIN' HIGH>
▲1993.--.-- JAZZ SOUP <12"/GROOVIN' HIGH/GH1502>
▲1993.08.08 LISTEN TO JAZZ IN EARLY SUNDAY MORNING <CD/GROOVIN' HIGH/GH-4001>
▲1995.07.10 VIVA! 500 <CD MiniAl./Wonder Release/WRR-31>
▲1995.06.10 Don't you wanna touch my baby c/w Post Six <7inch/Wonder Release/WRR-32>
▲1999.--.-- Blue Bongos Max Single <12inch/Circa/BLBBG001>
●ジャズ、ソウル、ファンクを基調とするサウンドで、90年代初頭に日本でも盛り上がったアシッドジャズムーブメントの中で活躍したバンド。高木は、
ソウル・ミッションのメンバーとしても、ソロとしてゼネラルや本人名義でも活動。

フルカワミキ
[FURUKAWA MIKI]
◆古川美希
▲2006.06.21 Coffee&singingGirl!!! <CD Sg.+DVD/BMG JAPAN/BVCR-19690> ※初回限定盤
▲2006.06.21 Coffee&singingGirl!!! <CD Sg./BMG JAPAN/BVCR-19681>
▲2006.06.30 Coffee&singingGirl!!! <12"/HEARTFAST/HFLP-1>
▲2006.07.19 Mirrors <CD Al./BMG JAPAN/BVCR-14031> ※初回限定盤
▲2006.07.19 Mirrors <CD Al./BMG JAPAN/BVCR-11089>
▲2007.03.21 サイコアメリカ <CD Sg.+DVD/BMG JAPAN/BVCR-19703> ※初回限定盤
▲2007.03.21 サイコアメリカ <CD Sg./BMG JAPAN/BVCR-19702>
▲2008.02.20 Candy Girl <CD Sg./BMG JAPAN/BVCR-19114> ※初回限定盤:CD2枚組+エコバック
▲2008.02.20 Candy Girl <CD Sg./BMG JAPAN/BVCR-19112>
▲2008.04.23 Bondage Heart <CD Al.+DVD/BMG JAPAN/BVCR-18122> ※初回限定盤
▲2006.04.23 Bondage Heart <CD Al./BMG JAPAN/BVCR-11117>
●元
スーパーカー。同じく元スーパーカーのナカコーらの手による音楽を彼女なりに媒介し新たな表現に昇華する。

ザ・ブレイカーズ
[THE BREAKERS]
◆真島昌利[マッシー]/篠原太郎[タロウ]/杉浦光治[杉浦コウジ/オっちゃん]
→真島昌利[マッシー](G.,Vo.) / 篠原太郎[タロウ](B.,Vo.) / 大槻敏彦[大槻トシヒコ/ヒコ](Dr.) / 杉浦光治[杉浦コウジ/オっちゃん](Vo.,G.)
→真島昌利[マッシー](G.,Vo.) / 篠原太郎[タロウ](B.,Vo.) / 大槻敏彦[大槻トシヒコ/ヒコ](Dr.)
●1978年、真島と杉浦が中心となり結成されたマージービート・グループ。1982年に篠原がドラム&ボーカルとして参加。そののち。大槻がドラムで参加し4人編成に。のち、杉浦が脱退し、3人で活動するも、1985年の"マーチ・オブ・ザ・モッズ"での演奏を最後にバンドは解散。1985年2月に真島は、元
ザ・コーツの甲本ヒロトと、ザ・ブルーハーツを結成する。篠原は、ソロ・シンガーとしてメジャーデビューするも活動に疑問をもち、大槻とともに"ブリックス・トーン"を結成し活動。

プレイグス
[PLAGUES]
◆後藤敏昭(Dr) / 深沼元昭(Vo,G) / 岡本達也(B)
→後藤敏昭(Dr) / 深沼元昭(Vo,G)
▲1993.03.21 ビーチライダー77 <Mini Al.>
▲1993.10.-- カリフォルニア・ソロウ・キング <Al.>
▲1994.06.25 シナモン・ホテル[CINAMON HOTEL] <Al./EAST WEST JAPAN>
▲1994.11.30 ライド・ライド・ライド[RIDE,RIDE,RIDE] <Maxi Sg./EAST WEST JAPAN>
▲1995.02.25 国境を越えて <Sg.>
▲1995.03.25 リトル・バッファロー・ララバイ[
LITTLE BUFFALO LULLABY] <Al./EAST WEST JAPAN>
▲1996.02.21 カリフォルニア・ソロウ・キング <Al.>
▲1996.02.25 最後のハイウェイの夢 <Sg.>
▲1996.04.25 ハッピー・プレイス <Sg.>
▲1996.05.10 センチメンタル・キックボクサー[SENTIMENTAL KICK BOXER] <Al./
EAST WEST JAPAN>
▲1996.07.10 ヘイ・ミスター・ドリーマー <Sg.>
▲1996.11.10 スピン[SPIN] <Sg.>
▲1996.12.11 ラウド・メアリー <LP>
▲1997.02.25 オーケイ <Sg.>
▲1997.03.25 ラブ・サバンナ
[LOVE SAVANNAH] <Al./EAST WEST JAPAN>
▲1998.05.25 凱旋門 <Maxi Sg.>
▲1998.06.25 フィクションズ・オブ・ライフ <Maxi Sg.>
▲1998.07.15 プレイグス・ファイヴ[PLAGUES X] <Al.
/EAST WEST JAPAN>
▲1999.04.29 O.D.I.K <Ct.>
▲1900.02.02 昇る陽より東へ <Maxi Sg./KITTY>
▲2000.04.12 ニューホライズン <Maxi Sg./KITTY>
▲2000.04.26 鮫とハイビスカス <Al./KITTY>
▲2000.06.21 ラウド★メアリー <LP>
▲2000.06.21 サーモン・アンド・ベアー〜ベスト・オブ・プレイグス <Best Al.>
▲2000.08.23 37.5℃ <Maxi Sg./KITTY>
▲2000.11.22 トランキライザー・ガン <Maxi Sg./KITTY>
▲2001.03.18 アイ・ヘイト・ディス・ミュージック[I HATE THIS MUSIC] <Maxi Sg./KITTY>
▲2001.04.04 フロム・ハワイ・トゥ・ヘル[FROM HAWAII TO HELL] <Al./KITTY>
▲2002.03.20 イスカンダル <Al./KITTY>
●1992年、後藤敏昭、深沼元昭、岡本達也の3人で結成。90年代前半のギターロックムーヴメントから頭角をあらわしたロックバンド。活動休暇後、深沼はmellowhead、後藤はFOGBOW[フォグボゥ]で活動。

プレクトラ
[PLECTRUM]
◆高田泰介/岸原尚紀/藤田顕/中井敦
→高田泰介(Vo.,G.) / 岸原尚紀(B.) / 藤田顕(G.)
→高田泰介(Vo.,G.) / 藤田顕(G.,Vo.)
▲1996.05.25 ジャパニーズ・ディスコ・イズ・ファン?[JAPANESE DISCO IS FUN?] <CD MiniAl./POLYSTAR>
▲1996.08.25 FLOW <CD Sg./POLYSTAR>
▲1996.09.26 SUNDAY CHAMPION <CD Al./POLYSTAR>
▲1996.11.25 ジャパニーズ・ディスコ・イズ・ファン![JAPANESE DISCO IS FUN!] <CD Sg./POLYSTAR>
▲1997.05.25 SMILE <CD Sg./POLYSTAR>
▲1998.04.01 スター・ボーリング[STAR BOWLING] <CD Sg./POLYSTAR>
▲1998.05.02 CAMP FIRE THRILL <CD Sg./POLYSTAR>
▲1998.06.24 THE ADVENTURE OF PONY RIDER <CD Al./POLYSTAR>
▲2000.06.26 COLOMBIA <CD Al./ROCK RECORD>
▲2001.08.10 SORRY <CD Al./LD&K>
▲200-.--.-- TILL I DIE AGAIN EP <EP>
▲2004.03.20 PROM NIGHT <CD Al./LOVE & PEACE RECORDS>
▲2005.02.16 LIVE 4 LIVE <CD Al./
MONA RECORDS> ※ライヴアルバム
▲2006.01.-- SWEET MEMORIES <Sg.>
●1992年、大阪府立大学の音楽サークルでスターサイン[STAR SIGN]として結成されたギターポップバンド。バンド名は、スターサインから、1995年にTEENAGE FANCLUB命名によるプレクトラムに変更。

プレジデントBPM
[PRESIDENT BPM]
◆近田春夫
▲1986.10.25 マスコミュニケーション・ブレイクダウン[MASSCOMMUNICATION BREAKDOWN] <12"/
BPM[SIXTY]>
▲1987.--.-- NASU-KYURI <12"/
BPM[SIXTY]>
▲1987.06.05 HEAVY <As"PRESIDENT BPM FEATURING TINNIE PUNX"/Al./
BPM[SIXTY]>
いとうせいこうと共に日本のヒップホップシーンをつくりあげた近田春夫のヒップホップ・ミュージシャン名義。ユウザロックをはじめ,のちのヒップホッパーたちに多大なる影響を与えた。

フレデリック
[FREDRICK]
◆片岡健一(Vo.,G.) / 岩島篤史(B.) / 柳川正(G.,Sax) / 富澤裕之(Dr.)
▲1990.02.05 僕の太陽 <CD MiniAl./FILE>
▲1990.06.21 フレデリック[FREDERICK] <CD Al./EPIC SONY>
▲1990.10.21 ゴミ箱 <CD MiniAl./EPIC SONY>
▲199-.--.-- PUDDING <CD Al./EPIC SONY>
▲199-.--.-- SHEEP & CHILDREN <CD Al.>
●元
ロンドン・タイムスの片岡健一と岩島篤史らにより結成されたロックバンド。解散ののち,岩島は1991年よりデキシード・ザ・エモンズでベーシストをつとめたのち,1995年にはヤングスキンズを結成。ドラムのトミーこと冨澤裕之はタイムスリップ・ランデヴー[TIMESLIP-RENDEZVOUS]へ。

フレネシ
[FRENESI]
◆熊崎ふさこ
▲1996.--.-- Dolphin-o <As"naphthaline squall"/Ct.>
▲1997.--.-- CLOUD <As"naphthaline squall"/Ct.>
▲1997.--.-- SORTIE <As"naphthaline squall"/Ct.>
▲1998.--.-- crumpet <As"naphthaline squall"/Ct.>
▲1999.06.-- au citron <7"/
bambini/BINI 4>
▲1999.08.-- Landmark Theater <CD MiniAl./
bambini/BAM 3>
▲2000.12.17 blueno <As"blueno"/CD Al./alley-oop/OOP-2CD>
●熊崎ふさこのソロ。ナフタリンスコール[naphthaline squall]名義で4本のカセットを発表ののち、名義をフレネシに改称し活動。ジャズやラテンからの影響もうかがえる普遍的な美しさをもったポップスをつくりだす。2000年には、河合代介とのユニット"blueno"でも作品を発表。フレネシとしては、00年代半ばから、杉本誠司(Dr.)、松木誠(G.)、斉藤健王(B.といった面々をサポートに迎えバンド形態で活動している。

・ヘ
[THE HAIR]
◆あいさとう(Vo.) / ヒロ及川(B.) / 江口マヌー(Dr.) / 林まさゆき(G.)
→あいさとう(G.) / ヒロ及川[及川ヒロユキ](B.) / 江口マヌー(Dr.) / 杉村ルイ[杉村類](Vo.)
→あいさとう(G.,Vo.) / ヒロ及川(B.) / 江口マヌー(Dr.)
→あいさとう(G.) / ヒロ及川(B.) / 江口マヌー(Dr.) / ジュリー田中(Vo.)
→あいさとう(G.) / ヒロ及川(B.) / ジュリー田中(Vo.) / すずきやすし(Dr.)
▲1992.10.27 エレクトリック・チャーチ[ELECTRIC CHURCH] <Al./LOVIN' CIRCLE[FILE]>
▲1993.05.18 ゴールデン・デラックス[GOLDEN DELUXE] <Sg./LOVIN' CIRCLE[FILE]>
▲1994.01.14 ポップ・ラビッシュ[POP RUBBISH] <EP/LOVIN' CIRCLE[FILE]>
▲1995.11.22 恋のサイケデリック <Al./TOSHIBA EMI>
▲1996.09.19 ヴィーナスの丘 <Al./TEICHIKU>
▲2003.08.20 ローマを見てから、死ね。 <Al./READYMADE INTERNATIONAL>
▲2006.11.22 ウィークエンダーのポップ・コンチェルト <Al./PICTUS NEO>
●アイ佐藤、ヒロ及川、江口マヌーによるブライトン・ブルー・ビーツを前身として結成されたモッズバンド。R&Bをベースとしたサウンドで人気を博した。1991年にメンバーの杉村ルイが脱退。1986年よりTHE GEARのボーカルとして活動していたジュリー田中が1992年に加入。すずきやすし[鈴木やすし]は1997年に脱退、ザ・トランプ、ザ・ピノキオズ、バックドアメン[BACKDOOR MEN]などで活動。ジュリー田中は1998年に脱退、のちザ・トランプに参加する。

イズリー・ブルー
[THE PAISLEY BLUE]
◆真城めぐみ(Vo.) / 栗原晴美(Vo.) / 新堂タカコ(Vo.) / 中森泰弘(G.,Per.) / 秋山幸広(Dr.) / 吉本[Yoshimoto Yoshiteru](B.) / Kubo Noriko(Key.,Giokenspl) / 林也[Takayama Rinya](Sax) / Mr.Takahashi(DJ) ※『MINT SOUND'S CHRISTMAS ALBUM』クレジット
●ネオGS期、真城めぐみ、栗原晴美、新堂タカコの3人が結成していたヴォーカル・グループ。レッドカーテンなどに在籍した秋山幸広、ハワイズの中森泰弘らもバッキングで参加。真城めぐみ、中森泰弘は
ロッテン・ハッツを結成。


[PATE]
◆大橋伸行
▲1997.06.21 ベリー・ショート・ソングス・フォー・エヴリワン・フー・キャン・リカグナイズ・ザ・ディファレンス・ビトゥイーン・ドゥーイング・ディス・アンド・ドゥーイング・ザット[VERY SHORT SONGS FOR EVERYONE WHO CAN RECOGNIZE THE DIFFERENCE BETWEEN DOING THIS AND DOING THAT] <CD Al./INVITATION[VICTOR]>
▲1998.09.23 VIVA! <CD Al./VICTOR>
▲2001.03.22 MO' PSYCHO <CD Al./STS>
●ペイトは,
ブリッジでギターを担当していた大橋伸行のソロ名義。大橋はシカゴベースとの共同レーベル「STONE SOUND」の運営も手掛け,シカゴベースの作品などをリリースしている。

ペイント・イン・ウォーターカラー
[PAINT IN WATERCOLOUR]
◆布川正人(Vo,G) / 関口賢一(G) / 佐京繁美(Dr) / SHIMIZU MANABU[清水](B)
→布川正人(Vo,G) / 関口賢一I(G) / 佐京繁美(Dr) / 丸山正行(B)
▲1990.--.-- IN THESE THINGS <12"/CLIMB>
▲1992.06.21 グレア[GLARE] <CD Sg./INVITATION[VICTOR]>
▲1992.07.22 アンノウン[UNKNOWN] <CD Al,/INVITATION[VICTOR]>
▲1993.04.21 ヴェロシティ[VELOCITY] <CD Al./INVITATION[VICTOR]>
●ポスト・
フリッパーズ・ギターとしてあらわれ,90年代前半に活躍したギターロック・バンドのひとつ。新潟発。

ペイント・ボックス
[PAINT BOX]
◆片桐広樹(Vo.) / 佐々木一紀(Dr.) / 五月淳(G.) / 臼田アツシ(B.) / 伊藤和典(Key.) ※1987年秋頃の編成。佐々木は1987年1月加入。臼田は元Radio Insane。
→片桐広樹(Vo.) / 佐々木一紀(Dr.) / 長谷川[Jun Hasegawa](G.) / 金子[Takafumi Kaneko](B.) ※『NEO?』
→片桐広樹(Vo.) / 佐々木一紀(Dr.) / 立石和哉(G.) / 金子(B.) ※1988年春頃の編成。
→片桐広樹(Vo.) / 佐々木一紀(Dr.) / 立石和哉(G.) / 柞山一彦(B.) ※1988年夏頃の編成。柞山は元ルースターズ。
▼1988.04.-- NEO? <LP/
PORTRAIT RECORDS/P009> ※「Summer Rain」を収録
●KING BEESのオリジナルベーシストであった片桐広樹が自分の唄をうたいたいと、1986年7月に結成したバンド。ネオアコやネオサイケあたりの音を志向した。佐々木は
ペニー・アーケードにも参加。佐々木一紀(Dr.) / 立石和哉(Vo.,G.)、柞山一彦(B.)のトリオ編成にメンバーチェンジを経て、フリータイムと改名。

ヘーゼル・ナッツ・チョコレート
[HAZEL NUTS CHOCOLATE]
◆ゆっぱ/イトウコウジ/ワンタ
→ゆっぱ
▲2004.07.14 ビウィッチト![BEWITCHED!] <CD Al./TROLLEY BUS>
▲2005.09.14 CUTE <CD Al./
SOFTLY!/LOLITA-1001> ※初回生産限定マジカルチェンジングピクチャー仕様盤
▲2005.09.14 CUTE <CD Al./
SOFTLY!/LOLITA-1002> ※通常盤
●2000年に結成。絵本のようにカラフルでドリーミーなハンドメイドな世界を描くユニット。 2005年2月にイトウ、ワンタが脱退しゆっぱのひとりユニットに。

ペセラケセライン
[PESELA-QUESELA-IN]
◆日高央[ヒダカトオル](Vo.,G.) / 岩原幸夫[イワハラユキオ](Dr.) / 木元隆(G.) / 小笠原ひろし(B.)
→日高央[ヒダカトオル](Vo.,G.) / 岩原幸夫[イワハラユキオ](Dr.) / 木元隆(G.) / 錦織典子(B.)
<上記のメンバーのほか、田井宏之[タイヒロユキ](G.,Vo.)、山口哲二(B.)、三好健夫(B.,Vo.)が在籍。>
▲1998.--.-- ANTHOLOGY <CD Al.>
▲2002.01.25 REMASTERPIECES <CD Al./LASTRUM>
●千葉県を中心に活動したネオアコバンド。1992年結成、1998年解散。日高は元LD&K社員。1997年には、日高と岩原はビート・クルセイダースを結成(岩原は2000年脱退)。2006年頃から、ヒダカトオル、イワハラユキオ、カトウタロウ(2003年12月頃にビート・クルセイダースに加入)の3人はGALLOWとして活動開始。

ペットセット
[PETSET]
◆森山慎作(Vo.,G.,B.,Synth.,Prog.) / 本多優子(Vo.,Sax.,Flute,Dr.)
→森山慎作(Vo.,G.,B.) / 本多優子(Vo.Sax.Key.) / 市田有紀(Dr.,Per.)
▲2000.10.15 スティル・ライフ[still life] <CD MiniAl./VROOM SOUND/VRCD-3312>
▲2002.02.20 サウンド・スフィア[sound-sphere] <CD Al./VROOM SOUND/VRCD-3320>
▲2002.05.25 The Modern Adventure e.p <10"/VROOM SOUND/VREP-3322> ※限定777枚プレス
▲2007.12.19 Flow Motion,Feather Light <CD MiniAl./VROOM SOUND/VMSD-016>
●カラフルで、躍動感や清涼感に溢れたポップミュージック。

ペニー・アーケード
[PENNY ARCADE]
◆佐鳥葉子(Vo.) / 石田真人(G.) / 齊藤靖(B.) ※1985年クリスマスライヴ時
→佐鳥葉子(Vo.) / 石田真人(G.) / エコ[HATAKEYAMA EKO](B.) ※1986年デビューライヴ時
→佐鳥葉子(Vo.) / 石田真人(G.) / エコ[HATAKEYAMA EKO](B.) / 佐々木一紀(Dr.) ※1986年後半
→佐鳥葉子(Vo.) / 石田真人(G.) / エコ[HATAKEYAMA EKO](B.) / 佐々木一紀(Dr.) / 上野(Key.) ※1987年春時点
→佐鳥葉子(Vo.) / 石田真人(G.) / エコ[HATAKEYAMA EKO](B.) / 外村公敏(Dr.,Per.) ※1988年5月時点
→佐鳥葉子(Vo.) / 石田真人(G.) / エコ[HATAKEYAMA EKO](B.) / 外村公敏(Dr.,Per.) / 狩野高志(G.) ※1989年12月解散時
▲1987.07.-- A BOY FROM THE PENNY ARCADE <7"EP/PENTA/FBO-013>
▲1992.--.-- ペニー・アーケード[PENNY ARCADE] <CD Al,/
WONDER RELEASE
●1986年3月に結成されたギターポップバンド。
ペイント・ボックスの佐々木、アンナ・カリーナ(のちにグリムグリム)の外村らも参加。1989年12月の解散ライヴにはフリッパーズ・ギター小沢健二小山田圭吾が出演した。のち,石田はヴィーナス・ペーターを結成,佐鳥はマーブル・ハンモックに参加。1994年からは佐鳥はDAFFODIL-19を始動,外村も1997年に加入。のち,外村はブランキー・ジェット・シティーの浅井健一を中心とするユニットであるシャーベッツに参加。

ザ・ベネッツ
[THE BENNETS]
◆倉園佳三[倉富佳三](Vo.,G.) / 川口義之(G.,Sax.) / 堀井浩二(B.) / 久保田敏明(Dr.)
▲1989.--.-- プリフライト[PREFLIGHT] <Al./POP IND'S>
●1985年結成。60年代ガレージパンク、サイケデリックサウンドとビートルズの融合したような音。1992年頃解散。川口は、
ミスター・クリスマスにも参加。倉富佳三は1994年には、岡野ハジメ、泉水敏郎、DAKEとマダムピラニアを結成する。

ペネロープス
[PENELOPES]
◆渡辺達彦(Vo.,G.,B.) / 尚山忠志(G.,Vo.) / 渡辺稔(G.,Vo.) / 西山稔(Key.,Prog.,Vo.)
→渡辺達彦/宮田智種
▲1993.--.-- IN A BIG GOLDEN CAGE <Al./POR SUPUESTO>
▲1994.--.-- TOUCH THE GROUND <Al./RAIL[POR SUPUESTO]>
▲1997.--.-- KISS OF LIFE <Al./GREEN GOO>
▲1997.04.-- A PLACE IN THE SUN <Al./VAUDEVILLE PARK>
▲1999.11.-- INNER LIGHT <Al./VAUDEVILLE PARK>
▲2003.09.30 ETERNAL SPRING <Al./VAUDEVILLE PARK>
▲2006.09.15 SUMMERDEW AVENUE <Al./VAUDEVILLE PARK>
●SUUNYSIDEを前身に1990年より活動を開始した渡辺達彦を中心としたギターポップ・ユニット。4枚目のアルバム以降は渡辺達彦のプライヴェートレーベルであるボードヴィルパークレコーズより作品発表している。

ポイズン・ガール・フレン
[POISON GIRL FRIEND]
◆NORIKO
▲1992.05.21 MELTING MOMENT <Al./
ENDORPHIN[VICTOR]>
▲1993.07.21 シャイネス[SHYNESS] <Al./COLUMBIA>
▲1993.09.21 ミスター・ポリグロットREMIX[MR.POLYGLOT REMIX] <Remix Disc/COLUMBIA>
▲1994.12.01 ラブ・ミー[LOVE ME] <Al./COLUMBIA>
●リオ・デ・ジャネイロ育ちの日本人女性であるNORIKOによる個人ユニット。アンビエント・ハウスとフレンチ・ポップを基調に,彼女独自の繊細で官能的な音宇宙を展開する。このユニットでの活動後Norikoは、Kiss-O-Maticで活動。

暴力温泉芸者
[VIOLENT ONSEN GEISHA]
◆中原昌也
▲1995.04.05 QUE SERA,SERA(THINGS GO FROM BAD TO WORSE) <CD Al./RAIL>
▲1996.01.01 ティーンエイジ・ペットサウンズ[TEENAGE PET SOUNDS] <Maxi Sg./TRATTORIA[POLYSTAR]>
▲1996.01.17 OTIS <Al./RAIL[SUITE SUPUESTO<TOSHIBA EMI]>
▲1996.06.19 ネイション・オブ・リズム・スレイヴス[NATION OF RHYTHM SLAVES] <Al./TOSHIBA EMI>
▲1996.09.-- US TOUR '95 <-/JAPAN OVERSEAS>
●渋谷系のボス,小山田圭吾(
コーネリアス)が仕掛けたインチキムーヴメント"デス渋谷系"の主翼を担ったノイズユニット。映画評論,文学などの分野でも活躍。ヘア・スタイリスティックス名義でも作品を発表。

ボーイズ アンド ガールズ トゥギャザー
[boys & girls together]
▲1998.07.-- BOY MEETS SUMMER EP. <7"/LEFT BANK/LBRD-04>
▲1998.12.-- WHISTLING MAYFAIR E.P. <7"/
LEFT BANK/LBRD-06>
▲----.--.-- ORCHARD FULL OF ORANGE <7"/
LEFT BANK/LBRD-07>
▲2000.04.15 BOY MEETS SUMMER <Al./
LEFT BANK/LBCD-05>
▲----.--.-- WOULDN'T SAVE ME! <7"/CRUISIN'>

ボーイズ・ショートヘア
[BOY'S SHORT HAIR]

ブリッジの大橋伸行(ペイト)らが在籍したバンド。

ポータブル・ロック
[PORTABLE ROCK]
野宮真貴(Vo.) / 中原信雄(B.) / 鈴木智文(G.) / 宮田繁男(Dr.)
野宮真貴(Vo.) / 中原信雄(B.) / 鈴木智文(G.)
▲1985.11.25 QT <Al./TOKUMA JAPAN>
▲1987.06.25 ダンス・ボランティア[DANCE VOLUNTEER] <Al./TOKUMA JAPAN>
●のちに,
ピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカリストとして活躍する野宮真貴が1982年に結成したニューウェイヴユニット。

ザ・ポート
[THE PORT]
◆村上義人(Vo.,G.) / 西滝太(Key.) / 三島和樹(Dr.) / ITOH KOHZI(G.,B.)
→村上義人(Vo.,G.) / 西滝太(Key.) / 三島和樹(Dr.) / 大谷祥(B.)
▲1993.--.-- A BIRD AND ME... <EP/POR SUPUESTO>
▲1999.--.-- ミクロマクロ[MICRO MACRO] <Mini Al./CARP[BALCONY]>
▲2000.02.20 虹男[RAINBOWMAN] <Mini Al./CARP[BALCONY]>
●1992年に結成。ポスト・
フリッパーズ・ギター的なギターポップバンドとして注目を浴びる。1996年のITOHの脱退を経て,CARPよりの作品からは,サイファイ的なアプローチを試みている。

ポート・オブ・ノーツ
[PORT OF NOTES]
◆小島大介(G.) / 畠山美由紀(Vo.)
▲1997.04.25 ポート・オブ・ノーツ[PORT OF NOTES] <CD EP/
CRUE-L/KYTHMAK032D>
▲1998.05.23 With This Affection <CD/
CRUE-L/KYTHMAK032D/KYTHMAK043D>
▲1999.01.23 コンプレイン・トゥー・マッチ[COMPLAIN TOO MUCH] <Al./
CRUE-L/KYTHMAK049DA>
▲1999.07.30 MORE THAN PARADEISE <EP/
CRUE-L/KYTHMAK052D>
▲2000.05.31 さらば[SALAVAH] <EP/
CRUE-L/KYTHMAK058D>
▲2000.06.25 LILAC <EP/
CRUE-L/>
▲2001.05.30 ONE MORE BOURBON <EP/
CRUE-L/>
▲2001.06.30 DUET WITH BIRDS <Al./
CRUE-L/>
▲2001.09.08 END OF SUMMER EP <EP/
CRUE-L/>
▲2001.10.05 ONE MORE BOURBON <12"/
CRUE-L/>
▲2002.07.13 JOINT ADVENTURE <Al./
CRUE-L/>
▲2002.12.01 THOSE MY OLD DAYS <EP/
CRUE-L/>
▲2004.06.30 TRACE OF DREAM <Sg./
CRUE-L/>
▲2004.10.29 EVENING GLOW <Al./
CRUE-L/>
▲2005.01.01 DEAD ANGEL <12inch/
CRUE-L/>
▲2005.04.01 EVENING GLOW <12inch/
CRUE-L/>
ソウル・ボッサ・トリオなどにも参加する畠山美由紀がヴォーカルをつとめる男女デュオ。畠山、小島(DSK)それぞれ、ソロでも作品をリリース。

polyABC
[POLY ABC]
◆アベ マサト[阿部将人](G.,Dr.,Vo.) / コバヤシ ノリコ(Vo.)
→アベ マサト(G.,Dr.,Vo.) / コバヤシ ノリコ(Vo.) / ナオミチ(B.) <2002.06 ナオミチ加入>
→アベ マサト(G.,Dr.,Vo.) / コバヤシ ノリコ(Vo.) / ナオミチ(B.) / 山崎裕一郎(Dr.) <2003.10 山崎裕一郎加入>
→アベ マサト(G.,Dr.,Vo.) / コバヤシ ノリコ(Vo.) / ナオミチ(B.) / 山崎裕一郎(Dr.) / 大海リョウ(G.) <2006.03 大海リョウ加入>
▲2002.04.20 ONE HUNDRED TO LOVE BIRDS <Al./LD&K>
▲2003.11.26 HOMING PIGEON <Al.LD&K>
▲2006.11.15 IMPRINT**** <Al.>
●1999年に、元ナイスマーブルズのアベらによって結成された前身ユニットを母体に2000年ごろから活動を開始したポップユニット。ギターポップでニューウェイヴで。

ボノボ
[bonobos]
◆蔡忠浩(Vo.,G.) / 佐々木康之[コジロウ](G.) / 森本夏子(B.)/辻凡人(Dr.) ※2001年8月に左記のメンバーに落ち着く。
→蔡忠浩(Vo.,G.) / 佐々木康之[コジロウ](G.) / 森本夏子(B.)/辻凡人(Dr.) / 1240000[イヌジマン](PA) ※2001年12月、1240000が専属PAとしてメンバーに
→蔡忠浩(Vo.,G.) / 佐々木康之[コジロウ](G.) / 森本夏子(B.)/辻凡人(Dr.) / 松井泉(Per.) / 1240000[イヌジマン](PA) ※2002年5月、松井泉加入
→蔡忠浩(Vo.,G.) / 佐々木康之[コジロウ](G.) / 森本夏子(B.)/辻凡人(Dr.) / 松井泉(Per.) ※2002年秋、1240000がメンバーとしては脱退、以降もPAとしてbonobosにかかわる
→蔡忠浩(Vo.,G.) / 佐々木康之[コジロウ](G.) / 森本夏子(B.)/松井泉(Per.) ※2003年春、辻凡人脱退
→蔡忠浩(Vo.,G.) / 佐々木康之[コジロウ](G.) / 森本夏子(B.)/辻凡人(Dr.) / 松井泉(Per.) ※2005年1月、辻凡人再加入
▲2003.04.04 DEMO-COMPACT-DISC <CD Sg./OR GLORY/GLOR-0003>
▲2003.05.28 HEADPHONE MAGIC <CD MiniAl./OR GROLY/GLOR-0004>
▲2003.07.31 BONOBOS IN DUB(HEAD PHONE MAGIC REMIXES) <Analog/OR GLORY/GLOR-0005>
▲2003.10.01 もうじき冬が来る <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5003>
▲2004.01.21 WATER <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5004>
▲2004.03.03 HOVER HOVER <CD Al./DREAMUSIC/MUCT-1007>
▲2004.08.25 あの言葉、あの光 <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5009>
▲2004.09.01 WATER <7"/OR GLORY/GLOR-0009>
▲2004.11.25 今夜はGROOVE ME <CD Sg.+DVD/TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-9001> ※初回限定盤
▲2004.11.25 今夜はGROOVE ME <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5011> ※通常盤
▲2005.05.11 THANK YOU FOR THE MUSIC <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5014>
▲2005.06.01 ELECTLYRIC <CD Al./DREAMUSIC/MUCT-1013>
▲2005.08.26 DISCO 33 <12"/OR GLORY/GLOR-7002>
▲2005.11.23 GOLDEN DAYS <CD MiniAl./DREAMUSIC/MUCT-1015>
▲2006.04.19 BEAUTIFUL <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5016>
▲2006.05.24 あ、うん <CD Al./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-1017>
▲2006.11.01 STANDING THERE 〜いま、そこに行くよ〜 <CD Sg./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-5017>
▲2006.11.01 や、おん 〜Live at 日比谷野音〜 <DVD/TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUBT-1002>
▲2008.01.30 Pastrama -best of bonobos- <2CD+DVD/TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-8003> ※初回限定盤
▲2008.01.30 Pastrama -best of bonobos- <CD Al./TEENAGE SYMPHONY[DREAMUSIC]/MUCT-1020> ※通常盤
●2001年8月に大阪で結成されたダブポップ・バンド。フィッシュマンズ直系のサウンドはあたたかく開放感のある展望を聴く者に感じさせてくれる。

ビーズ・ロッキン・チェア
[BOBBIE'S ROCKIN'CHAIR]
◆石山哲也/森本和輝/鈴木望/YOSHIMURA TAKESHI/SONE YUMIKO/MIYAKE JUNYA
▲1997.--.-- LOVE CAN MAKE YOUR MIND <7"/
LEFT BANK/LBRD-02>
▲1998.--.-- YOUNG FRIENDS <7"/
LEFT BANK/LBRD-05>
▲2000.05.25 YOUNG FRIENDS <CD MiniAl./
girly records[LD&K]/GRCD-001> ※1998年の7"に1曲追加してCD化
▲2004.--.-- ...LIKE NOTHING ELSE YOU EVER TASTED <CD Al./BEATBALL/BEAT-2> ※韓国で発売になった既発表曲9曲を収録した編集盤
●聴いているこちらが照れくさくなるほどに青春ど真ん中なネオアコでソフトロックなサウンドを作り出すグループ。1995年、フリンジカットシックスティーズとして活動開始、後にボビース・ロッキン・チェアと改名。

ポプシクル
[POPSICLE]
◆吉田寛(Dr.) / 関美彦(B.) / 三浦雅夫(E.G.) / 大坪宏子(Key.) / 手塚文隆(Key.) / 佐藤宏信(Sax) / 高橋ひろ(Vo.) ※1984.04〜1989.07
→吉田寛(Dr.) / 関美彦[関スカシ](B.) / 三浦雅夫(E.G.) / 手塚文隆[砧直行之助](Key.) / 古川真樹[町田プリン](Per./Cho.) / 佐藤宏信(Sax/Cho.) / 高橋ひろ(Vo./A.G.) ※1989.08〜1992.01
▲----.--.-- POPSICLE <CD/三木プロダクション/MKP-001>
01. 君に幸あれ、僕に福あれ (Version 2)
02. おおかみ型
03. 尻軽女
04. プリンチャンひとりかごの中 (BUDDAH ONLY KNOWS)
05. 星犬ピューター (1)
06. ベッドでギャロップ
07. バナナでごきげん
08. 星犬ピューター (2)
09. VEGETABLES
10. マーガレット
11. パティオでドッキリ
12. HAPPY TALK
13. Sandy!
14. サドン・デス − 荒くれ男 −
15. ママがくじらをつれてきた
16. 名前はまだない
17. 木馬の日々 − 悲しい前夜祭 −
18. サーフサイズ
19. 君に幸あれ、僕に福あれ (Version 1)
▲1997. 04. 21 HERE COMES THE POPSICLE MAN! <CD/SOUNDASIA/XYPA-00004> ※M10 ■は王ヘンに真
01. サーフサイドモーメント
02. ヒロコ 30°C
03. 別れのブランチ
04. ストロベリーミントグラフィティ
05. 悲しきベジタリアン
06. 月光
07. タンブリンマン
08. St.ケーキ樽
09. キッスエンドラン
10. ■淋
11. Down Town チェリー
●1984年4月、高橋ひろ[高橋裕幸]、関美彦を中心に結成。1987年4月に高橋ひろがチューリップに加入するに伴い活動を休止。1989年7月のチューリップ解散に伴い、1989年8月よりメンバー編成を変え活動再開。高橋と関の関係が悪化したことが原因となり、1992年1月に解散。関は以後、ルーフ、Heaven Bound、バター・フィールドなどで活動する。高橋は、1993年11月19日にアルバム『君じゃなけりゃ意味ないね』、シングル『いつも上機嫌』でメジャー・デビュー。

ホフディラン
[HOFF DYLAN]
◆シン・ワタナベイビー(渡辺慎) / テンフィンガー・ユウヒ(小宮山雄飛)
▲1996.07.03 スマイル <Sg./PONY CANYON>
▲1996.11.01 マフラーをよろしく <Sg./PONY CANYON>
▲1996.12.16 多摩川レコード <Al./PONY CANYON>
▲1997.03.21 学園白書 <Maxi Sg./PONY CANYON>
▲1997.07.02 恋はいつも幻のように <Sg.>
▲1997.08.20 ワシントン C.D.[Washington,C.D.] <Al./PONY CANYON>
▲1997.11.07 コジコジ銀座 <Sg./PONY CANYON>
▲1998.03.18 遠距離恋愛は続く <Sg./PONY CANYON>
▲1998.07.01 欲望 <Sg./PONY CANYON>
▲1998.08.05 ホフディラン <Al./PONY CANYON>
▲1998.11.06 極楽はどこだ <Sg./PONY CANYON>
▲1999.03.13 STAND <Sg./PONY CANYON>
▲2000.10.21 長い秘密 <Maxi Sg./COLUMBIA>
▲2001.01.10 JAILHOUSE HITS <Best Al./PONY CANYON>
▲2001.02.21 TO THE WORLD <Maxi Sg./COLUMBIA>
▲2001.04.25 31ST CENTURY ROCKS <Al./COLUMBIA>
▲2001.07.20 MY THING <Sg./COLUMBIA>
▲2001.12.08 GET READY!! <Sg./COLUMBIA>
▲2002.05.22 PSYCHO POP KILLER BEE <Al./COLUMBIA>
▲2002.11.01 OFF DYLAN <Best Al./COLUMBIA>
▲2002.11.01 ふさわしい人 <Sg./COLUMBIA>
▲2007.03.21 はじまりの恋 <Maxi Sg./AER-BORN>
●1994年、渡辺慎と小宮山雄飛で結成。2002年11月12日、活動休止。渡辺はワタナベイビー、雄飛はBANK$で活動。2006年9月30日、日比谷野音で開催のイベント『SET YOU FREE〜SUMMER FESTA2006』にホフディランとして出演、約4年ぶりに活動を再開。

ラリス
[POLARIS]
◆大谷友介[オオヤユウスケ](Vo.,G.) / 柏原譲(B.)
→大谷友介[オオヤユウスケ](Vo.,G.) / 柏原譲(B.) / 坂田学(Dr.) <2001.03 坂田学が正式加入>
→大谷友介[オオヤユウスケ](Vo.,G.) / 柏原譲(B.) <2005.03.25 坂田学が脱退>
▲2001.11.07 ポラリス[POLARIS] <Mini Al./FAMILYSONG>
▲2002.06.05 TIDE <Mini Al./FAMILYSONG>
▲2002.11.07 HOME <Al./FAMILYSONG>
▲2003.06.04 深呼吸 <Sg./FAMILYSONG>
▲2003.09.03 檸檬 <Sg./FAMILYSONG>
▲2003.11.06 FAMILY <Al./FAMILYSONG>
▲2004.09.02 COSMOS <Mini Al./FAMILYSONG>
▲2005.05.11 月の恋人 <Sg./FAMILYSONG>
▲2005.08.03 UNION <Al./FAMILYSONG>
▲2006.03.15 音色〜21世紀初期の厳選曲たち <Best Al./FAMILYSONG>
▲2006.10.04 空間 <Al./FAMILYSONG>
●2000年11月、元
ラブライフの大谷友介と元フィッシュマンズの柏原譲によって結成。2001年3月にドラマー坂田学が正式加入。坂田学は2005年3月25日をもって脱退。

ホワイト・カム・カム
[WHITE COME COME]
◆衣笠理洋(Vo,G) / 法村洋美(B,Vo) / 笠行弘和(G) / 楠部嘉久(Dr,Per)
▲1992.06.25 SKIN <CD EP/
POR SUPUESTO/STAP-0206>
●1991年3月に大阪で結成されたシューゲイザー系バンド。同年11月には、結成8ヶ月でありながら、マイ・ブラディ・バレンタインの前座をつとめて話題となる。本バンドを結成する前は、法村は60's調サイケ、衣笠はハードコア・パンク、楠部は(衣笠とともに)アヴァンギャルドなサイケデリック・ロック、といったカラーのバンドを経験しており、その音楽性がこのバンドの音楽性に少なからず反映されている。

ボンジュール
[BONJOUR]
◆uto shun-no-suke (G.,Vo.) / oka shintaro (Dr.,Cho.,MC) / kohri tomoko(Tp.,Vo.)nakamoto koichiro (AS,Cho.,MC) / matsuyama suzuko (Tb.,Vo.) / misawa masanori (Key.,Prog.,Vo.) / ikeda tsutomi (Surf)
▲2001.07.07 ボンジュール[bonjour] <CD Al./FAIRGROUND RECORDS/FGCD-0001>
▲2002.10.26 オンセン・ビーチ・ドライヴ[onsen beach drive] <CD MiniAl./FAIRGROUND RECORDS/FGCD-0002>
●1995年に結成された、ソフト・ファンク・バンド。wack wack rhythm bandのsunny(野沢徹)主宰レーベルFAIRGROUND RECORDSから作品をリリース。聴くほどに、心と体がアツくなるパーティー・サウンド。

[go to index] [toppage of KKK]