[Q]
-めんたいロック年表(1970〜1984)-

この年表は、サンハウスが結成された1970年からの15年間の、いわゆる「めんたいロック」と呼ばれる福岡を軸とするロック・シーンの動向を年表形式でまとめたものです。(なお、1984年で区切ったのには特に深い意味はありません。あしからず。)

資料: L-MOTION

BLUE JUG Records / CHAMELEON / JUKE RECORDS / KINGS WORLD RECORDS / KPP Records / MRP / phonic RECORDS / PORTRAIT RECORDS / ROCKTRIP / SEX RECORDS / SS Company / Noisy Zone Records / Violent Party Records / 東芝EMI FL-6000番台

  福岡周辺のロックの動き フォーク、歌謡曲、福岡以外の九州の動きなど関連項目
1970
/S45
エフエム福岡開局。(7/15)
元キースの菊[柴山俊之]と元アタックの鮎川誠・篠山哲雄の3人を中心にサンハウスが結成。(12月)
山部善次郎らにより、田舎者が結成。
天神にフォーク喫茶、照和が開店。(11/21)
1971
/S46
バイキングの浜田卓がサンハウスに加入。(4月)
ぱわぁはうす開店。
武田鉄矢・中牟田俊男・千葉和臣の三人で、海援隊が結成。(10月)
田中昌之が長崎県佐世保でクリスタルキングの前身バンド、クロスロードを結成。
1972
/S47
井上まさるが春風馬亭を始動。
佐藤清二、アキラ、久保山敬一、永田善博の4人でミルク[MILK]結成。
花じゃむ開店。
アンドレ・カンドレから改名した井上陽水、この名義でのデビュー・シングル「人生が二度あれば」(ポリドール)をリリース。(3/21)
ウィッシュ、デビュー・シングル「御案内」(ワーナーパイオニア)リリース。(9月)
1973
/S48
サンハウスよりベーシストの浜田卓が脱退、まもなく後任として奈良敏博が加入。(1月)
森山達也、浅田猛らにより開戦前夜が結成される。
緋紋章が活動開始。
ミルク[MILK]解散。
チューリップ、サード・シングル「心の旅」をリリース。(4/20)
井上陽水、サード・アルバム『氷の世界』(ポリドール)リリース。(12/1)
ザ・フライング・エレファンツ結成。
1974
/S49
久留米にてリンドンが結成。
サンハウスよりドラマーの石岡賢一が脱退。(2月)
活動休止中だったブローク・ダウン・エンジンの坂田紳一[鬼平]がサンハウスにドラマーとして加入。(3月)
リンドン、デビュー・シングル「陽気な雨」をリリース。(5月)
開戦前夜に白浜久、川島一秀が加入、THE MOZZ(第1期ザ・モッズ)に発展する。(5月)
福岡市九電記念体育館 にて
第1回L-MOTIONが開催。(8/1)
春風馬亭に中村こうじ[中村晃二]が参加。
久留米にて、石橋秀樹[のちの石橋凌]がアップル・ツリーを始動。
アップル・ツリー(石橋秀樹(Vo.)、久保田英嗣(G.)、岩崎修(Key.)、中島浩(Dr.)、牛島隆夫(B.))がシングル「待ちぼうけ」(ミリオン)をリリース。
MILK解散。
北九州市若松区でDobb[倉掛信彰]とHIDE[倉掛英彰]の倉掛兄弟を中心にニュードブ[NEW DOBB]が結成。
甲斐よしひろらにより甲斐バンド結成。(5月)
甲斐バンド、デビュー・シングル「バス通り」リリース。(11/4)
1975
/S50
山部善次郎、坂東嘉秀、浅田猛、川崎芳弘、角野一人の5人によりスマイル結成。
サンハウス、自主制作シングル「地獄へドライブ/キングスネークブルース」をリリース。(1月)
サンハウス、アルバム『有頂天』(ブラック)でメジャー・デビュー。(6/25)
福岡市九電記念体育館 にて
第2回L-MOTIONが開催。(8月)
大内義昭、江尻利行によりWAYが結成。(10月)
北九州にて、大江慎也、池畑潤二によりバラ族が結成される。
THE MOZZより浅田猛、川島一秀が脱退しサンハウスに加入、THE MOZZ(第1期ザ・モッズ)は解散。
陣内孝則、北里晃一らによりシューティング・スターが結成。
穴井貴恵らによりハキハキシスターズ結成。
ラムがアルバム『ラム・フライ』(ポリドール)でデビュー。(8月)
クリスタルキング結成。
1976
/S51
天神コア開店。(6/5)
サンハウス、セカンド・アルバム『仁輪加』(ブラック)リリース。(6/25)
能古島アイランドパーク にて第3回L-MOTIONが開催。(10/10)
サンハウスより篠山哲雄が脱退。(12月)
山部善次郎、坂東嘉秀、井上克之、角野一人によりドリル結成。
元シューティング・スターの陣内孝則らによりロッカーズが結成。
森山達也、北里晃一、白浜久、七田、黒田により、THE MODS(第2期ザ・モッズ)結成。
花田裕之、南浩二らにより自慰獣結成。
CRAZYを母体にシュールモア結成。
博多にて松尾清憲と中原安弘(ex.緋紋章)の2人がシネマを結成。
西田恭平、シングル「鐘」でデビュー。
有馬エリ、デビュー・シングル「化石」リリース。
ウイッシュ解散。
1977
/S52
リンドンが新宿ルイードにて解散。(2/3)
石橋凌(元アップル・トゥリー)、KEITH、田中一郎(元リンドン)、エンマ、宮城伸一郎の5人により、アレキサンダー・ラグタイム・バンドが結成。(春)
タウン誌『シティ情報ふくおか』創刊。(9月)
サンハウスより、坂田紳一[鬼平]と奈良敏博が脱退。(秋)
能古島アイランドパーク にて第4回L-MOTIONが開催。(10/9)
ダイナマイト・ゴーン結成。
ドリル解散。
バラ族解散。
伊藤薫(元リンドン)が板倉雅夫らとHOT MENUを結成。同年解散。
レコード店、JUKE RECORDSがオープン。
西本眞也が福岡市中央区今泉に徒楽夢をオープン。
長渕剛、デビュー・シングル「雨の嵐山」(ビクター)リリース。(2/25)
ノバ、デビュー・シングル「風のなかで」(ビクター)リリース。
ラム解散。
1978
/S53
サンハウス、ライヴ・アルバム『ドライヴ』をリリース。バンドはこの日に解散。(3/25)
佐谷光敏、小林潤一、苣木寛之、辻川正人、梶浦雅裕、高野尚登の6人でモダンドールズ結成。(春)
THE MODSが、つま恋エキジビションホールで行われたヤマハ主催「第15回 ポピュラーソングコンテスト」全国大会に出場。(5/7)
福岡スポーツセンターにて
第5回L-MOTIONが開催。(7/29・30)
モダンドールズよりギタリストの小林潤一が脱退。(夏)
元リンドンの田中信昭らによりザ・レイン結成。(夏)
アレキサンダー・ラグタイム・バンド、デビュー・シングル「野良犬」(ビクター)をリリース。(10/25)
シーナ&ザ・ロケッツ、デビュー・シングル「涙のハイウェイ/恋はノーノーノー 」(エルボン)をリリース。(10/25)
井上まさる(元春風馬亭)、ルーク寺島(元レルタ・リズムエアー)、安部ひとし(元レルタ・リズムエアー、元ピンボール)らによりフル・ノイズが結成。(秋)
元春風馬亭の中村こうじらによりトライ・ゴーンが結成。
メンバーの脱退にともない、THE MODS(第2期ザ・モッズ)解散。
白浜久がThe Zigyを始動。
HKT-PIRATES結成。
元ハキハキシスターズの穴井貴恵らによりウインド・ブレーカーズが結成。
自慰獣解散。
ぱわぁはうす閉店、ダークサイド・ムーンへ引き継ぐ。
永井龍雲、デビュー・シングル「想い」リリース。(3/25)
長渕剛、セカンド・シングル「巡恋歌」(東芝EMI)リリース。(10/5)
フォーク喫茶、照和が閉店。(11/30)
甲斐バンド、シングル「HERO(ヒーローになる時、それは今)」リリース。(12/20)
1979
/S54
大江慎也、池畑潤二、花田裕之、南浩二の4人により人間クラブが結成。(1月)
ザ・レイン活動休止。(2月)
おっしょい活動開始。(2月)
シーナ&ザ・ロケッツ、ファースト・アルバム『#1』(エルボン)リリース。(3/25)
モダンドールズから苣木寛之、梶浦雅裕が脱退。
元トライ・ゴーンのせいやらによりダイナマイト・ゴーン結成。
映画『狂い咲きサンダーロード 』のサウンドトラックの制作にかかわった森山達也、北里晃一、苣木寛之、梶浦雅裕の4人編成でTHE MODS(第3期ザ・モッズ)が始動。
ARB、ファースト・アルバム『ARB』(ビクター)リリース。(5/25)
徒来夢がライヴハウスとして営業開始。(5月)
アウト・オブ・オーダー結成。(春)
音楽情報誌『Blue Jug』が創刊。(7月)
福岡スポーツセンターにて
第6回L-MOTIONが開催。(7/28・29)
人間クラブ解散。(8月)
大江慎也、花田裕之、井上富雄、池畑潤二の4人によりルースターズが結成。(10月)
ARBが所属事務所から独立、それにともない宮城とエンマが脱退。(10月)
ARBが石橋凌、KEITH、田中一郎の3人編成で、シングル「魂こがして / Tokyo City は風だらけ」(ビクター)をリリース。(10/25)
シーナ&ザ・ロケッツ、セカンド・アルバム『真空パック』(アルファ)リリース。(10/25)
元リンドンの田中信昭らによりハートブレイク・バンド結成。
ライヴ・ハウス、80'Sファクトリーが開店。
北九州にて、中野生一、中川精太らによりポンパドール結成。
ルーズ[LOOSE]結成。
チャゲ&飛鳥、デビュー・シングル「ひとり咲き」リリース。(8/25)
武田鉄矢主演ドラマ『3年B組金八先生』(TBS)放送開始。(10/26)
クリスタルキング、デビュー・シングル「大都会」(キャニオン)リリース。(11/21)
チューリップから上田雅利が脱退。
1980
/S55
ARBのベーシストとして野中サンジが加入。(1月)
ハートブレイク・バンドが東京に拠点を移す。(2月)
EX、ファースト・アルバム『Exhibition』をポリスター内に設立されたレーベル、カメリアレコードより発売。(3/21)
ルースターズ、ロック・ステディの「ロック・ファンクション」全国大会で最優秀グランプリを獲得。(4/1)
シネマがシングル「グッバイ・ハートブレイク c/w 電話・電話・電話」でCBSソニーよりメジャー・デビュー。(4月)
ARB、セカンド・アルバム『BAD NEWS』(ビクター)リリース。(5/21)
ハートブレイク・バンドに石田清巳が加入、バンド名をザ・レインに再び改める。(5月)
山口洋らによりヒートウェイヴが結成(5月)。
九州大学の学生3人により奥様メモ結成。(6月)
福岡スポーツセンターにて
第7回L-MOTIONが開催(8/10)。
ザ・ロッカーズ、ファースト・アルバム『WHO TH eROCKERS』(キャニオン)リリース。(9/21)
シーナ&ザ・ロケッツ、サード・アルバム『チャンネル・グー』(アルファ)リリース。(10月)
九州大学箱崎工学部内にて「箱崎祭」開催、ウインドブレイカーズ、ルーズ、サイコヘルパーズ、ハートビート、ベガーズハウスバンド、火縄銃、フルノイズ、NORI & MATSUOKA、ダイナマイトゴーンが出演。この日のライヴ音源はのちに『箱崎祭ROCK FES.LIVE』としてレコード化。(11/23)
ルースターズ、ファースト・アルバム『ザ・ルースターズ』(コロムビア)リリース。(11/25)
THE MODS、活動拠点を東京に移すため、博多でのラストライヴを80'Sファクトリーにて開催。
北九州にて、浅川三四郎を中心に、三四郎一家が結成。
化猫を中心にのちのグラスの母体となるグラス・スピリッツが結成。
山口県長門市でアンジーが結成。
The Zigy活動休止。
福岡スポーツセンター(のちのソラリアプラザ)でライヴ・イベント「JUMPING JAM」が開催。
元カルコークの角英明(Vo./G.)と小川秀人(G.)の2人に森山誠二(B.)、二宮雅之(Dr.)を加え、フロム80が始動。
DUM DUM BOYS解散。
仁井まさお、シングル「愛の行方」、アルバム『回帰線』でデビュー。(5月)
藤井郁弥と武内亨によりチェッカーズが結成。
来夢来人解散。
上田雅利を中心にTONYが結成。唯一のアルバム『ブルーグレイ』(キング)をリリース。
1981
/S56
内川哲也(Dr.)、山下直樹(B.)、山口完二(G.)の3人によりMEN-2ND結成。(1月)
SWAP結成。(2月)
ARB、サード・アルバム『BOYS&GIRLS』(ビクター)リリース。(3/21)
ザ・ロッカーズ、セカンド・アルバム『COME ON』(キャニオン)リリース。(3/21)
ダンス[DANCE]結成。(3月)
シークレッツ結成。(4月)
THE MODS、ファースト・アルバム『FIGHT OR FLIGHT』(ソニー)リリース。(6/21)
ルースターズ、セカンド・アルバム『ザ・ルースターズ・ア・ゴーゴー』(コロムビア)リリース。(6/25)
福岡サンパレスにて第8回L-MOTIONが開催(8/29・30)。
シーナ&ザ・ロケッツ、通算4枚目のアルバム『Pin-up baby blues』(アルファ)リリース。(9/5)
ザ・ロッカーズ、サード・アルバム『SHAKIN'』(キャニオン)リリース。(9/21)
MEN-2NDより山口が脱退、代わってTINA(Noise)が加入。(9月)
MEN-2NDが久留米にて「アナザー・サイド・ギグ」を始動。(9月)
THE MODS、セカンド・アルバム『NEWS BEAT』(ソニー)リリース。(10/21)
北九州市でUP-BEAT UNDERGROUNDが結成。(11月)
ARB、通算4枚目のアルバム『指を鳴らせ!/Snap Your Fingers』(ビクター)リリース。(11/21)
ルースターズ、サード・アルバム『INSANE』(コロムビア)リリース。(11/25)
ザ・ロッカーズ、通算4枚目のアルバム『HANKY PANKY〜POP COME BACK』(キャニオン)リリース。(12/5)
ザ・ロッカーズより鶴川仁美、穴井仁吉が脱退。(年末)
桐明孝治らによりTHE KIDS[ザ・キッズ]結成。
ウインド・ブレーカーズのメンバーであった穴井貴恵、高倉隆、大田黒恵美の3人に長尾慎一郎を加えた4人によりマーキーズ結成。
ニュードブ活動休止。
シネマ解散。
金尾義郎&WEST、シングル「東京トゥナイト」でEPIC SONYよりデビュー。(4/21)
熊本にて、たけのうちカルテット(第1期)が結成。(7月)
西松一博、デビュー・アルバム『GOOD TIMES』(ビクター)発売。
1982
/S57
ルースターズの別ユニット、1984が始動。(年初)
MEN-2ND、自主制作カセット『01』発売。(1月)
鮎川誠、ファースト・ソロ・アルバム『クール・ソロ』(アルファ)リリース。(2/21)
劇中バンドであるバトルロッカーズらの音源を収録した『爆裂都市 (BURST CITY) オリジナルサウンドトラック』発売。(3/5)
映画『爆裂都市 BURST CITY』公開。(3/13)
天神ビブレ21開店。(3/20)
ザ・レインがザ・バッヂに改名。(3月)
稲益守を中心にスーパースカンツ[SUPER SKANTS]が結成。(3月)
80'Sファクトリー閉店。(3/31)
スワンキーズ結成。(4月)
北九州でネオ・ミュージアムが結成。(4月)
高校卒業にともない、ヒートウェイヴより山口以外のメンバーが全員脱退。(4月)
1984、新宿ロフトにてライヴ・デビュー。(5/15)
ラベリッシュ結成。(5月)
ARB、通算5枚目のアルバム『W』(ビクター)リリース。(6/21)
ザ・ロッカーズ解散。(6月)
SWAP、MEN-2NDにより、第1回の「パフォーマンス・ギグ」が開催、以降シリーズ化。(6月)
フル・ノイズ、シングル「スライダー / フライト・ココ」(ギャング・プレス・レコード)をリリース。(6月)
ザ・バッヂがデビュー・シングル「ふたりのフォトグラフ」(テイチク)をリリース。(7月)
福岡サンプラザにて第9回L-MOTIONが開催。(8/7・8)
ヒートウェィヴに中原英司(Vo.)が加入。(8月)
THE MODS、サード・アルバム『LOOK OUT』(ソニー)リリース。(9/22)
スタイルズ解散。(9月)
ME♀SS[メス]結成。(9月)
ヒートウェイヴに増永尚喜、大島正嗣が加入。(10月)
西島祐次(のちの武田祐次)らによりフェイクス[THE FAKES]結成。(11月)
シーナ(シーナ&ザ・ロケッツ)、ファースト・ソロ・アルバム『いつだってビューティフル』(アルファ)リリース。(12/26)
ソルジャー結成。(12月)
スマイリー原島らによりジ・アクシデンツが結成。
アンジーが活動拠点を福岡に移す。
福岡スポーツセンター(のちのソラリアプラザ)で第2回目となるライヴ・イベント「JUMPING JAM」が開催。
出渕亮一郎によるソロユニット、キャットドッグ[CATDOG]のファースト・カセット『Lemondog』(
D.D.Records)がリリース。
タモリ司会『森田一義アワー 笑っていいとも!』放送開始。(10/4)
鹿児島にてTHE W[ダブル]結成。
1983
/S58
ジスイズ[ZISIZ]解散。(1月)
ラベリッシュ、自主カセット『LABBERISH』をリリース。(3月)
アウト・オブ・オーダーが解散。(3月)
MAMYが活動開始。(3月)
ARB、通算6枚目のアルバム『トラブル中毒』(ビクター)リリース。(4/21)
THE MODS、ミニ・アルバム『GANG ROCKER』(ソニー)リリース。(4/21)
ジャンキー・ヒップ・シェイク結成。(4月)
泯比沙子、具嶋直子と特殊学級を結成。(4月)
内田隆典を中心「に流異が結成。(5月)
久留米にてローリング・ソバット結成。(5月)
白(KURO)、ソノシート「白」を
BLUE JUG Recordsより限定1000枚リリース。(6/21)
サンハウス再結成。(6月)
ルースターズにギタリストの下山淳、キーボードの安藤広一が加入。同時期にドラムの池畑潤二が脱退、代わって灘友正幸が加入。(6月)
西尾芳彦がヴォーカルをつとめたVOICEが活動開始。(6月)
元ジスイズの水永達也らによりセルロイド[THE CELLULOID]が結成。(7月)
ザ・キッズ、カセット『NOISE』をリリース。(7月)
サンハウス、日比谷野外音楽堂にて再解散ライヴを行う。ゲストにARB、ルースターズが参加。(9/23)
ゴジラ[THE GODZILLA]結成。(9月)
ARBより田中一郎が脱退。(9月)
特殊学級解散。(9月)
ルースターズ、通算4枚目のアルバム『DIS.』(コロムビア)リリース。(10/21)
THE MODS、通算4枚目のアルバム『HANDS UP』(ソニー)リリース。(11/21)
モダンドールズ、
BLUE JUG Recordsよりソノシート「浮気なジャングルビート」をリリース。(12月)
斉藤光浩がARBの正式メンバーとなる。(12月)
富成哲(元アウト・オブ・オーダー)、久野弘恵により、博多にてあけぼの印が結成。
甫足正彦、ボーダーラインレコードを設立。
元スタイルズのマサらによりモード・メーカー結成。
アンジーからギタリストの植中ぼんじが脱退。代わって嶋尾ジョージが加入。
倉掛英彰、倉掛英彰、内野嘉丞、村上敏行、仲道弘高、岩尾伸二の編成でニュードブが再始動。
北九州市小倉にてAGGRESSIVE DOGS[アグレッシブドッグス]が結成。
THE KICKS[ザ・キックス]結成。
小森田実&ALPHA、シングル「フォリナー / ローマの平日」でデビュー。(7/13)
火縄銃のメンバーを母体に唐津にてボーン・トゥ・ルーズが結成。(7月)
チェッカーズ、デビュー・シングル「ギザギザハートの子守唄」リリース。(9/21)
宇佐元恭一、シングル「人生晴れたり曇ったり c/w 片道切符」でデビュー。(9/25)
岩切みきよし、シングル「春になれば」でデビュー。
1984
/S59
白(KURO)、8インチEP「Who The Helpless」をBLUE JUG Recordsよりリリース。(2/25)
ザ・キッズ、ビブレホールでファースト・ソロ・コンサートを開催。(2月)
ヒートウェイヴより増永尚喜(G.)が脱退。(2月)
ザ・ロケッツ、アルバム『ロケット・サイズ』(ビクター)リリース。(3/21)
ヒートウェイヴ、初のオリジナル・カセット「HEAT WAVE vol.1」をリリース。(3月)
井上富雄らにより、Blue Tonic & The Gardenが結成。(3月)
MAMY、奥様メモ、アウト・オブ・オーダー、ラベリッシュ、SWAP、ネオ・ミュージアム、スーパースカンツの音源を収録したカセット『めんたい狂騒曲 -Stage9th-』(ビーセラーズ)発売。(4/1)
ルースターズ、通算5枚目のアルバム『GOOD DREAMS』(コロムビア)リリース。(4/21)
アクシデンツ、ファースト・アルバム『Nite Time』をリリース。(4/25)
池畑潤二を中心にLED STICK & SPECTERSが結成。(4月)
日の丸ファクトリー結成。(4月)
内田達也(元スーパースカンツ)と進藤浩一(元ファンクラブ)を中心にザ・メッセンジャーズ結成。(4月)
ヒートウェイヴより中原英司(Vo.)が脱退(以降、山口がヴォーカル兼任)。(4月)
流異結成。(5月)
ヒートウェイヴに渡辺圭一が加入。(5月)
ビブレ・ホールで開催された「69 Wave」のステージを最後にダンスが解散(6/10)。
徒楽夢での公演をもってヘビー・ムーンが解散。そして、共演した流異のボーカルがこの日よりローラーから松尾麻織に交代、またドラマーの伊藤弘一郎がこの日のステージを最後に脱退(6/17)。
THE MODS、ライヴ・アルバム『JAIL GUNS』(ソニー)リリース。(6/21)
音楽情報誌『BEATMAKS[ビートマックス]』創刊。(6月)
UP-BEAT UNDER GROUNDがUP-BEATに改名し再始動。(6月)
スーパー・スカンツ解散。(6月下旬)
福岡スポーツセンター(のちのソラリアプラザ)で第3回目となるライヴ・イベント「JUMPING JAM」が開催。アクシデンツ、キッズ、フル・ノイズ、ゴジラ、グラス、アップビート、アンジーらが参加。(8/5)
元ロッカーズの鶴川仁美を中心にパラドックス・ターキーが結成。(夏)
ARB、通算7枚目のアルバム『YELLOW BLOOD』(ビクター)リリース。(9/21)
クッキージャム、ウェイを経た大内一記(のちの大内義昭)と江尻利行によるDU-PLEX[ドゥ・プレクス]がシングル『Human Woman[ヒューマン・ウーマン]c/w 素直になりたくて』(CBS SONY)でメジャー・デビュー。(9/21)
シーナ&ザ・ロケッツ、通算5枚目のアルバム『New Hippies』(ビクター)リリース。(11/21)
VISUAL[ヴィジュアル]結成。(11月)
アンジーがカセットマガジン『木偶の坊』をリリース。(12月)
1984年8月5日に開催された「JUMPING JAM」の音源を収録したLP『REBEL STREET III JUMPING JAM』(徳間)リリース。(12/16)
ルースターズ、通算5枚目のアルバム『Φ PHY』(コロムビア)リリース。(12/21)
Blue Tonic & The Garden解散。(年末)
あけぼの印が東京に活動拠点を移す。
EX解散。
グンジーズ、Ten-No、Army、Cueの音源を8インチソノシート2枚に収録したコンピレーション『ばあ!Hakata Another Beat』がリリース。
空集合がPhi[ファイ]にバンド名を変更。
MRPレーベルよりオムニバスLP『博多アマチュア・バンド・カタログ'84』がリリース。
中村あゆみ、シングル「MIDNIGHT KIDS」でハミングバードレコードよりメジャー・デビュー。

 


[go to index]