[www]

[ カ / キ / ク / ケ / コ ]

◇=member △=discography ▲=other release ○=infomation/comment □=related

 
ーデン
[GARDEN]

◇田中マサユキ[田中柾幸](Vo.) / 前田憲(Dr.) / 山崎憲司(Key.) / 八尾吉一(B.) / 池田龍介(G.)
▲1988.--.-- 白旗聞者 第3号 <Ct./スタジオ白旗> ※「
ホタル」を収録
▲1988.12.-- 大阪おなか図鑑 <Ct.> ※「
ホタル」を収録
▲1989.--.-- PRESENTS <8inchEP/
Pyjama Records/PrA-23763> ※ポンポンダリアとのスプリット盤 / 「愛の真実」「禁断の愛」を収録
○のちに、田中ロミオとしてビデオロデオで活動する田中マサユキが関西時代に結成していたテクノポップバンド。田中はビデオロデオでの活動ののち、田中柾幸として『薔薇の東』などの映画を監督している。
□トロイカ /
ビスケットホリック / ビデオロデオ / ポンポンダリア

ガーデンイール
[GARDEN EEL]

◇ふーせん(Vo.) / ホソイヒサト[細井尚登](B.) / 伊月勇人(Synth.)
チルドレンクーデター活動をしていた細井らにより京都にて結成、1984年頃に活動したバンド。
ガヒ / チルドレンクーデター

ーニバル
[CARNIVAL]

◇藤原薫(G.) / 松崎ヒデユキ(G.) / 椿ヒデノリ(B.) / 森田武広(Dr.) / 増田和志(Vo.) / 三浦丈太郎(Vo.)

○1979年の「8.8Rockday」にて優秀賞を獲得したロック・バンド。


ーバリック・アシッド・ウォーター
[CARBOLIC ACID WATER]

◇大谷義和(G.) / 石原磨以子(Vo.) / 福井陽子(Key.) / 金谷充泰(B.) ※1986年頃の編成
→大谷義和(G.) / 清水記行(Vo.) / 福井陽子(Key.) / 福田洋一(B.) / 宗田正樹(Dr.) ※『SUPER BOX』
▲1987.10.25 SUPER BOX <LP/
BOX records/BOX-16> ※「APRIL ANGEL」を収録
△----.--.-- カーバリック・アシッド・ウォーター'82〜'87 <Ct.>
A1. BLUE (18,Dec,87)
A2. 俺のサリーを返せ
A3. Nuts & Bolts Type
A4. May Wind, May Dream
A5. Victorious Happiness
A6. Melt (22,Aug,87)
A7. I'm Alright with You Tonight (18,Dec,87)
B1. Waltz
B2. Beach in the Moonlight (31,Jan,87)
B3. Till One Thing Comes True (18,Dec,87)
B4. La Noia Ascintta
B5. アリスは丘にのぼる (22,Aug,87)
B6. April Angel
○1983年12月、大阪で結成したギター・ロック・バンド。大谷、そして、活動末期にドラマーとして在籍していた真子隆は、山本精一のセッション・バンドに参加、このバンドはのちに想い出波止場に発展する。大谷義和は
身長2mなどでも活動、1998年には1983年から1998年までに録音されたソロ名義でのヒ ストリー・アルバム『僕はカワイイものしか信じない』(OZ DISC/OZD-046)をリリースしている。
想い出波止場 / 身長2m

GARP
[GARP]

◇Meg Matsumoto[松本めぐみ](Vo./G.) / 植田武史(B.) /山口貴司(G.) / 斉藤豊(Dr.)
▲1993.08.06 ザ・バース・オヴ・ザ・トゥルーII <CD Al./
POR SUPUESTO/STAP-0314> ※「Mystery Golden Town -太陽がいっぱい-」を収録
▲1993.09.-- a sprout e.p. <8cmSg./BloodyDolphins/BDBO-E0001> ※「A Piece of Star」を収録 / 雑誌『米国音楽』Vol.1付録CD
△199-.--.-- Garp <Ct./
ギューンカセット/ぎ94-07>
△2019.11.21 Chapter One <CD/
ギューンカセット/CD95-83>
01. Snowing(Goin`on)
02. ClearColdWater
03. Don`tStopNow(Remasterd)
ビスケットホリックを脱退した植田と、松本により1991年、Marble Sheepとして結成。のち、Garpに改名し4人編成となる。斉藤の脱退後、ドラマーが変遷するが、しばらくしてバンドは活動を休止する。時を経て、2004年に松本と植田は八田幸一(G.)、九鬼良太(Dr.)と新バンドのThe Siouxs[スーズ]を結成、大阪を中心に活動、その後に活動を休止。2018年、松本と植田の再会を機に、山口、八田幸一(G.)、はやしみのる(Dr.)の編成にて期間限定の再結成、スタジオライヴ配信などを行う。2019年、松本、植田、はやしの3人編成で再始動、2019年11月にはCDシングル『Chapter One』をリリース。
□The Siouxs /
ビスケットホリック

カーリー・ショッケール
[Karly Chockers]

◇福丸和久[KAZU FUKUMARU](Vo.) / 横田智也[TACO YOKOTA / ANTOIN TAKOS](Vo.) / 大室俊彦[JOJO OMURO](Vo.) / 冨依洋茂[HIROSHIGE TOMIYORI](B.) / 福丸裕明[ANI FUKUMARU](G.) / 大西裕司[PAPA ONISHI](G.) / 熊田とし子[KUMADA](Synth./Per.) / 伊丹正典[JAKI ITAMI](Dr./Per.) ※『ワニの王国』
○1997.--.-- ワニの王国[Paradis de Caiman] <CD/Grand Samurai/PGS-100>
 01. ナゼダカ (Nazedaka)
 02. ワニの王国 (Paradis de Caiman)
 03. ガレキ (Nga leki)
 04. 南風 (Painukaji)
 05. なみだのさばく (Namida no Sabaku)
 06. ラ・シャンブル (La chambre)
○1987年、パパ・ウェンバの音楽に感銘を受けた福丸和久、伊丹正典、冨依洋茂、大西裕司らノンストップ・カイマンのメンバーにより大阪にて結成。1987年よりはピリピリ[奥田薫]も断続的に参加、
河内家菊水丸&エスノ・リズム・オールスターズスピリチュアル・ユニティでも活動した福原稔[KAWATCHIYA MINORU]も参加するなど、メンバーの入れ替わりを経つつ1995年秋の解散まで活動。ザイールのルンバ・スタイルに日本語を乗せることで唯一無二の音楽性を展開した。1997年、それまでの録音をコンパイルしたアルバム『ワニの王国』をリリース。2008年12月22日にピリピリが死去、2009年3月28日のピリピリ追悼ライブで一夜限りの再結成を果たした。2017年10月7日にはファンダンゴ30周年記念ライブで再々結成。バンドは以後、断続的にライヴ活動を行っている。
ヴィオラ・リネア / オーケストラ・ピリピリ / オーラルAP / 河内家菊水丸&エスノ・リズム・オールスターズ / スピリチュアル・ユニティ / ノンストップ・カイマン

ガーリックボーイズ
[GARLIC BOYS]

◇PETA(Vo./B.) / SIN(G.) / DAVE(Dr.)
→PETA(Vo.) / SIN(G.) / DAVE(Dr.) / SHIGE(B.) ※1986〜
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / DAVE(Dr.) / SHIGE(B.) ※1987〜 ラリーはペタの実兄であり、元コブラのメンバー
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / KOBA YOUNG(Dr.) / MASAKI(B.) ※1989〜
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / KOBA YOUNG(Dr.) / TIGER(B.) ※1991〜
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / KOBA YOUNG(Dr.) / KYO(B.) ※1993〜
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / KYO(B.) ※2002〜
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / KYO(B.) / SEXER(Dr.) ※2003〜
→PETA(Vo.) / LARRY(G.) / PESSIN(B.) / SEXER(Dr.) ※2006〜
△1985.--.-- GARLICBOMBER <Flexi/GR-001>
△1986.--.-- GARLIC BOYS <Flexi/GR-002>
△1988.--.-- ニンニクナイト <LP/
Captain/CAP-0080-M>
△1989.04.21 ニンニクナイト <CD Al./
Captain/CAP-1024-CD> ※CAP-0080-MのCD化
△1989.--.-- KING OF SMELL <12inchEP/Alchemy/ARLP-026>
▲1990.07.05 バーニング・ワイルド・ウエスト パンク編 <VHS/
JICC出版局/VOS-4600>
△1990.--.-- SMEGMANIA<CD Al./Alchemy/ARCD-011>
△1990.--.-- YOKOZUNA <7inchEP/Alchemy/AWWR-004>
△1990.--.-- GARLIC BOYS E.P. <EP/PUBLIC BATH/PB4>
△1991.--.-- PSYCHO THRASH <CD Al./SUN-RECORD/SUN-002>
△1992,--.-- ALCHEMY BEST <CD Al./Alchemy/ARCD-053>
△1992,--.-- GARLICHOLIC <CD Al./HOWLINGBULL RECORDS/HBR-F0010>
△1993.--.-- ナルシスト宣言 <CD Al./ROTTEN ORANGE/RTO-0002>
△1995.11.22 ハッスル <CD MiniAl./EPIC SONY/ESCA-6337>
△1996.11.01 ビンビンジロー <CD Sg./EPIC SONY/ESCA-6591>
△1996.12.01 POEM <CD Al./EPIC SONY/ESCA-6611>
△1997.10.05 LOVE <CD Al./ROTTEN ORANGE/HWCA-8>
△1997.10.05 ナルシスト宣言 <CD Al./ROTTEN ORANGE/HWCA-11>
△1998.10.21 ニンニクナイト <CD Al./TEICHIKU/TECN-20428> ※再発 ※再発
△1998.--.-- POEM <CD Al./HOWLING BULL AMERICA/HBA-008>
△1999.--.-- LOVE <CD Al./HOWLING BULL AMERICA/HBA-006>
△2000.06.07 マッシュルームカットとダッフルコート <CD Al./ROTTEN ORANGE/HWCA-1034>
△2000.11.15 PSYCHO THRASH <CD Al./ROTTEN ORANGE/HWCA-1044>
△2000.07.05 GOLDEN HITS <2CD/ROTTEN ORANGE/HWCA-1035〜1036>
△2001.08.02 DEATH MATCH <CD Al./WOLVERINE RECORDS/WRR-080>
△2001.08.10 ナッツいる? <CD Sg./ROTTEN ORANGE/RTO-0015>
△2001.09.05 ロマン <CD Al./ROTTEN ORANGE/HWCA-1055>
△2001.10.10 EUROBOUND <VHS/ROTTEN ORANGE/HWVA-1006>
△2002.04.03 RECYCLE <CD Al.+DVD/ROTTEN ORANGE/HWCA-1068>
△2004.04.28 十 (ten) <CD Al./ROTTEN ORANGE/HWCA-1097>
△2006.11.17 群青 <CD Al./P-VINE/PCD-4346>
△2007.07.21 ニンニクナイト <CD Al./Solid/CDSDL-1171> ※CAP-0080-Mに8曲を追加し再発
△2008.07.23 実録LIVE 2006-2007 <CD Al.+DVD/P-VINE/PECA-44005>
△2008.08.06 激情 <CD Al./PIZZA OF DEATH/PZCA-41>
○1985年、ペタを中心に結成されたロックバンド。最初期こそビートパンク的なアプローチであったが、90年代初頭頃からスラッシュでヘヴィ、それでいてパンクなサウンドに進化。そのオリジナリティ溢れるサウンドは、海外でも評価が高い。
K.G.G.M. / コブラ

きつばた
[KAKITSUBATA]

◇西川文章(G.) / 田川雅康(B.) / 井上秀樹(Dr.) / 中山浩成(G.)
→西川文章(G.) / 田川雅康(B.) / 井上秀樹(Dr.) / 森山ふとし(G.) / 山本信記(Tp.) ※2006年〜

○1996年暮れに西川文章のソロユニットとして始動したアヴァンポップ・バンド。1997年2月に難波ベアーズにて初ライヴを行う。西川はかきつばたメンバーの森山とのデュオtok Aや、ブラジル、ホアン海などのバンド、井上はヒヤシンス、ポケットキノコなど、山本はLIVE! LAUGH!、Hi-Kings、popoなどで活動するなど、各メンバーの活動は多岐にわたる。
□tok A / Hi-Kings / ブラジル / ヒヤシンス / ホアン海 / ポケットキノコ / popo / LIVE! LAUGH!

ジャ
[KAJA]

≪KAJA≫
◇上浦容充
≪KAJA & JAMMIN'/JAMMIN≫
◇KAJA(Vo./G./Harmonica) / 森俊之[TOSHI MORI](Key.Cho.) / 三条通(Dr./Cho.) / RAS<STEINBERG>MASAAKI(B.) ※『EARTH』
→KAJA(Vo./G.) / 森俊之[TOSHI MORI](Key.) / RAS<STEINBERG>MASAAKI(B.) / HONZI[本地陽子](Vn./Cho.) ※『Wet & Cool』
△1983.--.-- 1 <as YOSHIMITSU KAMIURA AND JAMMING/12inch/EP/_/JM-3001>
A1. END OF THE RAIN
A2. RAINY LOVE
A3. SUNSET
B1. ILLUSION
B2. ALONE
△1984.--.-- ありがたや節[ARIGATAYABUSHI] c/w Sa Sa Sa <as KAJA/7inchEP/SONY/07SH1554>
A. ありがたや節 ARIGATAYABUSHI 作詞:浜口庫之助 補作詞:藤巻直哉 採譜:森一也 編曲:カジャ
B. Sa Sa Sa 作詞・作曲・編曲:カジャ
△1985.--.-- RUNNING![ランニング!] c/w WALKING <as KAJA/7inchEP/SONY/07SH1722>
A. RUNNING! 作詞・作曲:KAJA / 編曲:KAJA & JAMMING
B. WALKING 作詞・作曲:KAJA / 編曲:KAJA & JAMMING
△1990.--.-- EARTH <as KAJA & JAMMIN'/CD>
01. タイム・アップ
02. QUE QUE QUE
03. ラヴ・ユー・フォーエヴァー
04. グッドバイ・ダークネス
05. ノッキング・オン・ユア・ドア
06. キープ・オン
07. ダウン・アンド・フライ
08. アース
09. ビリーヴド(アコースティック)
△1993.--.-- IN CONCRETE <as JAMMIN/CD/
SKATING PEARS/SPGR-001>
01. SWEET SONG
02. OPEN YOUR MIND
03. RUSH HOUR
04. CONCRETE JUNGLE
05. SWEET SONG AMBIENT VERSION
06. RUSH HOUR DUB
△1995.06.21 EARTH <as KAJA & JAMMIN'/CD/PANAM/CRCP-20107>
01. タイム・アップ
02. QUE QUE QUE
03. ラヴ・ユー・フォーエヴァー
04. グッドバイ・ダークネス
05. ノッキング・オン・ユア・ドア
06. キープ・オン
07. ダウン・アンド・フライ
08. アース
09. ビリーヴド(アコースティック)
△1995.08.23 Wet & Cool <as JAMMIN/CD/EMI/TOCT-9121>
1. ダンス・イン・ザ・スカイ[DANCE IN THE SKY]
2. ドント・ストップ・ザ・ミュージック[DON’T STOP THE MUSIC]
3. アローン[ALONE]
4. スウィート・ソング[SWEET SONG]
5. シーズン・カム・シーズン・ゴー[SEASON COME SEASON GO]
△1997.01.22 Dance We Dance c/w GRAY GREEN EYES <as KAJA/8cmCD/CROWN/CRDP-151>
01. ダンス・ウィ・ダンス
02. グレイ・グリーン・アイズ
03. ダンス・ウィ・ダンス(インストゥルメンタル)
04. グレイ・グリーン・アイズ(インストゥルメンタル)
△1998.07.23 PRESENT <as KAJA/CD/CROWN/CRCP-20181>
01. おくりもの
02. 胸を張って歩こう
03. 初めての“I Love You”
04. GLAY GREEN EYES
05. DANCE WE DANCE
06. 追憶のSKA
07.気分SaSaSa最高さ
△2002.05.25 KAJA&JAMMIN [LIVE] <as KAJA & JAMMIN'/CD>
01. TIME UP
02. DANCE WE DANCE
03. GOOD-VIBRATION
04. KNOCKIN’ON
05. DON’T STOP THE MUSIC
06. ELNINO
07. GOOD-BYE DARKNESS
08. INTERLUDE
09. DOWN&FLY
10. RUNNING
11. LA LA LA
△2002.05.25 VOICE OF URBAN JAPAN [KOE] ONE <as KAJA & JAMMIN'/CD>
01. I LOVE YOU (BEACH OF MARS)
02. SEASONS
03. SOMEBODY LOVES YOU
04. MU-KANKAKU
05. CONCREAT JUNGLE
06. HAKAI
07. ANGEL FISH
08. A DAY OF THE MAN
09. RED ALFA ROMEO
△2002.05.25 VOICE OF URBAN JAPAN [KOE] TWO <as KAJA & JAMMIN'/CD>
01. BELIEVE
02. SEASONS
03. TAKEITEASY
04. NATSUHAYAPPARI
05. EARTH
06. MOTHER WATER
07. RIVER
08. WISH BLUE
09. FLOWING 1
10. SPEAKLOYD
11. DUMPING
12. FLOWING 2
13. WATERINTHEDURK
14. GREAT RIVER
△2002.10.30 K.K.M.N. [GIG*II] 〜SIXTEEN HOURS〜 <CD>
01. Strange Brew
02. More Than I Can Say
03. Give Me A Reason Why
04. Ruby Tuesday
05. Jealous Guy
06. Be My Friend
07. Swing Low Sweet Chariot
08. Every Woman
09. Cocaine
10.Blowin’ In The Wind
△2003.03.18 Kaja&Jammin’Live <as KAJA & JAMMIN'/CD/KJ-6>
01. TIME UP
02. DANCE WE DANCE
03. GOOD-VIBRATION
04. KNOCKIN’ON
05. DON’T STOP THE MUSIC
06. ELNINO
07. GOOD-BYE DARKNESS
08. INTERLUDE
09. DOWN & FLY
10. RUNNING
11. LA LA LA
12. Bonus track SEASONS
△2004.10.10 KAJA&JAMMIN [SECRET] <as KAJA & JAMMIN'/CD>
01. SEAON COME SEASON GO
02. DANCING IN THE SKY
03. KIMIO
04. DON’T STOP THE MUSIC
05. ALONE
06. SWEET SONG
07. LOVE YOU FOREVER
08. GOOD-BYE DARKNESS
09. EVERLASTING
10. DOWN & FLY
11. EL NINO
12. QUE QUE QUE
13. LO.LO.LOVE
△2004.10.10 KAJA [SONGS] <as KAJA/CD>
01. EARTH 2004
02. SEASONS
03. RAINY LOVE
04. KAWAITE-RU
05. FOR YOU
06. BELIEVED
07. NOTHING
08. SOMEBODY LOVES YOU
09. HA KA I
10. MU-KANKAKU
11. HITORI
12. SEASONS (AMBIENT TIME)
△2007.05.18 le parfum de GITANES Original recording <as KAJA/CD>
01. 大掃除
02. ジタンの香り
03. マルホランドドライブの女
04. 赤錆びの街
05. もっとKiss Kiss Kiss
06. 収穫のとき
07. お前は最高!
08. 小説のK
09. GUITEN REISE
10. 欲望
11. 終宴
△2008.--.-- KAJA x KEN <as KAJA
x KEN/CD>
01. 好きで好きでたまらない
02. つりへ行こうdis
03. 心配しないで
04. 夢の星空
05. 雨に恋して
06. お前を感じていたい
07.Season
△2010.--.-- 6-282 47-8 <as KAJA & JAMMIN'/CD>
1. 野球をしようよ
2. Go Fishing
3. 孤独な夜
4. 魔法の目線
5. Matine
6. Lovely Music
7. Take It Easy
8. You'd Be So Nice To Come Home To
9. SKA No.5
10. What a wonderful World
11. I Love Reggae
12. ボー満漢
13. 仮想現実
14. 感謝しよう
15. 信心MAN
16. Walkin'
17. Moonlight Reggae
ハイウェイでの活動を経た上浦容充が1984年にカジャ&ジャミンを結成。同1984年に、ドラマ「ハングマン4」主題歌を「ありがたや節」(カジャ名義)をシングルでリリース。1985年には、「レゲエサンスプラッシュ」に日本代表として出演するなど、関西および日本のレゲエシーンの中軸を担う。
ア・ディケイド・イン・フェイク / EP-4 / ハイウェイ

の楽団
[WindTravelin'Band]

◇慧奏(Key./Per.) / 山本公成(Sax./Fl.) / 中村岳(Per.) / 杉山八郎(Per.)
→慧奏(Key./Per./Kalimba/揚琴) / 山本公成(Sax./Fl./笛) / 中村岳(Per.) / 杉山八郎(Per./琴) / 岡野弘幹(三味線/Bouzouki) / えま[筒井郁子/つついいくこ](胡弓)
△1993.--.-- 風の楽団 Wind Travelin' Band <CD/AWA Records/AWA-0002> ※1998年、Organicより再発(WACO-601)
01. 浜辺にて Seashore
02. 朝焼け Sunrise
03. 風の音 The Sound of Wind
04. 孔雀飛来了 The Peacock Came to Fly
05. ご先祖様 Ancestors
06. 彩(いろどり) Aja(Colors)
07. 月 弓 Tsuki-Yumi(Half-moon)
△1994.--.-- Island of Bows(弓の島) <As"R.カルロス・ナカイ+風の楽団、オキ、大倉正之助[R. Carlos Nakai With Wind Travelin' Band, Shonosuke Okhura, Oki Kano]"/CD/AWA muse/AWCA-004>
01. Is land of Bows(弓の島)
02. Night Forest(夜の森)
03. Cloud Temple(クラウド・テンプル)/
04. Sunrise(サンライズ)
05. KAMUI(カムイ)
06. Red Wind(赤い風)
△1995.--.-- EARTH TAPESTRY[アース・タペストリー] <As"Robbin Lloyd with 風の楽団 selected trio"/CD/風楽RECORDS/KAZE-0002> ※慧奏・つついいくこ・杉山八郎の3名とロビン・ロイドとのコラボレーション作品
01. Yellow Crace Pavillion
02. Don't Just Sit There!
03. 孔雀飛来了 The Peacock Came to Fly
04. Emi's Day
05. Love Letter
06. 旅のいわい歌(Song of celebration for a journey) 〜 Promenade
△1999.12.18 Kaze Gaku Live <2CD/YURAI works/WTB-1>
1-01.. Improvisation1
1-02.. Improvisation2
1-03.. Improvisation3
1-04.. Improvisation4
1-05.. Rainbow Dragon
2-01.. Improvisation5
2-02.. Improvisation6
2-03.. Improvisation7
2-04.. Improvisation8
2-05.. Improvisation9
2-06.. Improvisation10
△----.--.-- 風楽3[Kaze-Gaku3] <CD/YURAI works/WTB-2>
01. Gift for everyone
02. Cycles I
03. Kokopelli Comes
04. Triton
05. Cycles II
06. A song for Nakang
07. 風のうた
08. Cycles III
09. And we fly to…
△2007.10.-- Live at 法然院2002 <CD/Kaze-Gaku<YURAI works/WTB-3>
01. Into the Wind (part 1)
02. Into the Wind (part 2)
03. 砂漠の風のダンス
04. Wind goes up (part 1)
05. Wind goes up (part 2)
06. Wind Calling
07. 日暮れの風
△2007.11.26 Wind Maker <CD/YURAI works/WTB-5>
01. Green Stream
02. Voyage 
03. Beyond The Sky
04. Rainbow Dragon
05. Furusato 
06. Wind Maker
07. Aqua (Seashore 2007) 
○民族楽器を用いたニューエイジ/アンビエント・ミュージックを作り出すバンド。1991年、慧奏・山本・中村・杉山によりTYCO[タイコ]として始動、しばらくして岡野と筒井郁子(現・えま)が加入、そののちバンド名を風の楽団と改める。1992年にはヨーロッパツアーを行い、以降は日本国内だけでなく、海外でもライヴ活動を続ける。
Art's & Lovers / えま&慧奏 / CLUB NEW KYOTO / Tasmania / チャンク ヒルズ チルドレン / 天空オーケストラ / マーパ / マルディグラ

ドリエ
[KADORiE]

◇ヤマグチユキコ(Vo.) / ミヤオススム[宮尾進](Prog./Perc.) / 伊藤ピエール珠代(Key./Dance) / 岸本基[ガンボンギー](Vln.)
△1988.--.-- カドリエ <7inch Flexi/カドリエレコード> ※「メイヤゲツ」「カラーボール」の2曲を収録
▲1988.12.--
大阪おなか図鑑 <Ct.> ※「おともだち」を収録
○ヤマグチとミヤオの2人を中心としたテクノポップユニット。ミヤオはチャチャ、
ペーターズなどでも活動。
□ガンボンギー /
チャチャ / ペーターズ / モダンチョキチョキズ


[KABA]


▲1988.06.-- 白旗聞者 2 <Ct./
白旗社中> 
▲1988.09.-- 白旗聞者 3 <Ct./
白旗社中> ※「なぁなぁ節」を収録
▲1990.01.--
SILENT MAJORITY VOL.3 <Ct.> 
ガヒなどでの活動を経た勝野タカシ(Vo./G.)を中心に、1987年3月 結成したバンド。京都BIG BANGなどで活動。
ガヒ / タマス&ポチス / モダンチョキチョキズ


[GAHI]

◇ホソイヒサト[細井尚登] / 勝野タカシ
▲1984.03.-- SOUND COSMODEL 音の宇宙模型 <LP/SKATING PEARS/APSP-018> ※「Gahi's Disco」を収録
▲2011.09.21 SOUND COSMODEL 音の宇宙模型 <CD Al./Super Fuji Discs/FJSP-148> ※APSP-018のCD化
チルドレンクーデターの首謀者ホソイと、カバやタマス&ポチスそしてチルドレンクーデターにも一時期在籍した勝野タカシによるユニット。
カバ / タマス&ポチス / チルドレンクーデター / モダンチョキチョキズ

一尺八寸
[KAMATSUKA]

◇高田裕子(Key.) / 石橋広子(Vo.) / 黒川通典(G.) / 森本芳弘(G.) / 岡野裕和(B.) / 蔵谷哲朗(Dr.) / 寺内茂(Tp.) / 田坪孝雄(Sax)
○1980年頃活動したフュージョン・バンド。バーボンハウス、磔磔などで活動。田坪は、のちSound Trap Orchestraなどで活動。
□Sound Trap Orchestra

THE神SUN
[THE KAMI SUN]

◇前渕訓秀 / 安田謙一 / 吉原貴子 / 尾崎隆弘 / 磯田収
○タマス&ポチス解散後の1990年春に、
タマス&ポチスのメンバーであった安田謙一、磯田収[磯田オサム]、矢倉邦晃らにより結成されたバンド(矢倉は結成後しばらくして脱退)。「心臓節」などのレパートリーがあった。 ゴングダービーにも参加していた尾崎隆広も一時在籍。1993年、磯田がモダンチョキチョキズの平日稼動メンバーに加わるために東京へ移住、それによりTHE神SUNは解散となった。
□ゲンシシンボス /
ゴングダービー / タマス&ポチス / チルドレンクーデター / モダンチョキチョキズ / もんもんクラブ

マラソン
[KAMINARI MARATHON]

◇ヌルピョン[藤原圭](Vo.) / 梶野秀樹(B.) / 吉森信(P./Key.) / 芳垣安洋(Dr./Perc.) / 岸本基(G./Vln.) / 広兼剛(法螺貝/Tb.)
△1994.--.-- 雷マラソン <CD Al./ヌルピョン/N-001>
○戦国時代や城などに関して尋常でないほどの愛情を注ぎ、その知識も圧倒的であるヌルピョンを中心に、ヌルピョンと同じくモダンチョキチョキズに参加しているメンバーらにより結成されたロックバンド。このバンド唯一のアルバムである『雷マラソン』には、室町幕府の栄枯盛衰が歌われる「足利十五代(室町幕府盛衰期」といったプログレナンバーなど、戦国時代をテーマとした楽曲が中心に収録されている。ヌルピョンは、2010年夏にClub Aloeなるバンドを始動、ヌルピョン(Vo.)、芳垣安洋(Dr.)、梶野秀樹(B.)、磯田収(G.)、井上晃一(大正琴)といったメンバー編成で8月に東京と大阪でライヴを行っている。
□Club Aloe /
モダンチョキチョキズ

沼田洋次
[KAMINUMADA YOHJI]

◇西山直宏(Vo./G.) / 堀口晃彦(G.) / 柏木隼人(Sitar) / 脇田宏之(Dr.)
△199-.--.-- 出逢橋 <Ct./GYUUNE CASSETTE/ぎ94-33>
△1996.08.28 真夏の雨 <CD Al./EBISU RECORDS/EBS-005>
△1998.02.-- 心に刃 <CD Al./EBISU RECORDS/EBS-009>
△2000.--.-- Katana <LP/Aether Records/AELLP-008>
△200-.--.-- 時路 <7inchEP>
▲2002.--.-- Pull Up The Paisley Covers: A Psychedelic Omnibus <CD Al./Aether Records/AECD-0010> ※「After The Dream」を収録
○1993年7月結成されたロック・バンド。ジャックスやフォークテイルズに通じる日本的な情緒を感じるサイケデリック・ロックは国内だけでなく海外でも評価が高く、米国のエーテル・レコードなどから彼らの作品は海外リリースされている。解散後、リーダーの堀口は銀レコードや、ちあきひこ名義での活動。シタール奏者の柏木はロックサドゥ名義で活動している。
□銀レコード / ちあきひこ / ロックサドゥ

烏丸車庫
[CHARISMA]

◇りこ(Dr.) / なこみ[田中名鼓美](G.) / さえ[柏原佐恵](Key.) / まゆみ[阪本真由美](B.) / せつこ[塩尻節子](Vo.)
▲1979.10.-- '79 8.8 Rockday <2LP/Bourbon Record/BMC-1011^2> ※「ゴールデン・オールディーズ」を収録
○同志社大学の音楽サークル「ライラックレインボーズ」にて結成されたガールズバンド。1979年8月4日、滝野ローンステージにて開催された「8.8 Rockday」に出場、ベースの阪本真由美、ボーカルの塩尻節子は個人賞を受賞。りこは、翌1980年には、「8.8 Rockday」レディス部門にBANANA SHOTのメンバーとして出場、バンドは敢闘賞を獲得している。塩尻は、
Soul-Doo-Outに参加。田中は、バンド解散後、一時期音楽から離れる時期もあったが、2000年より音楽活動を再開、NACOMIとしてソロ作も発表するなど精力的に活動している。りこは2010年5月19日、病のため惜しくもこの世を去っている。
Soul-Doo-Out / BANANA SHOT

リスマ
[CHARISMA]

◇泉陸奥彦(G.) / 福山宣司(G.) / 近藤研之(B.) / 菅沼孝三(Dr.)
▲1991.--.-- 70's WEST JAPANESE ROCK SCENE <CD Al./
MADE IN JAPAN RECORDS/MHD-25013> ※「赤と黒の戦い」を収録
▲1994.04.25 70's WEST JAPANESE ROCK SCENE <CD Al./BELLE ANTIQUE/BELLE-9461> ※MHD-25013の再発
○泉陸奥彦が1976年頃結成していたプロフレッシヴ・ロック・バンド。1977年暮れには、泉は
DADAでの活動を開始する。
DADA

カリフォルニア★ローマ
[CALIFORNIA★ROMA]

◇高木真理子(Vo./G.)/鍵村恭子(Inst.)
▲199
8.05.21 Pop Japanese Style![ポップ・ジャパニーズ・スタイル!] <CD/FLAVOUR OF SOUND/TFCC-87589> ※「Musica Machina」を収録
△2001.05.18 カリフォルニア★ローマ[CALIFORNIA★ROMA] <CD/
TROLLEY BUS/TB-005>
01. casio blue
02. tarot garden
03. swan music
04. papillon
05. rock no. 2
06. stereo honky-tonk
07. musica machina (album version)
○滋賀発のポップ・ユニット。チープでキッチュな宅録エレポップ・サウンドに、ウィスパー・ボイスとも形容しきれない不安定でありながら愛らしいボーカルが乗る。

河内家菊水丸&エスノ・リズム・オールスターズ
[KAWACHIYA KIKUSUIMARU & ETHNO RHYTHM ALL STARS]

◇河内家菊水丸(Vo.) / 佐原一哉(Key.) / 石田雄一(G.) / 宮川淳宏(B.) / 後藤有三(鼓) / 上岡肇(Dr.) / 野杁秀二(G.) / 真野りつ子(Cho.) / 岡本公信(太鼓) ※『河内タイフーン』 真野・岡本はゲストと思われる
→河内家菊水丸(Vo.) / 佐原一哉(Key.) / 石田雄一(G.) / 宮川淳宏(B.) / 後藤有三(鼓) / 野杁秀二(G.) / 福原稔[福原みのる](和太鼓) ※1986年頃
→河内家菊水丸(Vo.) / 佐原一哉(Key.) / 石田雄一(G.) / 後藤有三(Vo./Per.) / 福原稔[福原みのる](和太鼓) / 宮川淳宏(B.) / 井崎能和[井崎よしかず](Dr.) / 杉江千恵(Vo.) ※1987年頃
△1984.11.--
河内タイフーン[KAWACHI TYPHOON] <As"河内家菊水丸"/Ct./プレイガイドジャーナル社
 A1. レゲエ一代男〜ボブ・マーリー物語 / 河内家菊水丸&河内エスノリズムオールスターズ
 A2. 梨田音頭 / 河内家菊水丸&河内エスノリズムオールスターズ
 B1. グリコ事件終結宣言音頭 / 河内家菊水丸&河内エスノリズムオールスターズ
 B2. クラブ・アーサーベル117繁昌記 / 河内家菊水丸&河内エスノリズムオールスターズ
 B3. '84江崎グリコ大事件(ライブ) / 菊水丸社中
 B4. ボブ・マーリー物語(Dub Version) / 河内家菊水丸&河内エスノリズムオールスターズ

△1986.07.21 河内音頭で夜をぶっとばせ <7inchEP/FOR LIFE/7K-233>
 A. 河内音頭で夜をぶっとばせ
 B. 悪霊退散
△1987.07.-- 現代好色一代男〜明石家さんま物語 <12inchEP/TEICHIKU/18HS-15>
 A1. 明石家さんま物語〜少年時代編〜
 A2. プカプカ
 B1. 明石家さんま物語〜苦悩時代編〜 
○1983年7月、河内音頭取りの河内家菊水丸がテレビ番組の企画で
ノーコメンツと共演したことをきっかけに交流を開始、菊水丸ノーコメンツのメンバー、ジャマイカの後藤有三らにより1984年に結成されたバンド。1984年、河内家菊水丸のカセットブック『河内タイフーン』(プレイガイドジャーナル社)に参加。1985年8月31日には、日本で初めての「レゲエサンスプラッシュ・ジャパン」として開催された「第3回びわ湖水の祭典 琵琶湖ジャミング'85」に河内家菊水丸&エスノリズムオーケストラとして出演。1986年に『河内音頭で夜をぶっとばせ』、1987年に『現代好色一代男〜明石家さんま物語』をリリース。このバンドを母体として、佐原はスピリチュアル・ユニティを結成、石田、後藤、福原、井崎らが参加福原稔は、カーリー・ショッケールにも一時参加している。
カーリー・ショッケール / ジャマイカ / スピリチュアル・ユニティ / ノーコメンツ / 山中一平&オンドリャーズ

原乞食
[KAWARAKOJIKI]


▲1983.--.-- 味の素2 <Ct./Vinylbombfactory[VBF]> 
ビニール本解散後、メンバーの寺川克己が結成したパンク・ブルーズ・バンド。寺川自身のレーベルVinylbombfactory[VBF]よりリリースされたコンピレーション・カセット『味の素2』にその音源が収録されている。
ビニール本

餓同盟
[KIGADOUMEI]

◇平山照継(G.) / 小西健司(B.) / 安田隆(Dr.)
○1975年に結成されたハードロックバンド。
連続射殺魔の和田哲郎も一時在籍。平山は1976年に脱退、翌1977年にシェラザードを結成。同1977年暮れ、小西は元カリスマの泉奥陸彦とDADAを結成する。
□ケネディ /
DADA / 連続射殺魔


[GIGI]


○心とらを(Vo.)をリーダーに大津を拠点に活動したレゲエ・グループ。1985年8月31日には、日本で初めての「レゲエサンスプラッシュ・ジャパン」として開催された「第3回びわ湖水の祭典 琵琶湖ジャミング'85」に出演。


ャオス
[
GAOS / G.A.O.S]

◇星加敦史(G.) / 山田正純(G.) / 元村一晟(B.) / 工藤和宏(Dr.)
△1987.--.-- G.A.O.S <LP/ICR/ICR-1674>
A1. Skywalker
A2. Seven Steps
A3. SnoopyGoes To Hollywood
A4. Sincerely Yours
B1. Sahara
B2. Selfish Boys
B3. Sampling Pulse
B4. Seagull
△1998.09.11 G.A.O.S <CD/MUSIC PLANT/PGL-5147>
01. Skywalker
02. Seven Steps
03. SnoopyGoes To Hollywood
04. Sincerely Yours
05. Sahara
06. Selfish Boys
07. Sampling Pulse
08. Seagull
△2001.03.-- G.A.O.S <CD/Musea Parallele/MP 3041 AR(PGL-535)>
01. Skywalker
02. Seven Steps
03. SnoopyGoes To Hollywood
04. Sincerely Yours
05. Sahara
06. Selfish Boys
07. Sampling Pulse
08. Seagull
09. Samsara
○京都を拠点に活動したツインギター/キーボードレス編成のジャズ・ロック/フュージョン/プログレッシヴ・ロック・バンド。1987年、唯一のアルバムをリリース後、解散。のち、星加敦史はArgusなどで活動。
□Argus

ャップス
[
Ghapps]

◇NAMA(Vo.) / KIM(G.) / CAS(G.) / KO(B.) / TAKUYA(Dr.)
▲1990.--.--
Osaka Battle Royal <LP/O.B.R. Records/KSK-1010> ※「Fireman (My God Ittue)」「Heavy Time」を収録
○ハードロック、ブルース、ファンクなどの雑多な音楽的要素を併せ持った独自のロックサウンドを繰り広げたバンド。


ャバレー
[THE CABARET]

◇森田正昭(G.) / 庄司厚人(G.) / 児玉仁孝(B.) / 松本東洋(Dr.) / 榎日出美(Key.) / 恵須川裕司(Vo.)

○ファンキーでストレートなロックバンド。ヴォーカルの恵須川は1979年の「8.8Rockday」でボーカル賞を獲得。その後、上京するも解散。庄司はのち、鬼ころしなどで活動。
□鬼ころし

ャラメルモンスター
[CARAMEL MONSTER]


△1991.--.--
CARAMEL MONSTER <7inchEP/Wild West Records<Alchemy Records/AWWR-010>
○1989年頃、クランクスを母体に結成されたパンク・バンド。1990年4月から地元枚方のライヴハウス“ブロウダウン”で「ミサイルジャックギグ」を主催。ヴォーカル&ギターのタカシは
内門洋(フォークテイルズ)の実弟。
□クランクス

ギャンズ・ブルー
[GANZ BLUE]

◇八丁堀(Vo./G.) / アキヒコ(B.) / 今北正二(Dr.)

ダンステリアの活動を経た八丁堀とアキヒコ、そしてXOYO今北によるトリオ編成のロックバンド。NYパンクからの影響を感じさせるサウンド。
XOYO / ダンステリア

ャンディーズ
[CANDYS]

◇モリワキ[森脇和人](B.) / ワッチャン(Dr.) / タージン(G.) / ホリウッチャン[コヨーテ堀内/堀内啓二](Vo.) ※1
△1988.07.-- 生きてりゃいいさ <Ct.>
▲1989.--.--
Straight Ahead II <LP/CAPTAIN RECORDS/CAP-0091-L> ※「EASTERN COWBOY」「早く帰らなくちゃ」を収録
▲1989.--.--
Straight Ahead II <CD Al./CAPTAIN RECORDS/CAP-1042-CD>※CAP-0091-LのCD版
▲1989.--.-- かかってこんかい! Outlaws Omnibus <7inchEP/Plan Outlaws Co./Plan Outlaws 00> ※「生きてりゃいいさ」を収録
▲1990.07.25 Western Carnival <CD Al./Grasshopper Records<Alchemy Records/AGH-002> ※「好きにならずにいられない」「あの娘はきまぐれBaby」「一人で生きてるわけじゃない」を収録
○1985年、当時中学生だったホリウッチャンらにより結成されたバンド。1988年に※1の布陣に。ハードコア、Oiなどのパンクを通過したロックンロールを聴かせる。十三・ファンダンゴを拠点に活動し、1988年初頭からは東京を含む地方ツアーも行う。1990年8月解散。2001年、森脇と堀内は、
サウス・ウェスト・ラウディーズのバンビ宮崎[ミートン]らとワービー&サービーを結成。2008年1月11日、堀内はこの世を去っている。
□ワービー&サービー

ューピー・ボックス
[KEWPIE BOX]

◇北嶋建也[ししょう](G.) / Ono[小野](B.) / Damien[ダミアン](Vo./Sax/Key.)
△1981.05.-- Debut!! <7inch Flexi/
QP. Records/QP-001>
 A1. Kewpie Kewpie
 A2. Fuck The City
 B1. Revo Head
○ししょうこと北嶋建也、ダミアンこと月刊「HIP」の のび太が在籍したパンク/ニューウェイヴ・バンド。小野は全力オナニーズにも一時参加。
全力オナニーズ / なし

キング・サイズ
[KING SIZE]

◇おしょう(Vo./G.) / 河内博(G.) / 川戸敏生(B.) / 氏永仁(Dr.) ※『KING SIZE』
▲1988.03.05 LIVE AWARD VOL.1 <LP/SPIIN/
PSW-1003> ※「冷たいベッドのロックンロール」「アタマにきてるぜ!!」の2曲を収録
△1989.07.10 KING SIZE <CD/
ワツシ・レコード<VIVID SOUND/WAZCD-001>
 01. 自由にやりなさい
 02. あの村
 03. バコバコ
 04. 世界一のブルース
 05. 誰か俺をとめろ
 06. このままじゃ帰れない
○1986年、おしょうを中心に、元The Chainsの氏永仁・小川洋一郎らにより結成されたバンド。R&Bを基調としたロックンロールを演奏。大阪バーボンハウスを拠点に活動を行い、1989年には唯一のアルバムを発表。1990年の解散後、おしょう・河内はおしょう & LET'S GO'Sにて活動。
おしょう & LET'S GO'S / 監獄ロック / ザ☆ダンス天国 / The Chains

KUKU
[KUKU]

◇チューニィ[Zhunee](Dr.) / イシクマ[石隈学](Vo.) / イワチャン(Key.) / ナガイ(G.) / オカダ(B.) ※1

○1988年、チューニィらにより結成。1989年にイシクマ、イワチャンが加入。のち、ナガイ、オカダが加入し※1の編成に。サイケデリック、プログレッシヴ・ロックなどをごちゃ混ぜにしたジャンクでワイルドな重厚サウンドはトリップ必至。難波・ベアーズを中心に活動。のちに、ZhuneeはKanariAnnBite、イシクマは即興ユニットのEAD[イード]でそれぞれ活動。
□EAD / KanariAnnBite

ラインド・オーケストラ
[GRIND ORCHESTRA]

◇吉川豊人(Vo./Perc.) / 楯川陽二郎[ヨウちゃん](Dr.) / 寺内岳[ガク](Perc./Cho.) / 吉川光寛[ヨシヨシ](Dr.)
→吉川豊人(Vo./Perc.) / 楯川陽二郎[ヨウちゃん](Dr.) / 寺内岳[ガク](Perc./Cho.) / 吉川光寛[ヨシヨシ](Dr.) / 中屋浩市(Sample/Synth./Theremin)
△1995.10.25 ソー・ワッブ <CD Al./
TAG RAG/TR-CD004>
▲1996.--.-- Raggle Taggle Vol. 1 <CD Al./TAG RAG/TR-CD005> ※「Burnin' Internal」「Kurawanka-Bushi」を収録
△1998.12.01 jolly throats e.p. <CD EP/JAPAN OVERSEAS/JO98-39>
△1998.--.-- Jolly Throats c/w Flu Crew Junction <7inchEP/JAPAN OVERSEAS/JO98-40>
△1999.11.26 BANGING SOUNDS <CD Al./
TAG RAG/TR-CD022>
△1999.11.26 BANGING SOUNDS <VHS/
TAG RAG/TRVD1>
▲1999.--.-- Land of the Rising Noise Vol.3 <CD Al./Charnel Music/CHCD-33> ※「Jolly Throats」を収録
▲2000.09.28 Raggle Taggle2 <CD Al./
TAG RAG/TR-CD025>
△2002.05.02 3 <CD Al./
TAG RAG/DDCH1030>
△2002.06.05 没個星周 <CD Al./
TAG RAG/DDCH1031>
△2002.--.-- PURE 4 <CD>
○ゴングダービー、ボアダムス、ハッピーカウボーイズ、サイコワウなどでの活動を経た吉川豊人を中心に1995年に活動を開始したロック・バンド。ドラマー4人による実験的ユニットとして始動、のち中屋がテルミン、シンセ、サンプラーで加入。打楽器での演奏を軸に、吉川のフリーキーなボーカル、中屋が鳴らす電子音が合わさりあい、呪術的な音塊が生み出される。
ゴングダービー / サイコワウ / ナスカ・カー / ハッピーカウボーイズ / ボアダムス

グラッシーズ64
[Grasses64]

◇金林大資(Vo./G.) / 宮地健作(Key.) ※『ジャングル★ライフ オムニバスシリーズ4 12 HABITS
→金林大資(G./Vo.) / 宮地健作(Key.) / 石田正人(B.) / 藤本朗(Dr.) ※『Bluebird Flew Away』
▲1996.10.01
ジャングル★ライフ オムニバスシリーズ4 12 HABITS[Jungle Life Omnibus Vol.4 12 HABITS] <CD/Jungle Records/JLOS-0004> ※「海底パレードはやってき来たか」を収録
△1998.--.--
Grasses64 E.P. <7inchEP/CHILDISH SOUP/CSEP-01>
A1. Please Mr. Sunshine
A2. Please Please Please
B1. A Cup Of Trip
B2. 5-4-3-2-1
▲1998.--.-- Minitel Rock Steady Volume Two <7inchEP/Invicta Hi-Fi/LIQ002> ※「Smile Again」を収録
△1999.10.01 Bluebird Flew Away <CD/K.O.G.A Records/KOGA-089>
01. Bluebird Flew Away
02. Swingin' My Room
03. On The Corner
04. My Little Bird
05. Weekend Rider
06. Wonder Holiday
07. Smile Again
08. Another Day
09. It's So Fine
10. Baby Come Back Again
11. Sweet Sweet Life
12. Paper Drive
13. Endless Garden
14. Blueberry Park
▲1999.--.-- Indies magazine Vol.29 <CD/Rittor Music/ICB-0029> ※「On The Corner」を収録/『インディーズ・マガジン』1999年11月号(Vol.29)付録
○90年代後期、大阪を拠点に活動したロックバンド。サウンドは、60'Sマージービートを基調にGS、サイケなどを消化したギターロック。1995年、金林と宮地により結成、のちプレイメイツの藤本と石田が加入、1999年には、K.O.G.A Recordsよりアルバム『Bluebird Flew Away』をリリース。なお、バンド名の由来は、九九の8×8=64(はっぱ64)から。
□ACID EATER /
バフェット / プレイメイツ / 三沢洋紀と岡林ロックンロールセンター / ラブクライ

クラブ・ニュー・キョウト
[CLUB NEW KYOTO]


▲1988.--.-- Sience Art Vol. 2 <Split 7inch Flexi/
SCIENCE ART LABEL/SA-CHK-2> ※「Open Your Heart」を収録
○岡野弘幹を中心とするニューウェイヴ・バンド。岡野は、
アーツ&ラヴァーズマルディグラなどの活動を経て、風の楽団天空オーケストラなどアンビエント、ヒーリング、アースミュージックの分野で活動。
Art's & Lovers / 風の楽団 WindTravelin'Band / 天空オーケストラ / MARDIGRAS

リストファーロビン
[Christopher Robin]

◇Mitsuki(Vo.) / Masaki Yamada(G.)※兄 / Masanobu Yamada(B.)※弟 ※『Into Somethin' Pushbike Compilation Vol.3』
→Mitsuki(Vo.) / Masaki Yamada(G.) / 宮田(B.)
△1994.01.-- in the garden <Ct.> ※「Sea Bone」などを収録したカセットアルバム
▲1994.04.25 Into Somethin' Pushbike Compilation Vol.3 <CD/PUSHBIKE/UFPB-006> ※「Sea Bone」(『in the garden』収録とは別テイク)を収録
○1992年結成。90年代中期、大阪を中心に活動したギターポップバンド。
ブルーベリー、ベリー・ブルーチェルシーテラスらと共に「Fly the coop」「Milky」などとレーベル活動、コンピレーションカセットなどをリリース。1996年活動休止。MitsukiとMasaki Yamadaは、mitsuki poplifeとして活動し、2011年よりYouTubeで楽曲を発表。クリストファーロビンは2015年より活動再開、SOUNDCLOUDなどで楽曲を公開している。2018年5月には、ブルーベリー、ベリー・ブルーとのコラボレーション楽曲をそれぞれのSOUNDCLOUD上で公開した。
□mitsuki poplife

リフィン
[GRIFFIN]

◇射延篤史[Inobe Atsushi](Vo.) / 村本亮太[Muramoto Ryohta](B.) / 江見洋之[Emi Hiroyuki](G.) / 矢島圭[Yazima Kay](Dr.)
△1988.--.-- The Phantom Of The Shocker <7inch/
加害妄想レコード/011E>
▲1988.10.-- CORETIC ROCK BOUT <VHS/
MCR Company/MCR-016>
▲1989.12.15 Fear <CD Al./Alchemy Records/ARCD-006> ※「The Phantom Of The Geldum Shocker」「イスダスに敬礼」「Attitude」「Dim A Gleam」を収録
▲19--.--.-- FEAR LIVE <VHS>
△1990.10.-- Live Fulminate! <7inchFlexi/
MCR COMPANY/MCR-034>
△1990.--.-- 獅子吼 <7inchEP/Wild West Records/AWWR-008>
△1992.04.01 The Album <CD Al./Alchemy Records/ARCD-054>
△1995.08.-- Live In The First Degree <7inchEP/
MCR COMPANY/MCR-083>
△1995.09.-- All In Griffing Sweet Revenge <CD Al./
MCR COMPANY/MCR-084>
△1996.06.-- No Call <7inchEP/
MCR COMPANY/MCR-101>
△1996.--.-- The Best Griffin From The West <LP/Real Deal Records/RDR 12-01>
△1997.05.10 The Age Of Innocence <7inchEP/
MCR COMPANY/MCR-111>
△1997.10.10 We Stand Firm <CD Al./
MCR COMPANY/MCR-115>
△1997.--.-- The Phantom Of The Shocker <7inch/Real Deal Records/RDR 07-01> ※011Eの再発
△1998.03.10 Hidden And Forbidden <CD Al./Real Deal Records/RD/CD-01>
△1998.06.10 GUDLUCK T' GLENN <7inchEP/
MCR COMPANY/MCR-126>
△2001.02.10 KNOW THE SCORE <CD Al./
MCR COMPANY/MCR-157>
△2001.06.23 Singles Collection <CD Al./Money Talks Records/TNT-001>
△2001.08.25 JAILBREAK <CD/SLAP UP/SUMD-0002>
△2001.12.10 Singles Collection 2 <CD Al./Money Talks Records/TNT-002>
△2001.12.15 The Album <CD Al./Alchemy Records/ARCD-138> ※ARCD-054の再発
△2003.02.10 GRIFFIN THE VIDEO <VHS/Money Talks Records/TNT-003>
△2003.04.09 COME AND HAVE ANOTHER GO <CD Al./POSITIVE PRODUCTION/HMS-37>
△2004.05.15 Nuffin' But The Griffin <CD Al./Money Talks Records/TNT-004>
△2005.11.02 YES,WE'RE LOVELY LADS DV <DVD/Money Talks Records/TNT-005>
△2006.05.10 Completed! <2*CD Al./Money Talks Records/TNT-007>
○ハードコア・バンドのRIOTのイノベと村本を中心に1987年大阪で結成され、しばらく活動を行うも、メンバーの脱退により活動休止を余儀なくされる。その間、イノベは
ダンス・マカブラのメンバーとして活動を行い、1989年に江見のグリフィン加入を機にグリフィンは活動を再開。ハードコアを基調としながら、さまざまなエレメンツを貪欲に消化し独自のサウンドを展開。2001年には、MAD3、Oi-SKALL MATESらが参加したグリフィンへのトリビュート・アルバム『a tribute to GRIFFIN』もリリース。2005年4月にバンドは解散、そののちイノベはVANQUISH SOUND ENTERPRISEにて活動を行う。
□ヴァンキッシュ・サウンド・エンタープライズ /
ダンス・マカブラ / ライオット

リム・スキップ
[GRIM SKIP]

◇ぼたん(Vo.) / ヒロミ[伏見ヒロミ](Vo./G.) / アリサ[野上アリサ](Vo./B.) / チグサ[ちぐさ](Vo./Key.) / アズキ[小倉あずき](Vo./G.) / ウラン[コイソウラン](Vo./Dr./Per.) / スミレ[春日すみれ](Vo./Dr.)
▲2011.05.18 MOODOOISM〜An Eclectic Collection of Works by Kaoru Sato〜 <3CD/SUPER FUJI/FJSP-128> ※「Dispatch!」を収録
○EP-4の妹分存在として京都を中心に活動した女性7人組ユニット。
EP-4

ルーサム
[Gruesome]

◇MURAYAMA[村山](Vo,) / JITOUE(G.) / MORITA[森田](B.) / MARUSAWA[丸澤](Dr.)
→MURAYAMA[村山](Vo,) / OKADA(G.) / MORITA[森田](B.) / MARUSAWA[丸澤](Dr.) ※「Don't Screw Up Your Eyes」
▲1990.--.--
Osaka Battle Royal <LP/O.B.R. Records/KSK-1010> ※「Wind Jammer」「Dog And Stag」を収録
△1991.--.-- Armour & Greed <7inchEP/Sun Grab Records/SGE-101>
▲1991.--.-- Street Justice <CD Al./Paranoiz/RVCI 50003> ※「No Warrant」「That's I'm Wrong」「Cross Arise」を収録
△1992.--.-- Throw Light On <7inchEP/Dim Records/DIM 009>
△1995.--.-- Atavus <7inchEP/Sun Grab Records/SGE-102>
△1997.--.-- SKIN SURVIVE SKIN <CD Al./HUNTER/HR-001>
▲1997.--.-- Don't Screw Up Your Eyes <Split with Crikey Crew/7inchEP/Bronze Fist Records/BFR-002> ※「Truesome」を収録
○元バッドバルチャーズのMORITAらにより、1990年大阪で結成され、難波ベアーズなどを拠点に活動したスキンヘッズ・バンド。
□バッドバルチャーズ / Proud Hammers

ルジェフ
[THE GURDJIEFF]


▲1985.10.01
EGO #2: CRITYICAL SPECIES <Ct./ROCK MAGAZINE> ※「All And Everything」を収録
△1985.--.--
THE GURDJIEFF <7inchEP/NIGHT GALLERY/NG-002>
○1983年始動。電子楽器を駆使し、独自のプログレッシヴかつポップな音楽をつくりあげたグループ。メンバーは不特定であり、前田雅彦らが参加した。


百合姉妹
[KUROYURISHIMAI]

◇ジュリ[JURI](Vo./Per.) / ぴあの[LISA](P./Key.) / うさこ(B.)
→ジュリ[JURI](Vo./Per.) / ぴあの[LISA](P./Key.)
▲1990.09.25 Galaxy & Nu Beauty (GALAX 1) <CD Al./
SSE COMMUNICATIONS/SSE-4002CD> ※『眠り』『UNDER THE MOON』を収録
△1990.12.25 最後は天使と聴く沈む世界の翅の記憶 <CD Al./
SSE/SSE-4003CD>
△1991.12.21 夜が星をしたがえて[NIGHT WITH HER TRAIN OF STARS AND HER GIFT OF SLEEP] <Al./
SSE/SSE-4009CD>
△1992.09.25 Schwarzwald <VHS/
SSE/SSE-4014VT>
△1993.06.10 月の蝕 <CD Al./
SSE/SSE-4020CD>
△1993.10.-- LUX AETERNA〜久遠の光〜 <CD Al./
SSE/SSE-4024CD> ※ライヴ・アルバム
○1986年5月に結成した、ジュリとリサの姉妹を中心とした中世ヨーロッパ的なゴシック感覚を持つユニット。大阪、京都を拠点に活動。


K
[K]

◇藤原圭[ヌルピョン]
▲1984.09.-- Sexorama 2 <Ct./ZSF Produkt> ※「Recorded Live At Untitled Theater, 10-2-84」を収録
▲1994.--.-- Kから来たりて武士パンク <As"ヌルピョン"/Ct./
Fujiyama
○のちに
モダンチョキチョキズで活躍するヌルピョンは、高校生時代にK名義でノイズミュージシャンとして活動。1994年にフジヤマからヌルピョン名義でリリースされた『Kから来たりて武士パンク』A面に当時の音源が収録されている。藤原は、高校卒業と同時にノイズミュージシャンとしての活動を終了させる。その後、1989年から1991年までヌルピョンと安土城で活動、1994年より雷マラソンにて活動。
雷マラソン / ヌルピョンと安土城 / モダンチョキチョキズ

K.G.G.M.
[K.G.G.M.]

◇PSY[雑賀](Vo.) / NAOTO[直人](B.) / AKII[秋井仁](Dr.) / HIRONO(G.) ※1987.10結成
→PSY[雑賀](Vo.) / NAOTO[直人]((B.) / AKII[秋井仁](Dr.)
→PSY[雑賀](Vo.) / YAMAZAKI(B.) / ROKURO(Dr.) ※1989〜 YAMAZAKIはLENINGRAD BLUES MACHINEにも参加
→PSY[雑賀](Vo.) / TANK(B.) / OSAMOON(Dr.) ※1990〜 TANKは元OUTO、OSAMOONはナイトメアにも参加
→PSY[雑賀](Vo.) / TANK(B.) / YOU(Dr.) ※1991.1.15解散
△1988Autumn FIGHT BACK DO IT <EP/WILDWEST/AWWR-002>
▲1989.--.-- FEAR <LP/Alchemy/ARLP-028> ※「Raw Judgment」「Self-Centred」「Okina Osewa」の3曲を収録したコンピ盤
▲1989.--.-- FEAR <VHS/Alchemy/ARVC-7> ※1989年10月29日、大阪エッグプラントでの『FEAR』発売記念ライブを収録
▲19--.--.-- FEAR LIVE <VHS>
△1990.06.-- K.G.G.M. <Ct./LOOSE NUT/LN.01.>
△1991.--.-- K.G.G.M.の逆襲 <CD Al./Alchemy/ARCD-024>
○1987年10月、PSYを中心に、AKII(オフマスク00)、NAOTO(S.O.B)、ヒロノの4人で結成。1988年秋に発表した『FIGHT BACK DO IT』のB面に収録されたラモーンズのカヴァーが反響となる。ヒロノの脱退後は、OUTOのカツミ、ガーリックボーイズのラリー、サバートブレーズの柿木[KACKY]、元S.O.BのKASらをサポートギターに迎え、関西を中心に活動。1991年1月15日、難波ベアーズのライヴを最後に解散。
OUTO / S.O.B. / オフマスク00 / ガーリック・ボーイズ / サバートブレーズ / ナイトメア / レニングラード・ブルース・マシン

オルゲ・グロッス
[GEORGE GROSZ]

◇黛琳[マユズミリン](Vo.) / レイジ(G.) / ヤミ(B.) / ドンチュゲ(Dr.)
▲1985.12.10 恋は信じるほどに美しい = Love Is Beautful <Ct./
Yapool Music> ※「政府の闇の捏造」を収録
○80年代中後期、神戸を拠点に活動していた黛琳を中心とするポジティブパンク系バンド。黛琳はターシャリー・スィフィリス[Tertiary syphilis]、ソロユニットのDe Orgasmsなどでも活動。


激突モモンガ・パートII
[GEKITOTSU MOMONGA PART II]

◇木村克也(B.) / 矢木利夫(Vo./G.) / 平山修二(G.) / 梶村浩三(Dr.) ※『'75 8.8. ROCK DAY LIVE
▲1975.10.01
'75 8.8. ROCK DAY LIVE <2LP/Bourbon/BMC-1001〜2> ※「ウー・プー・パ・ドゥー」「ノック・オン・ウッド」を収録
○大阪を拠点に活動したバンド。リーダーは木村克也。1975年の「8.8 ROCK DAY」グランプリ大会に出場し、バンドは優秀バンド賞、木村はベース個人賞を獲得した。


ン・スギサキ
[KEN SUGISAKI]

△1990.01.-- 井戸ノ中ノカワズ <7inchEP/BRON RECORDS/BRON-K1>
A1. 井戸ノ中ノカワズ
A2. ドンパン節
B1. 踏切番
▲1990.--.-- 米押達磨 <Ct./第五帝国> ※「井の中の蛙」を収録
△1991.12.21 ライブセッション <Ct./
殺害塩化ビニール/殺害91カテ016>
△2009.--.-- 旅に出るのさ <CD>
▲----.--.-- チャンピオン・カーニバル II <Ct./Murderous Tapes> ※1曲収録
○殺倶での活動でも知られた“京都の奇人”。
モダンチョキチョキズ『ローリング・ドドイツ』、想い出波止場『水中JOE』などにも参加。2009年には、自身初のCDとなる『旅に出るのさ』をリリースしている。


幻想視姦
[GENSO:・SHI:・KAN / GENSO"SHI"KAN]

◇OKOJO(Vo.) / Lagel(G.) / AKAKAGE(B.) / SONOKO(Key.) / Chu-nee(Dr.) ※『ドゥルシネーア』
△198-.--.-- ドゥルシネーア <7inchEP/
吉田君レーベル/YEP-001>
 A. ドゥルシネーア
 B. テェブルの上の顛末
▲198-.--.-- 太平天国I <Ct.> ※「An Illusion」を収録
○「エッグプラント」などを拠点に活動したロック・バンド



[COA]

◇ゑでぃ[E'DDIE](B./Vo.] / BILL(Dr.)
△1995.06.-- ナマ獣 <Ct./GYUUNE CASSETTE/ぎ94-24>
△199-.--.-- LIVE <Ct.>
△199-.--.-- III <Ct.>
△199-.--.-- B・O・I・M<Ct.>
▲199-.--.-- ユープタワー 怖 <Ct.> ※ユープタワーとのスプリットカセット
△1995.--.-- 怖(COA) <7inchEP/Japan Overseas/JO95-13-7>
△1996.06.-- SMELL ME,SMELL MY GRANDFATHER <CD Al./Japan Overseas/JO96-26>
△1998.09.23 YOUR CHILL LOBE TO MY SOUND SLEEP <CD Al./WAX/TKCH-71455>
▲1998.10.20 BEARS'are NOT REAL〜BEARS'COMPILATION vol.1 <CD Al./Japan Overseas/JO98-41> ※「Stalker」を収録
▲1998.12.25 MUSHROOM A GO GO! <CD Al./GYUUNE CASSETTE/CD95-15> ※怖+高田渡「それはぼくぢゃないよ 」を収録
▲1998.--.-- Coa/怖 spasmom <7inchEP/Fun At Home Records> ※スパズマムとのスプリット盤、「Using Tricks」を収録
△1998.--.-- 惑星 <Analog/Japan Overseas/JO98-43>
△2000.10.25 一億と一番目の祈りを導きだせばいい[You Should Draw Out The Billion And First Prayer] <CD Al./
HOREN/MIMI-010> ※“灰野敬二&怖”としてリリース
△2002.02.25 ウニ人格(Sea Urchin Character) <CD Al./GYUUNE CASSETTE ZASSHOKU/ZSCD-1>
△2003.11.01 CUT UP <CD Al./THEOPHORIC RECORDS/THEO-004>
▲2004.02.25 The Night Gallery 2 -21st century osaka greasy truckers <CD Al./ALCHEMY/ARCD-152> ※「MIRROR to MIRROR」を収録
○1992年8月、某大学サークル内にて、E'DDIEとBILLら4人で結成、1994年春頃よりEDDIEとBILLの2人編成となる。姫路マッシュルームを中心に活動、ベースとドラムを基調とする重いサイケデリック・ロックを展開。2人は須原敬三との3人ユニット“窄(すばり)”でも活動。ゑでぃはゑでゐ鼓雨磨としてのソロ活動のほか、2001年頃からは柔流まぁこんとゑでぃまぁこんとしても活動している。なお、2004年に発表されたオムニバス『The Night Gallery 2 -21st century osaka greasy truckers』にはそ怖の「MIRROR to MIRROR」のほか、ゑでぃまぁこんとしての「イクヨノシタク」「ハロウヘイホ」の2曲、窄の「半分だけのうた」も収録しており、のの合音楽性の違いを感じ取れる作品となっている。また、1998年にリリースとなった『CHILDISH SOUP 1997』(CSCD-01)には、メンボーズと怖体ユニット“エプロンZ”の音源が2曲収録されている。
□エプロンZ / 窄 / ゑでぃまぁこん

ールタール
[COALTAR]

◇永富隆介[ナガトミリュウスケ](Vo./Sax) / 田中イサオ[ISA@](Vo./Tp.) / 滝口ターキー[TARkey](G./Cho.) / 片桐サム(B./Cho.) / 山木マサヒロ(Dr./Cho.)
→永富隆介[ナガトミリュウスケ](Vo./Sax) / 田中イサオ[ISA@](Vo./Tp.) / 滝口ターキー[TARkey](G./Cho.) / クニヒロ[KUNIHIRO](Dr.)
△1992.01.25 コールタール <CD Al./STINKY RECORDS/SRC-0002>
△1996.05.21 ファミリーダンシング <CD Al./THIRD EAR<COLUMBIA/COCA-13357>
△1996.11.21 死ぬまで変わらず綺麗かい? <CD EP/THIRD EAR<COLUMBIA/CODA-1075>
△1997.02.21 アクティヴ <CD EP/THIRD EAR<COLUMBIA/COCA-14050>
△1997.05.21 hanatsuhikali <CD Al./THIRD EAR<COLUMBIA/COCA-14226>
△1997.12.20 人に優しく <CD EP/THIRD EAR<COLUMBIA/COCA-14757>
△1998.03.21 カナリア <CD EP/THIRD EAR<COLUMBIA/CODA-1469>
△1998.04.21 ココロ <CD Al./THIRD EAR<COLUMBIA/COCA-15048>
△2002.05.21 hanatsuhikali <CD-R Al./THIRD EAR<COLUMBIA/COR-14226>
○1990年代、京都を拠点に活動を行ったミクスチャー・ロック・バンド。活動前期はレッチリやフィッシュボーンなどからの感じさせるファンキーなミクスチャーロックを展開、活動後期はフォーキーで落ち着いた滋味深いロックを聴かせた。1999年のバンド活動休止後、ナガトミはソロ活動を経て、キタミ タケシ(元ブラワーエンジン)、竹内 正和(元GOOFY'S HOLIDAY、元AWA)らと2003年よりウィウィマーフィーで活動。
□ウィウィマーフィー

ールデン・シロップ・ラバーズ
[GOLDEN SYRUP LOVERS]

◇長辻利恵(Vo./G.) / 木村健(G.) / 神近典子(B./Cho.) / 前川(Dr.)
→長辻利恵(Vo./G.) / 木村健(G.) / 神近典子(B./Cho.) ※1994年 前川脱退
→長辻利恵(Vo./G.) / 木村健(G.) / 野村太史(Dr.) / 神近典子(B./Cho.) ※1997年 野村加入
→長辻利恵(Vo./G.) / 木村健(G./B./Synth.) / 野村太史(Dr./Perc.) ※2000年 神近脱退
△----.--.-- GOLDEN SYRUP LOVERS <Ct.> ※全12曲収録
△----.--.-- GOLDEN SYRUP LOVERS <Ct.> ※全3曲収録
▲1998.10.20 BEARS'are NOT REAL〜BEARS'COMPILATION vol.1 <CD Al./Japan Overseas/JO98-41> ※「SILENT WOODS」を収録
▲2001.01.24 トリビュート・トゥ・ニッポン <CD Al./
UMMO Records/UOCA-1007> ※「白鵺」を収録
△2001.05.21 HUE <CD Al./
UMMO Records/UOCA-1008>
△2003.06.26 Aωa (アルファオメガアルファ) <CD Al./
UMMO Records:MIDI Creative/CXCA-1133>
△2003.06.26 HUE <CD Al./UMMO Records:MIDI Creative/CXCA-1134> ※UOCA-1008の再発
○1993年に大阪で結成されたギターロックバンド。軽快なギターポップを聴かせたと思いきや、ノイジーでドロドロなサイケデリック・ロックを聴かせてくれたり。2003年6月に長辻が脱退、それを受け同年11月に活動休止を発表。長辻はその年の初春に三沢洋紀と結成していたポニーでの活動に移行。
□ポニー

ックニーコックス
[COCKNEY COCKS]

◇タムサン[TAMSAN](Vo.) / ヒマツ[HIMATSU](G.) / ポッキー[POCKY](B.) / クンニ[KUNNI](Dr.)
→タムサンVo.) / ヒーマツ(G.) / ベンジャミン(B.) / タニガワ(Dr.) ※1989年頃
→タムサン[TAMSAN](Vo.) / TSUJI(G.) / ベンジャミン[BENJAMIN'](B.) / タニガワ[TANIYAN](Dr.) ※「Night Of The Outrage」
▲1985.11.13 Oi Of Japan <LP/AA RECORDS/AA-016> ※「I DON'T CARE」「BAD BOY」を収録
△1985.12.-- SINGLE <7inchEP/AA RECORDS/AA-018>
▲1986.01.--
WE ARE BEAT CRAZY <LP/CAPTAIN/CAP-0020-L> ※「WORK SONG」「TAKE US GUNS」を収録
△1987.09.-- CROSS COUNTER <8inchEP/
BEAT CRAZY/BCR-8>
△1989.08.-- Wonderful World <8inchEP/
BEAT CRAZY/BCR-11>
▲1989.--.--
WE ARE BEAT CRAZY <CD Al./CAPTAIN/CAP-1011-CD> ※CAP-0020-LのCD化
△1990.--.-- Night Of The Outrage <CD Al./D.T.K Records/DTK-0003>
△1990.05.-- SHOTGUN BOOGIE <VHS/
MCR COMPANY/MCR-028>
▲2011.01.26
ウィー・アー・ビート・クレイジー2011 <CD Al./Solid Records/CDSOL-1371> ※『WE ARE BEAT CRAZY』の再発
△2011.08.20 The Very Best Of Cockney Cocks And I Don't Care <CD Al./Bootstomp Records/BTSP-023>
○コブラを中心に80年代中期に盛り上がった関西Oiムーブメントの一翼を担ったバンド。そののち、Oiのみにとどまらないハードなロックンロールを聴かせるバンドへと進化。


ごまのはえ
[GOMA NO HAE]

◇伊藤銀次(G./Vo.) / 藤本雄志(G./Vo.) / 末永博嗣(Vo.)
→伊藤銀次(G./Vo.) / 藤本雄志(G./Vo.) / 末永博嗣(Vo.) / 角谷安彦(B.) / 種田たかし(Dr.)
→伊藤銀次(G./Vo.) / 藤本雄志(G./Vo.) / 末永博嗣(Vo.) / 角谷安彦(B.) / 美世よしたか(Cb.)
→伊藤銀次(G.) / 藤本雄志(Key.) / 末永博嗣(Vo.) / 角谷安彦(B.) / 上原裕(Dr.) ※『留子ちゃんたら』
△1972.09.25 留子ちゃんたら c/w のぞきからくり <7inchEP/BELLWOOD/OF-6>
▲1972.--.-- 春一番コンサート・ライブ! <LP/BELLWOOD/OFW 1^2> ※「とめ子ちゃん」を収録
▲1973.07.-- 春一番 <10LP/風都市/UGD3001^3010> ※「お早う眠り猫君」「まにあってます」「語呂合せ」「しゃべりたいなあ」「留子ちゃんたら」を収録
▲1975.--.-- 春一番 '72 <LP/BELLWOOD/OFM-4> ※「留子ちゃん」を収録 /
▲1976.--.-- WHO'S WHO IN ROCK'N'ROLL 春一番'76 <2LP/BELLWOOD/OFL-37> ※ごまのはえ・アゲイン「the weight」を収録
▲2004.04.28 春一番ライブ’72 <2CD/BELLWOOD/BZCS-9019^9020> ※OFW 1^2のCD化
▲2006.05.02 1972 春一番 <10CD/Bridge/BRIDGE-051^060> ※UGD3001^3010のCD化
○グラスブレインにいた伊藤銀次・末永博嗣らにより1971年に結成されたロックバンド。1971年に村八分を脱退し、大阪に戻った元グラスブレインの上原裕が1972年に加入。同年、東京にて岩井宏のディレクションのもと、『留子ちゃんたら』をレコーディング、9月にシングルとしてリリース。大瀧詠一の誘いにより、バンドは1973年3月に上京。同1973年7月には、メンバーの変更に伴いココナツ・バンクに改称。ココナツ・バンクは、同1973年9月21日文京公会堂にて開催されたはっぴいえんどの解散コンサート「CITY−ラスト・タイム・アラウンド」に出演するも、翌9月22日に解散。1973年7月にメンバーを外された角谷安彦は帰阪し、1974年に
スターキング・デリシャスを結成。
 ごまのはえは1976年に再結成、ごまのはえ・アゲインとして「春一番コンサート」に出演、このときの音源が『WHO'S WHO IN ROCK'N'ROLL 春一番'76』に収録されている。
□ウッドブロック / グラスブレイン / ココナツ・バンク / ハウス・グラス・ホッパー / 村八分

ミューヌ
[COMMUNE]

◇中岡義雄(B.) / 丸山孝(Dr.) / YAMAMOTO HIROYUKI(Vo./G.)
△1981.--.-- REALITY <Ct.(C-30)/.AUTONOMY LABEL/AUT-1> 
 A1. Reality
 A2. Fuck
 A3. System
 A4. Issue <-Kampuchea->
 B1. Mary
 B2. Life
 B3. Capitalism
△1982.07.10 Will c/w I Can't Believe <7inch EP/AUTONOMY LABEL./Autonomy-701[AUT-701]>
 A. Will
 B. I Can't Believe
○アーント・サリー〜ノーコメントで活動をともにした中岡と丸山の2人が結成したパンク/ニューウェイヴ・バンド。
□アーント・サリー / ノーコメント


[COMM]


○北山和可のプロデュースにより1983年7月に結成され、京都を中心に活動したバンド。ベースでリーダーはノンカテリアンズの神田ヒデヒロ[KANDA]、ドラムにウメ、パーカッションにはノンカテリアンズでの活動でも知られるアンディ[安藤フミオ/安藤文雄]が在籍。サックス担当はTannno、1984年頃にヒサシに交代。
アンディ、ウメ、Tanno、ヒサシは、アンディ率いるアンディ&ヒズ・ファイヤークラッカーズでも活動。
Andy and His Firecrakers / ノンカテリアンズ

小向勝彦 & ABOUT
[Katsuhiko Komukai & ABOUT]

◇小向勝彦(Vo.) / 丸山一樹(G.) / 福井敏[福井びん](B.) / 山下真昭(Dr.) / 口垣内康夫(Key.)
▲1987.--.-- INGRESS one <LP/
KIT Record/KIT-1001>
A1. ロックン・ロール・シティ / 小向勝彦 & ABOUT
A2. サヨナラの街 / 小向勝彦 & ABOUT
A3. Single・Night / 小向勝彦 & ABOUT
A4. X'マス・ソング / 小向勝彦 & ABOUT
A5. Stay・With・Me / 小向勝彦 & ABOUT

B1. Funk・KIT / Masque
B2. 月の膨張率 / Masque
B3. T-Tone / Masque
B4. Mermaid / Masque
○小向が京都にて参加していた
三十三間堂が1984年に解散、大阪に戻った小向を中心に結成されたロック・バンド。1985年9月、神戸チキンジョージにてライヴデビュー。メンバーは、小向のほか、丸山一樹、福井敏、山下真昭(ex.オルフェ、ex.三十三間堂、ex.バグ・ダンス)、口垣内康夫(ex.カーニバル)の5名。のち、小向と福井はRED KINGなどでも活動。1997年、小向はこの世を去っている。のち、山下は、茉莉華を結成。
□オルフェ / カーニバル /
三十三間堂 / バグ・ダンス / 茉莉華 / RED KING

ムソー
[COM-SO]

◇龍野銀次(Vo./Sax/Key.) / 佐々布明彦(G.) / 結城正是(B.)
△1987.--.-- I'M SO SERIOUS… <Flexi/COM-2025>
△1988.10.-- COM-SO <CD Al./Paradise Record/PRJ-0001>
○梅田バーボンハウスなどを拠点にライヴ活動を行ったバンド。3人それぞれがスタジオミュージシャンとしても活動しており、演奏能力は確か。1988年に発表したアルバム『COM-SO』には、出原卓(ハリースキュアリー)、日下部正則(スナイパー)、永井博子(ページェント)、赤尾和重(テラローザ)らがゲスト参加している。


ングダービー
[Gong Der Bee]

◇吉川豊人(Vo./Perc.) / 岩崎順(Dr.) / Steve Horn[スティーブ・ホーン]Sax) / You-ji Shima[島ゆうじ](G.) / 尾崎隆広(B.) ※『BEARS・LIVE』
▲1988.12.-- West Psychedelia 2: Walk on Wild West <LP/ALCHEMY/ARLP-024> ※「メリー」を収録
△1989.--.-- BEARS・LIVE <Ct./BEARS/BCA-001>
○1985年頃、吉川豊人を中心に結成されたロック・ユニット。吉川豊人(Vo.)、岩崎順(Dr.)、スティーブ・ホーン(Sax)らを軸にしつつメンバーは流動的であり、楯川陽二郎(Dr.)、津山篤(B.)、テラ・ローザに在籍した島ゆうじ[シマ・ユウジ](G.)、のちにThe神SUNに参加する尾崎隆広(B.)らも一時参加している。
アウシュビッツ / 想い出波止場 / THE神SUN / グラインド・オーケストラ / サイコワウ / テラ・ローザ / ハッピーカウボーイズ / ボアダムス

ンクリート・オクトパス
[CONCRETE OCTOPUS]

◇山塚アイ[EYE](Vo.) / TALVO(G.) / YOUNG-BO[ヤンボー](B.) / 長谷川チュウ(Dr.)
▲1992.--.-- TVVA <CD/Less Than TV/CH-1> ※「concrete octopus army」を収録
△2007 08.10 GET 1/GET 2/GET 3 <EP/TIME BOMB/BOMB-07> ※リリースの告知はされるが未発売
○ボアダムズの山塚を中心としたハードコア・バンド。90年代初頭に短期間の活動を行い、後進に少なからず影響を与えた。長谷川は、D.M.V.、想い出波止場にも在籍、のちTALVOとともコラプテッドで活動。 YOUNG-BOは1992年よりライズ・フロム・ザ・デッドで活動。
想い出波止場 / コラプテッド / D.M.V. / ボアダムス / ライズ・フロム・ザ・デッド

ンチネンタル・キッズ
[THE CONTINENTAL KIDS]

◇シノヤン[篠田純](G.) / ランコ[蘭子](B.) / イソノ・タカミ[磯野隆](Dr.) / 月泉秀(Vo.)
→シノヤン[篠田純](G.) / ランコ[蘭子](B.) / イソノ・タカミ[磯野隆](Dr.) / 吉川(Vo.) ※1983年、月泉が脱退
→シノヤン[篠田純](G.) / ランコ[蘭子](B.) / イソノ・タカミ[磯野隆](Dr.) / 吉川(Vo.) / キチク[KITCHIE/松田洋](G.) ※1985年〜
→シノヤン[篠田純](G.) / ランコ[蘭子](B.) / イソノ・タカミ[磯野隆](Dr.) / キチク[KITCHIE/松田洋](G.) / AKIRA[渡久地アキラ](Vo.) ※1987年〜
△1984.11.-- THE CONTINENTAL KIDS <7inchEP/
Beat Crazy/BCR-1>
△1985.06.-- THE CONTINENTAL KIDS II <7inchEP/
Beat Crazy/BCR-4>
▲1986.01.--
ウィ・アー・ビート・クレイジー <LP/Captain/CAP-0020-L> ※「HELL CAT」「BURNING」の2曲を収録。
△1986.10.-- POWER & PRIDE <8inchEP/
Beat Crazy/BCR-7>
▲1987.07.21 Fruits & Flowers <LP/
SUNSHINE SHERBET/SS-001> ※「Get Down Baby」「Believe In Punk Rock」「Go To Ride」「ええかげん」の4曲を収録。
△1988.05.05 OUTLAW IS A NICE GUY <LP/
SUNSHINE SHERBET/SS-004>
▲1989.--.--
ウィ・アー・ビート・クレイジー <CD Al./Captain/CAP-1011-CD> ※CAP-0020-LのCD化
△1989.--.-- NOWHERE GYPSY'S <LP/
SUNSHINE SHERBET/SS-005>
△1990.06.25 DEMOCRACY FREAKOUT <CD Al./
SUNSHINE SHERBET/SS-007>
▲1990.04.-- TASTE OF WILD WEST 1 <CD Al./WAX/TKCA-30076> ※「リヴェンジ・フォー・リヴィング・ヘル」「デス・ダイヴ」「ヘル・キャット」の3曲を収録
▲1990.07.05 バーニング・ワイルド・ウエスト パンク編 <VHS/
JICC出版局/VOS-4600>
△1990.07.25 OUTLAW IS A NICE GUY <CD Al./
SUNSHINE SHERBET/SS-008> ※SS-004のCD化
△1990.07.25 NOWHERE GYPSY'S <CD Al./
SUNSHINE SHERBET/SS-009> ※SS-005のCD化
△1990.-- -- THE CONTINENTAL KIDS <VHS/SPOOKY-002/SPOOKY>
△1991.02.25 GRAND PUNK RAILROAD <CD Al./Alchemy/ARCD-021>
▲1998.09.23 TASTE OF WILD WEST 1 <CD Al./WAX/TKCH-71456> ※再発
△2002.10.24 ビート・クレイジー・イヤーズ <CD Al./いぬん堂/WC-030>
△2008.04.25 OUTLAW IS A NICE GUY <CD Al./LOVE 2 SKULLS/VDCA-3005> ※再発
△2008.04.25 NOWHERE GYPSY'S <CD Al./LOVE 2 SKULLS/VDCA-3006> ※再発
△2008.04.25 DEMOCRACY FREAKOUT <CD Al./LOVE 2 SKULLS/VDCA-3007> ※再発
△2013.10.23 GRAND PUNK RAILROAD SPECIAL EDITION <CD Al./TEICHIKU/TECH-39354> ※『GRAND PUNK RAILROAD』にボーナストラック3曲追加、ライヴDVDを同梱して再発
○SS解散後のシノヤンとイソノ・タカミがチャイニーズ・クラブ、FUNを経て1981年に結成したロックバンド。1981年6月にはシノヤン、ランコ、ビデこと藤原英則(ウルトラビデ)、イディオットこと高山謙一(イディオットオクロック)により企画団体"ビートクレイジー"を発足、以後京都でのライヴ・イベントの企画などを執り行った。ランコは、サイドプロジェクトとしてスペルマでも活動。1991年、コンチネンタル・キッズは解散。1997年11月10日、ランコ逝去。2010年10月、松田洋逝去。2021年8月25日、AKIRA逝去。
SS / スペルマ / チャイニーズ・クラブ / FUN

蟲同盟ソラリス
[KONCHU DOMEI SOLARIS]

◇アリス・セイラー / 松蔭浩之 / 吉田ヤスシ

○昆虫人間である3人が地球を守るためのメッセージをライヴで披露する、という若干の演劇的要素もあるユニット。
アマリリス / コンプレッソ・プラスティコ / スパズマム / ナスカ・カー / PBC

コンティンジェンツ
[Contingents]

◇センコ[SENKO](Vo./Cl.) / パルナス・ミホ[MIHO](B.) / スノウ・ブランド(Key./Synth) / スマコ・サーガミ[SUMAKO](Rhythm Box/Dr.) ※1982年秋頃の編成
◇SENKO / SUMAKO / MIHO ※『B-LIVES 4』
▲1993.--.-- B-LIVES 4 <Ct./
SKATING PEARS/SP-011> ※「Yelp Yelp」を収録
○1980年代前半、京都を拠点に活動したガールズバンド。


ントロールド・ボルテージ
[CONTROLLED VOLTAGE]

◇稲見淳[稲見スナオ](Inst.) / 杉本敦(Vo.) / Masa(Dr.) / 福間創(Inst.)
△199-.--.-- Un Official Demo Tracks 1-3 <Ct./Iron Beat Manifesto>
△1992.--.-- LIVE ELECTRONICS <VHS/Iron Beat Manifesto>
▲1993.05.-- トロイの木馬 <CD Al./POR SUPUESTO/STAP-0312> ※「closed eyes view」を収録
△1993.--.-- C.V. Minus One Live <Ct./Iron Beat Manifesto>
△1993.--.-- Used Up and Empty <VHS/Iron Beat Manifesto>
△1994.11.-- OFFICIAL BOOTLEG <Ct./Iron Beat Manifesto>
▲1994.11.-- XD-Submit Vol.1 <CD-ROM/XD FirstClass Network/XDSUB001A>
▲1995.03.-- XD-Submit Vol.2 <CD-ROM/XD FirstClass Network/XDSUB002A>
▲1995.09.-- XD-Submit Vol.3 <CD-ROM/XD FirstClass Network/XDSUB003A>
▲1996.03.-- XD-Submit Vol.4 <CD-ROM/XD FirstClass Network/XDSUB004A>
△2002.05.-- LOST AND FORGOTTEN <CD Al./C.U.E. records/qcd-0001>
○稲見を中心に結成、1991年から1995、6年頃まで活動したニューウェイヴバンド。稲見らが作り上げるエレポップの旋律、MASAによるタイトなドラム、杉本の暗く湿った80'sマナーなヴォーカルが相俟って90年代だからこそ生まれたニューウェイヴサウンドとなっている。1994年には、Obiこと緒毘絹一も加入。途中、脱退した福間は、1994年から2000年までP-MODELに参加、2001年よりsoyuz projectを始動している。2002年には、稲見主宰のレーベルC.U.Eレコードよりコントロールド・ボルテージおよび、各メンバーが90年代にXD FirstClass Networkなどから発表した音源をまとめたCD『LOST AND FORGOTTEN』がリリースされている。
□soyuz project / P-MODEL

コンヴィニエンス ストア カウボーイズ
[Convenience Store Cowboys]

◇marutani kaz[マルタニカズ](G./Vo.) / kitabayashi jun[ジュン/北林純](Dr.) / shuh-t[シュウ/友野修平](B.) / ant's motoki[アンツ元木](g.) / okajima naoki[ナオキ/岡嶋直樹](Sax) ※『CVS COWBOYS』
○1996.--.-- CVS COWBOYS <CD/
The LABEL Raffresia/LRCD-201>
01. Loch LOMOND
02. CVS COWBOY
03. 賄賂
04. P/P
05. 観覧車にのって
06. Chase in the Dark
07. Catty Love Juice
08. 海底の島
09. 片目でちんばのせむし女
10. Drug & Chips
11. Bared Bard

A Decade-IN FAKEソンナ・バナナのメンバーであった北林・友野・マルタニに、アンツ元木が加わり始動したバンド。当初はTHE VIBRATORSと名乗っていたが、のちコンヴィニエンス ストア カウボーイズと改名。初期はミルクマン斎藤がトランペット奏者として参加していたが、のちに岡嶋に交代、その5名編成にてアルバム『CVS COWBOYS』を録音、1996年にマルタニ自身のレーベル、The LABEL Raffresiaよりリリース。
ア・ディケイド・イン・フェイク / ソンナ・バナナ / パラボラ スピンズ

ンベックス・レベル
[CONVEX LEVEL]

◇渡辺良(G./Vo.) / 前川健一(B./Vo.) / 中道圭介(Dr./Vo.)
△1987.--.-- A CONVEX LEVEL <Ct.>
△1988.--.-- - <Ct.> ※無題
△1989.--.-- エレクトリックお兄ちゃん <Ct.>
△1990.--.-- HALL MAN INTO MAN HALL <Ct.>
△1991.--.-- HALL MAN INTO MAN HALL <CD Al./
GATOR WOBBLE RECORDS/GWCD-9106>
▲1992.--.-- どん底ハウスVA/ロックのはらわた <CD Al./HULA-HOOP/HRCD-9206> ※「Xenon You Zebla」を収録
▲1992.12.10 ZK+SAMPLERS 1992→93 <CD Al./ZK-RECORDS/ZIKS-005> ※「KNIFE」を収録
△1993.--.-- 3 YOUNG MEN ORIGINAL SOUNDTRACK <CD Al./ZK-RECORDS/ZIKS-009>
△1995.01.21 BALL UP <CD EP/dohb discs/ESCB-3011>
△1996.02.10 UNIVERSE IS A FROG AS ITSELF <CD Al./
GREEN RECORDS/GREEN-001>
▲1997.04.20 ソーラー・エクリプス〜グリーンレコーズ・コンピレーションVol.1 <CD Al./
GREEN RECORDS/GREEN-003> ※「Careless and Impatient」を収録
▲1998.06.10 Passed Days(ZKrecords pre-released songs compilation 1992-1997) <CD Al./ZK-RECORDS/MKCZ-1008> ※「NO SUCH A FACE」を収録
△1998.12.02 PLAIN E.P. <CD EP/Robin Discs/ESCB-1931>
▲1998.12.-- BIG FISH MUSIC Sampler VOL.1 <CD Al./Fish the MUSIC> ※「Plain Talk」を収録
△1999.04.21 DREAM E.P. <CD EP/Robin Discs/ESCB-1970>
▲2001.02.28 ZK+SAMPLERS “Slice Of Reality” <CD Al./BLOODY BUTTERFLY/ZIKSBB-023> ※ZIKS-005の再発
△2004.02.25 Fine Time 〜A Tribute To New Wave <CCCD Al./Ki/oon/KSCL-646〜647> ※「Video Killed the Radio Star」を収録
△2009.12.-- New Moon 1st Contact <CD-R>
△2010.05.-- DiY1 - Unreleased & Remastered <CD-R>
○渡辺良と前川健一が高校時代に結成していた電子音楽ユニットに中道圭介が加入する形で1986年に結成、ニューウェイヴでプログレでオルタナ、そして時にポップなロックを聴かせるスリーピース・ロック・バンド。渡辺良はほかにも、
スネイクヘッドメンバンビシナプスなどのバンドに参加し、90年代中期からはグリーンレコーズを運営している。
スネイクヘッドメン / バンビシナプス


[go to index] [www top]