[www]

[ マ / ミ / ム / メ / モ ]

◇=member △=discography ▲=other release ○=infomation/comment □=related

 
ージー・ビート
[MERSEY BEAT]

◇山本ケンジ(B.) / 中戸靖仁(G./Vo.) / 花石真人(Dr.) ※1
→山本ケンジ[Yamamoto Kenji](B./Vo.) / 大西[Ohnishi Hideo](Dr./Per.) / 中戸靖人[Nakato Yasuhito](G./Vo./Harmonica) / 金田安紀子[Kanata Akiko](Synth./Org.) ※『Mersey Beat』
→田村[Tamura Tetsuya](B./Cho.) / 大西[Ohnishi Hideo](Dr./Per.) / 中戸靖人[Nakato Yasuhito](G./Vo.) / 金田安紀子[Kanata Akiko](Key.) ※『Silent Reaction』
→中戸靖人[Nakato Yasuhito](G./Vo.) / 金田安紀子[Kanata Akiko](Key.) / 桑野栄子(Vo.) / 伊藤博志(B.) / 稲田隆(Dr.) ※1989年頃
△1987.05.-- Mersey Beat <7inchEP/Con-Trust/S-001>
 A1. A Rebellion To Town
 A2. Please Open Your Eyes
 B1. Keep On Harpin'
▲1987.--.-- Dance! Approved Streets <LP/
Radiate Records/GO GO-1> ※「It Keeps Me On Harpin'」「It's A Fridai Night」の2曲を収録
△1988.--.-- Silent Reaction <12inchEP/FORUS RECORDS/PRC-30576> ※ビクター委託制作
 A1. All Seasons
 A2. 夜空の向こう側に
 B1. When I Feel Blue
 B2. A Rebellion To Town
○1983年、大阪で結成されたモッズ系バンド。結成当初は3人でスタート、初代ドラマーの脱退を経て、1984年8月より※1の編成で活動。その後メンバーの変更などを経て、1987年5月にEP『Mersey Beat』をリリース。同1987年に姫路フォーラス・サウンド・コンテスト・グランドチャンピオン大会で優勝、副賞として12インチEP『Silent Reaction』を発表。


ーパ
[mar-pa]

◇松尾泰伸(Key.) / 中村岳(Per.) / 吉田匡(Dr.) / 鍛治俊彰(Per.) / 岡尚史(B.)
△1988.09.21 finale <CD/PONY CANYON/D32R-0065>
 01. so‐so
 02. ROMA
 03. A SONG of THE LAND
 04. finale
 05. Millennium
 06. WHITE ELEPHANT
 07. Lyric Stone
 08. Cris‐chan
1989.12.06 リムランド[RIMLAND] <CD/PONY CANYON/PCCR-00018>
 01. RIMLAND
 02. BULAN BINTANG GARDEN
 03. GARUDA
 04. BAIK BAIK
 05. PROTOCOL
 06. RICE PLANT
 07. ASCENSION
 08. Mr. KURT
 09. EURASIA
 10. breeze
1992.--.-- mar-pa未発表曲集 <CD/MB RECORDS/MB-3>
 01. MIND VIEW
 02. YOSHIDA
 03. G2O
 04. 古代の響
 05. ベネチアの娘
 06. 海の伝説
 07. DAGE
 08. BIRDY
 09. JUVENILE DREAMS
 10. MUSIC BY
2009.04.21 STANDARD <CD/m-cobo 0001>
 01. STORM CLOUD
 02. Complex
 03. Super Orient
 04. Vision
 05. Majapahit
 06. 100 Billion Lights
 07. Silence
 08. DANCE”B”
 09. Replica
 10. Lavender
 11. MARIA
 12. AFGHANISTAN
 13. 音の捧げもの
○1980年に大阪で結成されたフュージョン・バンド。ポニーキャニオンより2枚のアルバムを発表し、1992年6月13日の心斎橋CLUB QUATTROでのライヴを最後に解散。同1992年に未発表曲をまとめたアルバムをリリース。解散後、吉田は
チャンク ヒルズ チルドレンで活動。中村はチャンク ヒルズ チルドレン天空オーケストラモダンチョキチョキズ風の楽団などに参加。
風の楽団 WindTravelin'Band / CHUNK HILL'S CHILDREN / 天空オーケストラ / モダンチョキチョキズ

ジョリカ・レジスタンス
[MAJORIKA RESISTANCE]

◇(窒息者)藤井(G./Vo) / 北原真冬(B.) / 真子隆(Dr.) ※『Tangerine Freak Baby』
△1990.--.-- Tangerine Freak Baby <7inchEP/Yoshida-Kun Label/YEP-003>
 A1. カオス・コオフィ・ショップ
 A2. ササキ大尉
 B1. しいめえるの舞踏
 B2. 20世紀の犬
○1986年結成したロック・バンド。元いわくらの北原真冬、のちにやけっぱちのマリアなどで活動する藤井海彦らが在籍。
□いわくら / 前夜 /
やけっぱちのマリア / ラブレス

スターベーション
[MASTURBATION]

◇卑龍[Hiryu](Vo./G.) / ロス[Loss](B.) / 神風[Kamikaze](Dr.)
→卑龍[Hiryu](Vo./G.) / タツシ[Tatsushi](B.) / 中村達也[Tatsuya](Dr.)
▲1983.02.-- OUTSIDER <LP/
CITY ROCKER RECORDS/CR-00D> ※「兵士となって戦場に向かえ」「Mastervation」を収録
△1983.05.-- マスターベーション <7inchEP/
ADK/ADK-01E>
△1984.06.-- 死顔 <7inchFlexi./Abnormal/P-01>
△1985.01.15 被害妄想 <12inchEP/
ADK/ADK-21A>
△1999.03.30 マスターベーション <CD Al./OK Records/OK-0001> ※ベスト・アルバム
△2010.12.22 目撃者 <CD Al.+DVD/Youth Inc./YOUTH-108> ※限定盤
△2010.12.22 目撃者 <CD Al./Youth Inc./YOUTH-109> ※通常盤
△2011.03.13 被害妄想〜人間の底辺に蠢く <CD Al./Youth Inc./YOUTH-116> ※OK-0001を改題、2曲追加して再発
○1981年5月京都で結成したハードコアパンクバンド。釘やカミソリで自傷を行うセンセーショナルなパフォーマンスで知られた。1983年、卑龍は単身京都から東京へ活動の拠点を移し、TAM(G.)、KEIGO(B.)、UME(Dr.)をサポートメンバーに活動。1983年に中村達也がドラムで加入、1984年にタツシがベースで加入。1985年3月2日解散、以後卑龍とタツシはトランスフォーマーで活動する。
□原爆オナニーズ / トランスフォーマー / ブランキー・ジェット・シティ / フリクション

タリ
[Mattari]

◇ユーコ(Key./Sax/Vo.) / カコ(Vo./Key.) / アサヒ(B./Clarinet/Vo.) ※1984.01〜1984 Summer
→ユーコ(Key./Sax/Vo.) / カコ(Vo./Key.) / アサヒ(B./Clarinet/Vo.) / 中座(Dr./Vo.) ※1984.10〜1985.05
○アニマルZでの活動を経たカコを中心に結成されたユニット。サックス奏者とクラリネット奏者を含む編成が特徴。
アニマルZ

ッキー&フラワーズ
[Macky & Flowers]

◇マッキー[ササラマキヲ](Vo.) / 山本精一(G.) / ヒラ[平佳也](B.) / 落合達哉(Dr.)
アシッド・マッキー&コンビ・アンド・ゾンビより山塚アイが脱退し、代わって落合達哉が加入することで発展的に成立したバンド。
アシッド・マッキー&コンビ・アンド・ゾンビ / オーディオ・スポーツ / 想い出波止場 / 死の屁 / 赤星 / ヂャーリン・カーリン / 花電車 / ボアダムズ

MATSUKO
[MATSUKO]

◇釘宮マツコ[くぎみやまつこ/釘宮まつこ]
△1986.--.-- MATSUKO LIVE <As“くぎみやまつこ”/Ct.>
△1986.--.-- L'OPOPONA <As“MATSUKO”/Ct.>
○釘宮マツコは神戸市東灘区を拠点とし、関西を中心に活動した女性アーティスト。戸川純の系譜にあるNW/オルタナ系のボーカリスト。1986年、くぎみやまつこ名義で全11曲入りカセット『MATSUKO LIVE』を発表。本作には、1985年の京都大学西部講堂、大阪芸術大学、スタジオ・ワンでのライヴ音源を収録。また、のち名義をMATSUKOとし同1986年にカセットブック『L'OPOPONA』を発表、イラストは片山健が手掛け、演奏には胡弓で向井千恵が参加している。


ッドギャング
[MAD GANG]

◇碇ケンタロー[碇健太郎](Vo./G.) / 西川テツヤ(Vo./B.) / 竹本トシヒロ(Dr.)
△198-.--.-- 心に傷を持った少年 c/w I NEED YOU <Flexi>
▲1987.10.25
4ヘッド・クラッシュ <LP/CAPTAIN RECORDS/CAP-0067-L> ※「テーマ オブ スナフキン」「悪夢(BACK STREET)」「BODY TALK」を収録
△1988.07.-- ショット・ガン <LP/
CAPTAIN RECORDS/CAP-0086-M>
▲1988.--.--
VOS第7号 1988年9月号 <VHS/JICC/VOS-0007>
▲1988.06.21
ROCK FILE ON VIDEO Vol.1 -ロックファイル'88- <VHS/JICC/VOS-4501>
▲1988.06.--
ROCK FILE ON VIDEO Vol.1 -ロックファイル'88- <BETA/JICC/VOS-4502>
▲1988.--.--
ワンダーランドロックフェス WITH ザ・ブルーハーツ <VHS/JICC/VOS-4513>
△1989.08.21 ショット・ガン <CD/
CAPTAIN RECORDS/CAP-1029-CD>
△1989.12.21 プリーズ・バック・トゥ・ミー <CD EP/EPIC SONY/ESDB-3069>
△1990.02.21 MAD GANG <CD Al./EPIC SONY/ESCB-1033>
○神戸を拠点に活動していたモッズ・バンド“
ブライトン”を前身に、1987年に結成されたスリーピース・バンド。碇のブルージーなギターをビートパンクにムリヤリに融合させた特異な音楽性で人気を博すも、碇の脱退に伴い活動を休止。碇は、SOUTHSIDE SHUFFLE、碇健太郎グループなどで活動するも、2004年8月5日肺がんのため40歳の若さでこの世を去る。
□SOUTHSIDE SHUFFLE / 碇健太郎グループ /
ブライトン

ディ・グラ・ブルウ・ヘヴン
[Mady.Gula BLUE HEAVEN]

◇梶野智子[KOTTON CASINO/COTTON CASINO](Vo.) / 田中ヒロコ[ROCO](G.) / 長尾ミユキ(B.) / 野口直美(Dr.)
▲1992.--.-- Oh!MORO増刊 CANDY CANDY CANDY VOL.1 <VHS/
○か×
△1994.--.--
Mady.Gula BLUE HEAVEN <Ct./GYUUNE CASSETTE/ぎ94-01>
 A1. 白昼夢
 A2. Baby Blue
 A3. エベレスト
 A4. 語らず歌え
 B1. Opel No. 4
 B2. 渦
 B3. ルナティックオーバードライブ
△1994.12.12
Mady.Gula BLUE HEAVEN <CD/殺害塩化ビニール:GYUUNE CASSETTE/ぎCD95-00:MURDER CD2828>
 01. Nose-dive
 02. Border
 03. ゆらゆら
 04. アメリカ アフリカ
 05. ゲジゲジ
 06. Dopa
 07. エベレスト
△1996.--.-- E.RANE/EVEREST <7inchEP/Detector/MP-02>
 A. E.RANE
 B. EVEREST
▲1996.10.-- Indies Magazine Vol.5 <Magazine+CD/Rittor Music/ICB-005> ※『E.RANE/EVEREST』より「E.RANE」を収録
△1997.07.25 0 <CD Al./ギューン/ぎCD95-11>
 01. なくしてしまうまで
 02. 夕暮方角
 03. さめて夢みる人
 04. E. レーヌ
 05. フローティング
 06. オーシャン
 07. 雫のナイフ
 08. 今はただ....
△1998.--.-- FAR AWAY <10inchEP/Detector/MP-12>
 A1. Who Who Who
 A2. Kokoro-No-Kakera
 B3. In A Darkness
 B4. Far Away
▲1998.05.25 あぶない音楽 <CD/
GYUUNE CASSETTE/ぎCD95-13> ※「いっしょにいよう」を収録
▲1999.04.06 Land of the Rising Noise Vol.3 <CD/Charnel Music/CHCD-33> ※「Kokoro No Kakera」を収録
○ウエストサイケデリアの中からあらわれた女性4人組サイケデリック・バンド。活動休止後、田中、長尾、野口の3人は、ボーカルのTOMEを迎えて2001年7月にフリー.フロム.ディスガイズ[FREE FROM DISGUISE]を結成、COTTON CASINOはAcid Mothers GongやAcid Mothers Temple & The Melting Paraiso UFOなどで活動。フリー.フロム.ディスガイズを経た田中はヘリコイド0222MB、野口はアスカ・テンプル、長尾はヒヤシンスなどで活動。
□Acid Mothers Gong / Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso UFO / アスカ・テンプル /
ヘリコイド0222MB / ヒヤシンス

ドモアゼル・ショートヘア!
[mademoiselle SHORTHAIR!]

◇ホカダナオミ[外田直美](Vo.) / オガワショウゴ[小川](G.)
△199-.--.-- Mammalia <Ct./
GYUUNE CASSETTE/ぎ94-14>
△199-.--.-- invoke <Ct./
GYUUNE CASSETTE/ぎ94-23>
△1996.06.26 mezzo <CD Al./
GYUUNE CASSETTE/ぎCD95-05>
▲1996.08.-- インディーズ・オムニバスCD <CD Al./ICB-004/RITTOR MUSIC> ※雑誌『インディーズ・マガジン』Vol.4付録CD/「FREEZER」を収録
▲1997.08.21 テイスト・オブ・スウィート・ラヴ マスターピース1969〜79 <CD Al./TEICHIKU/TCCN-28038> ※「さめない夢」を収録
▲1998.02.02 Childish Soup 1997 <CD Al./
CHILDISH SOUP/CSCD-01> ※「BEAUTY」「YAMANOUTA」「ALWAYS」を収録
○1993年秋、元夜来香のホカダと元ディーゼル・ギターズのオガワにより結成されたトラッド色の強いアコースティック・デュオ。外田は1997年末にbridegroomを結成。
□夜来香 / ディーゼル・ギターズ /
藤圭子 / bridegroom

ニッシュトーン
[MANISH TONE]

◇山田貴裕(Vo./B.) / 島田浩平(Dr.) / 杉浦卓(G./Cho.)
→山田貴裕(Vo.) / 島田浩平(Dr.) / 杉浦卓(G./Cho.) / 納家(B.)
▲1989.01.-- West Psychedelia 2: Walk on Wild West <LP/
Alchemy/ARLP-024> ※「Catcher In The Rye」を収録
▲1989.--.-- ALCHEMISM 2 <CD Al./
WECHSELBALG/WCD-9> ※「Mirror Of The Sea」を収録
▲1990.--.-- ウエストサイケデリア3〜OSAKA GREASY TRUCKERS <CD Al./
Alchemy/ARCD-007> ※「Light & Air」「World In Vain」の2曲を収録
▲1998.09.23 Taste Of Wild West 2 <CD Al./WAX RECORDS/TKCH-71457> ※「廃墟のすきまから…」「The Catcher In The Rye」の2曲を収録
○1987年8月、山田、島田、杉浦の3人で結成したサイケ・バンド。のちに、山田がボーカルに専念するため、ベーシストとして、納家を迎え、4人編成となる。1990年8月解散、以降、島田はアウシュビッツの活動に専念。
□アウシュビッツ

フマフラー
[muffmuffler]

◇くまとりあ あゆこ(Vo./.G./Pianica) / たなか みきえ(Dr./Cho.)
△1998.--.-- - <Ct.> ※無題 / 「No Future」「My Sailorman」「That Boy」を収録したデモカセット
▲2000.--.-- Gyuune Cassette Compilation <CD-R/Gyuune Cassette> ※「That Boy」収録 / 十三ファンダンゴでの「ギューンカセット夏祭り」にて限定発売
▲2001.--.-- Gyuune Cassette Compilation「ギューンの知恵の輪 Vol.2」 <CD-R/Gyuune Cassette> ※「メロメロンソーダ」収録 / 十三ファンダンゴでの「ギューン祭り'01」にて限定発売
△2002.11.25 ねむりのラムネ[nemuri no ramune] <CD Al./CHILDISH SOUP/CSCD-13>
△2004.06.26 apple mint ep1 <CD-R EP/APPLE MINT 28 label/AM-01>
○1997年頃からライヴ活動を開始したギターポップ女性デュオ。プレイメイツの山本聖プロデュースによるファースト・アルバム『ねむりのラムネ』は、ガレージありアノラックありフォークありでとにかく楽しい。


マッツ
[Mamat's]

◇T.MAEKAWA(Vo./B.) / S.MATSUYAMA(Dr./Vo.) / TSUKASA(G./Vo.)
△1988.--.-- Spunky Mamat's <Flexi>
▲1988.--.-- THE MAMAT'S N' BASEBALL FURIES <Flexi> ※BASEBALL FURIESとのスプリットソノシート。
BASEBALL FURIES SIDE
 Carry On True
 Don't Go Out Of Vogue
THE MAMAT'S SIDE
 To Sex To Money 1,2 Clash
 MAMMOTH FLOWER
○大阪を拠点に活動したビートパンクバンド。


マルディグラ
[MARDIGRAS]

◇HIROKI OKANO[岡野弘幹](Vo.) / MASAAKI TANO[田野勝啓](Dr.) / TATSUHIRO[達志狼](G.) / mu-U[ムユウ](Key./Manipulate) / KYUMA[キューマ](G.)
△1990.10.25 Gaia <CD/Night Gallery<UK PROJECT/UKCR-1005>
01. Unbalanced World
02. Transmission
03. Euro
04. Gaia
△1991.--.-- changes <7inch Flexi/ROCKIN'f> ※雑誌『ロッキンf』1991年3月号付録
A. CHANGES
アーツ&ラヴァーズクラブ・ニュー・キョウトなどで活動していた岡野を中心に、元デッドエンドの田野、元ハーレムデッズの達志狼ら5名で1989年10月に活動開始した「サイバー・ゴシック・パンク」ユニット。デジタルサウンドを取り入れたロックサウンドが特徴。のち、岡野は風の楽団天空オーケストラなどアンビエント、ヒーリング、アースミュージックの分野で活動。
Art's & Lovers / 風の楽団 WindTravelin'Band / Club New Kyoto / DEAD END / 天空オーケストラ / HARLEM DEADS / Misery

ルト
[MARTO]

◇井手保

ベルエポックなどでも活動していた井手保によるソロプロジェクト。プロジェクト名は、レイモン・ラディゲ[Raymond Radiguet]の著作「肉体の悪魔[Le Diable au corps]」の登場人物より引用したもの。デペッシュ・モードやペイル・ファウンテンズなどからの影響を感じさせるポップミュージックを構築、数本のカセットをリリース。また、SONOKO[ソノコ]『La Debutante[ラ・デビュタントゥ]』収録「Souvenir De La Mer[海からの贈り物]」に共作で参加。井手保は、実弟である井手知伸とのユニット、ティータイムコレクションでも活動。
ティータイムコレクション / Poodle / ベルエポック / LAST FRONT

ーム
[MEME]

◇好機タツオ[Kohki](B.) / スンダ[Sunda](Syn.) / エディ[Edei](Tp.) / オクタ[Okuta](Dr.) ※1982〜1984年頃 / ※『FUNCOUPLE』
→好機タツオ(B.) / スンダ(Syn.) / ゴロー(Sax) / アサノ(Dr.) / 林直人(B.) ※1986年頃
→好機タツオ / SIN SIN TORU[深森] / ANKO SUNDA ※『KYOTO NIGHT -FUN KALTER NATIVE-』
→好機タツオ(B.) / 深森(Dr.) / 東川ヤスオ[東川康雄](Sax) / ゲート(Perc.) ※1989年頃
→行気タツオ(B.) / 浅野トオル[浅野徹](Dr.) / 東川ヤスオ[東川康雄](T.Sax) / 村田ヤスオ(Perc.) ※『WHOOPEE'S OFFICIAL BEST SA'GA』
▲1982.--.-- FUNCOUPLE <Ct./
SKATING PEARS/SP-010> ※XEROIDとのスプリット・カセット
▲1987.--.--
KYOTO NIGHT -FUN KALTER NATIVE- <LP/CAPTAIN/CAP-0068-L> ※「Rugged Trap」を収録
△1987.--.-- EVILEMEM <T・A・O>
▲1990.11.25
WHOOPEE'S OFFICIAL BEST SA'GA <CD/POWER PLANT/P-P-D1001> ※「Placebo syndrome〜Yin' the shadow」を収録
▲2011.05.18 MOODOOISM〜An Eclectic Collection of Works by Kaoru Sato〜 <3CD/SUPER FUJI/FJSP-128> ※SP-010に収録の「Relativitatstheorien」「Bildverzerrung」を収録
△1981年9月、EP-4のギタリストである好機タツオを中心にリゾームとして京都で結成。そののちに、ミームと改称。
EP-4 / ジャンク・ジャングル・ジャンル

スターシリウス
[Mr.SIRIUS]

◇宮武和広(Key./Flute/G./Accordion) / 永井博子[大木理紗](Vo.) / 藤岡千尋(Dr.)
→宮武和広(Key./Flute/G./Accordion) / 永井博子[大木理紗](Vo.) / 藤岡千尋(Dr.) / 村岡秀彦(B.) / 釜木茂一(G.)
△1986.--.-- ゲイト・トゥ・ヨーロッパ[Gate to Europe] <Ct.>
△1986.--.-- エターナル・ジャーニー[Eternal Jealousy] <7inchEP/Made In Japan Records/MIJ-1006>
△1987.--.-- バレン・ドリーム[Barren Dream] <LP/Made In Japan Records/MIJ-1013>
△1989.06.05 バレン・ドリーム[Barren Dream] <CD Al./KING/280E-2025>
△1990.10.21 ダージ[Dirge] <CD Al./KING/KICP-69>
△1990.11.15 クリスタル・ヴォヤージ[Crystal Voyage] <CD Al./MCD-2919> ※シリウス名義の作品集
△1992.03.25 インクレイディブル・ツアー[Incredible Tour] <CD Al./Made In Japan Records/MCB-1>
△1994.03.05 ダージ[Dirge] <CD Al./KING/KICS-2525>
△1994.--.-- インクレイディブル・ツアー[Incredible Tour] <CD Al./Made In Japan Records/MJC-1004>
△1998.06.05 ダージ[Dirge] <CD Al./KING/KICS-2826>
△1999.04.-- バレン・ドリーム[Barren Dream] <CD Al./Mr. Sirius Records/KASA-001>
△2006.10.25 バレン・ドリーム[Barren Dream] <CD Al./ALTAVOZ/ALT-24>
△2006.10.25 ダージ[Dirge] <CD Al./ALTAVOZ/ALT-25>
△2006.10.25 クリスタル・ヴォヤージ[Crystal Voyage] <CD Al./ALTAVOZ/ALT-26> 
△2006.10.25 インクレイディブル・ツアー[Incredible Tour] <CD Al./ALTAVOZ/ALT-27>
△2006.10.25 Gate to Europe & More <CD-R> ※ディスクユニオン特典
△2006.10.25 ザ・シークレットトレジャー[The Secret Treasure] <CD> ※Mr.Siriusダイレクト特典
△2011.10.05 ダージ[Dirge] <CD Al./KING/KICS-91708>
▲2013.08.07 CRiME SYMPHONIA <CD Al./KING/KICS-1924> ※「ラヴ・インコンプリート」を収録
○1978年より活動していたシリウスを前身とし、1985年大阪にてリーダーの宮武和広を中心に結成された、プログレッシブ・ロック・バンド。『バレン・ドリーム』『ダージ』の2枚のオリジナル・アルバムを残し活動を停止。
□イブ / ケッヘル

ステイク7
[MISTAKE7]



もんもんクラブなどで活動していた矢倉邦晃を中心に組織された大所帯のフェイク・ジャズ・バンド、1988年8月に初ライヴを行う。叙有司、渡辺渡、岸本基らが参加。バンドは改名しモダンチョキチョキズとなる。
モダンチョキチョキズ / もんもんクラブ

ック宮川ショー
[MICK MIYAGAWA SHOW]

◇ミック宮川(Vo./Dr.) / 矢倉邦晃(B.) / 柴田あつし(G.)
→ミック宮川(Vo./Dr.) / 柴田あつし(G./B.)
△1988.--.-- ミック宮川ショー A LIVE 88 <VHS/ビンビンフィルムス>
△1988.--.-- 〜1枚で3つの味〜皮ジャン88' <Flexi/ビンビンレコーズ/VV-001>
 A1. 皮ジャン 88'
 B1. 涙のバービー人形
 B2. 変な奴がいっぱい
△1988.--.-- 東京だよミックちゃん <VHS/
フジヤマ/Underground-003>
▲1989.--.-- ひみっ (秘) カセット-特別バージョン <Split with 人生/Ct./ビンビンレコーズ>
 A. 人生のモンゴロイド / 人生
 B. かおるちゃん I. II. III / ミック宮川ショー
△1990,07.25 ザ・ロックン・オタッキー・ショー[THE ROCK'N OTACKY SHOW] <CD MiniAl./UK PROJECT/UKV-001> ※宮尾ススム(B./Cho.) / 柴田あつし(G./B./Cho.) / GAN(Dr./Cho.)
 1. ミック宮川ショーのうた
 2. オラウータン君登場
 3. 燃えろオタッキー1989
 4. うまお君のR&R
 5. フラッグUP!
 6. クサい歌
○1987年に当時アマリリスにも参加していたミック宮川を中心に、矢倉邦晃、柴田あつしの3人で結成されたユニット。
アマリリス

落ち
[MIYAKO OCHI]

◇牟田憲司(G./Vo.) / 堀内寛昭[堀内れのん] (G./Vo.) / 津田一矢(B./Vo.) / 山本博士[山本ヒロシ](Dr.)
▲1973.08.-- OZ DAYS LIVE <2LP> ※3曲を収録
○1971年末に解散した京都のバンド69(シックス・ナイン)のメンバーだった堀内に、津田らを加え1972年初めに結成。1972年夏に牟田が加入。ライヴでは、初期ビートルズナンバーに加え、オリジナル楽曲を披露していた。解散後、牟田と堀内はメリケンブーツを結成(堀内は1977年にはセレンゲティを結成)、津田はダンサーというバンドで活動。山本はビート・ジャッカーズのドラマーで、喫茶店/パブRINGOのマスターでもある。都落ちは1998年に再結成している。
□69 / セレンゲティ / ダンサー / ビート・ジャッカーズ / メリケンブーツ

ンカパノピカ
[MINCA PANOPICA]

◇エイジ[長上鋭司]
→エイジ[長上鋭司](G./Vo.) / ミユキ[岡田未雪](Key.) / ガン[イワモトヒロミ](Dr.)
→エイジ[長上鋭司]
→エイジ[長上鋭司](G./Vo.) / ピロン(Synth.) / チェリ[ちぇり](B.) / モリキリ (Dr.)
▲1985.10.01 EGO #2: CRITYICAL SPECIES <Ct./ROCK MAGAZINE> ※「Guten Morgen」を収録
△1987.--.-- タイムマシンでソレ <7inchFlexi> ※ミニコミ「飲茶」第5号付録
▲1988.06.-- おまつり ナゴムオムニバス III <LP/
ナゴム/NG-052> ※「M・パノピカ」「ペスト博士の夢」の2曲を収録
△1988.10.-- Love Spy <7inchEP/
ナゴム/NG-056>
▲1990.07.21 いか天[完全]完奏版VIDEO 1990年5月 <VHS/
IKA-TEN/IKA-9005> ※「トラブル・ウェスタン 」を収録
△1992.04.04 LAST RESORT <CD Al./Indivisual Records/IV-A003>
△1992.08.25 80'Sソングス <CD Al./
ナゴム/NG-075>
▲1995.11.22
ヒストリー・オブ・BOXレコード第2集 <CD/TEICHIKU/TECN-20316> ※「チク・タク・ウォッチ」を収録
△2005.08.24 MINCA PANOPICA NAGOMU COLLECTION <CD Al./BounDEE/DDCH-2507>
△2010.08.22 <CD-R EP> ※ライヴなどで無料配布
○1985年夏、長上鋭司のソロプロジェクトとして始動したテクノポップユニット。しばらくして、ミユキ、ガン、そしてベーシスト、時にキーボーディストを加えた編成となり、ナゴムから作品を発表するなどした。1984年頃より、モーツァルテ・ユーゲントやソフト、ペーターズらと音楽ギルド"CUBEレエベル"を組織、彼らとともに80年代中期大阪のニューウェイヴ・シーンの中核を担った。1994年にはバンドは活動を休止。2003年にエイジのソロユニットとして再始動、2005年にはバンド編成に移行している。
□SPIN / トライシクル

ミント・アフター・ディナー
[MINT AFTER DINNER]

◇浅野友紀子(Vo./Cho) / Koichi Kitakaze(G.) / Kimiinu(G.) / Maya Kobayashi(Dr.) ※『One Day』
△1997.03.20 One Day <CD/LD&K/29-LDKCD>
01. One Day
02. Stars Can Frighten
03. Get A Shelter
04. Tell Me
05. One Day -Acoustic Version-
06. Stars Can Frighten -Acoustic Version-
△1998.--.-- Mint After Dinner c.t <Ct./LD&K/LDKCT-7>
A. マンホール
B. マブシイオレンジ
△1998.07.23 Mint After Dinner e.p <CD/LD&K/60-LDKCD>
01. マンホール
02. ナゾ21
△1998.08.15 Cloudy Sky <CD/LD&K/61-LDKCD>
01. マブシイオレンジ
02. いのち
03. マンホール
04. ナゾ21
05. ため息ひとつ
06. Melody
△1999.09.22 Rainy Days[レイニー・デイズ] <CD/NIPPON CROWN/CRCH-10018>
01. 5年後
02. 君と僕の
03. マンホール
04. きっと、もっと、ずっと、そっと」
05. 月のない夜
06. 永遠
○京都の「ソフィーゼルマーニ」、90年代の「フランソワーズアルディ」などと称されたネオアコ、フォーキィ的なガールズ・ユニット。バンド形態で始動、のちに山中ナッツのソロ・ユニットとなり1998年には
デボネアがプロデュース参加したシングル『Mint After Dinner e.p』をリリース。1999年には、日本クラウンのレーベルMission Hill Recordsより、ミニ・アルバム『Rainy Days』をリリース。



[MUGEN]

◇林克彦(G./Key.) / 中村隆士(Vo.) / 加藤明(B./G.) / 古田雅也(Dr.)
→林克彦(P./Synth./Mellotron) / 中村隆士(Vo.)
△1984.--.-- Sinfonia Della Luna[シンフォニア・デラ・ルナ] <LP/-/Luna 001>
△198-.--.-- vento di Primavera <Flexi/-/Luna 002>
△1986.--.-- Snow Dream <7inchEP/
MADE IN JAPAN RECORDS/MIJ-1008>
△1986.--.-- Sinfonia Della Luna (re-mix) <LP/
MADE IN JAPAN RECORDS/MIJ-1011>
△1986.05.30 Leda Et Le Cygne[レダと白鳥] <LP/Nexus<King Records/K28P-601>
△----.--.-- Visual <-/
MADE IN JAPAN RECORDS/MIJTP-2005>
△1986.--.-- Concerto Andare Luna <Ct./
MADE IN JAPAN RECORDS/MIJTP-2006>
△1988.--.-- The Princes Of Kingdom Come[過ぎ去りし王国の王女] <CD Al./
MADE IN JAPAN RECORDS/MCD-3202>
△1989.08.05 Leda Et Le Cygne[レダと白鳥] <CD Al./Crime<King Records/280E-2054>
△1990.02.21 Sinfonia Della Luna[シンフォニア・デラ・ルナ] <CD Al./
MADE IN JAPAN RECORDS/MCD-2909>
△1994.--.-- Leda Et Le Cygne[レダと白鳥] <CD Al./Spalax/CD14802>
△1997.--.-- Sinfonia Della Luna[シンフォニア・デラ・ルナ] <CD Al./Musea/FGBG 4192.AR>
▲----.--.-- Official Bootleg Lives Volume II <Ct.> ※「舞踏ロマンティック から レダと白鳥」を収録
○ミダス、ページェントらとともに関西プログレを代表する存在であったシンフォニック・ロック・バンド。3枚のアルバムを残し、1989年に解散。バンドの中心人物であった林はその後、中嶋一晃らによる夜来香に参加。
□夜来香

無邪気
[MUJAKI]

◇鶴田"脳天気"正男[MASAO TSURUTA](Vo./G.) / フーちゃん[MASAHIKO FUJIWARA](B./Cho.) / メグ[MEGUMI SASAKI](Key./Cho.) / ナークラ[MAKOTO NAGAKURA](Dr./Cho.) ※『TOMORROW NEVER KNOWS c/w ゼンマイ狂騒曲』
◇MASAO TSURUTA(G./Vo.) / MASAHIKO FUJIWARA(B.) / MEGUMI SASAKI(Key.)
△1986.--.-- TOMORROW NEVER KNOWS c/w ゼンマイ狂騒曲 <7inchFlexi/おはようレコード>
○1983年3月に鶴田正男を中心に結成、京都・磔磔、大阪西成・エッグプラントなどを拠点に活動したバンド。


・ムッシュ
[The Mousiuer]

◇山本雄二 / 徳永章 / 土橋広市
△197-.--.-- THE MONSIEUR FOLK RECITAL <LP/KING/SKD(S)1006>
△197-.--.-- ザ・ムッシュのお部屋(The Monsieur Second Album) <LP/KING/SKD(S)1012>
△1974.--.-- 伝言板 <LP/ELEC/ELEC-2035>
△197-.--.-- ライブ <LP/ELEC>
△197-.--.-- 明日こそ別れを告げよ c/ w 歌尽踊子情話 <EP/KING/HIT-790>
△197-.--.-- ともだちがかわるとき c/w もし僕が結婚したら <EP/KING/HIT-801>
△197-.--.-- 坊やの絵 c/w ともだち <EP/URC/URS-0008>
△2005.05.24 伝言板 <CD Al./VAP/VPCC-84553>
△2005.12.21 さよならコンサート(ライブ) <CD Al./VAP/VPCC-84519>
○関西フォーク全盛期に活動した3人組フォークグループ。リーダーの山本雄二はMBSラジオ「ヤングタウン」のパーソナリティとしても人気を博す。1975年6月5日の大阪厚生年金ホールのライブを最後に解散。エレックからリリースされたアルバム『ライブ』には、そのライヴの音源を収録している。


まい
[MEMAI]

◇オク(Vo.) / アミタニ(G.) / ツダ(B.) / キタガワ(Dr.) ※1983年頃
○80年代初頭に関西で活動していたハードコアパンクバンド。バンド解散後、ギター担当の辻[TSUZI]は、ベーシストとしてZOUOに参加。
□ZOUO

メリーゴーランド
[MerryGorounD]

◇岡死太郎(Vo.) / Ziggie[Ziggy](B.) / 深津直人(G.) / 自殺遊鬼(Dr.) 
→岡死太郎(Vo.) / Ziggie[Ziggy](G.) / Destroy国金(B.) / 自殺遊鬼(Dr.) ※『MERRYGOROUND』
→岡死太郎(Vo.) / Ziggie[Ziggy](G.) / Destroy国金(B.) / Mako[まこちゃん](Dr.) 
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / Jimmy(G.) / Shido(B.) / Mako[まこちゃん](Dr.) ※『Outside Punx』
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / 工藤ジャジャ丸[たけちゃん](G.) / Shido(B.) / Mako[まこちゃん](Dr.) ※『No War / Go To Hell』『Cage Omnibus - No!』
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / Bancy(G.) / Paddy(B.) / Gunzi(Dr.) ※『Baby! Don't Cry & Merryru.』
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / Thomas(G.) / Paddy(B.) / Riki(Dr.) ※『Demo Tracks』
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / 工藤ジャジャ丸[たけちゃん](G.) / 隊長ユースケ(B.) / Mako[まこちゃん](Dr.) ※1
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / 工藤ジャジャ丸[たけちゃん](G.) / Shido(B.) / Mako[まこちゃん](Dr.)
→Ziggie[Ziggy](Vo.) / 工藤ジャジャ丸[たけちゃん](G.) / Shido(B.) / raika(G.) / Mako[まこちゃん](Dr.) ※『Metalcore Vibration』
△1983.--.-- MERRYGOROUND <Ct./FUNGIZONE LIMITED 0002> ※A面:Live At Himeji (1983.10.16) / B面:At Studio Milk (1983.12.3)
 A1. No War
 A2. Merrygoround
 A3. Kill The Stalin
 A4. Life
 B1. Vacant World
 B2. Runaway
 B3. Kioku No Kakera
 B4. In The City
△1985.--.-- Outside Punx <8inch Flexi/MerryRecords/merryru-001>
 A1. Crazy Bell
 A2. Golden Crime
 A3. Broken Heart
△1986.--.-- No War / Go To Hell <7inch Flexi/MerryRecords/merryru-002>
 A1. No War
 A2. Go To Hell
▲1986.--.-- Cage Omnibus - No! <LP/Cage Records/OA-002> ※「Deathmentally Lover」を収録
△1987.--.-- Baby! Don't Cry & Merryru. <7inch Flexi/MerryGorounD Office/001>
 A1. Merryru.
 A2. Baby! Don't Cry.
△1990.--.-- Demo Tracks
 01. Shake your Brain
 02. Unlucky Young Man
 03. Nasty Guy
△2011.03.26 Live Bootleg 1985 + 6tracks <CD-R/Merryrecords/Merry Records-003>
 01. Live At Takamatsu 1985
 02. Crazy Bell
 03. Golden Crime
 04. Broken Heart
 05. No War
 06. Go To Hell
 07. Deathmentally Lover
△2011.--.-- Live BootlegII <DVD-R/Merryrecords/Merry Records-004>
▲2014.--.-- Metalcore Vibration <Split with Poison Arts/CD/Rising Sun Records/RSR-010>
 01. Introduction / Merrygoround
 02. Crazy Bell / Merrygoround
 03. Broken Hearts / Merrygoround
 04. Go To Hell / Merrygoround
 05. Deathmentally Lover / Merrygoround
 06. Dust In My Life / Merrygoround
 07. Crazy Bell (Bonus Track) / Merrygoround
 08. Golden Crime (Bonus Track) / Merrygoround
 09. Seriously / Poison Arts
 10. Love And Peace / Poison Arts
 11. Confront It / Poison Arts
 12. Mad Max Brother / Poison Arts
 13. 最後に勝て / Poison Arts
 14. Era.Eternal / Poison Arts
 15. G.T.R. Go! Go! / Poison Arts
 16. Bonus Track / Poison Arts
△2015.03.14 Dust In My Life Long Version 2015 <CD-R/Merryrecords/Merry Records-005>
 01.Dust In My Life Long Version
△2015.03.14 Merrygoround Demo Tapes 1983 <CD-R/Merryrecords/Merry Records-006> ※Ct.『MERRYGOROUND』CD-R化
 01. No War
 02. Merrygoround
 03. Kill The Stalin
 04. Life
 05. Vacant World
 06. Runaway
 07. Kioku No Kakera
 08. In The City
○1981年、兵庫県相生市にて結成されたBoredomesのメンバーであったZiggieと岡により1982年12月姫路にて結成されたハードコアパンク・バンド。姫路、神戸、大阪を中心に活動し、1986年にバンドとしての活動を休止。Ziggieは単身上京、グラムロック的なサウンドでの活動、マーク東[MARC HIGASHI]としてソロ作も発表。2010年には、※1のメンバーにて活動再開、2014年にはポインズンアーツとのスプリット・アルバム『Metalcore Vibration』をリリース。ZiggieはMerryGorounD、青い星、WicheDを並行して活動を続けていたが、2016年4月15日に逝去。
□青い星 / WicheD

ンボーズ
[membous]

◇中村房代(Vo./G.) / 中川真理子(G./Vo./Dr.)
△1994.--.-- シークレット・マイク <Ct./
ギューンカセット/ぎ94-02>
△199-.--.-- シークレット・ライフ <Ct./
ギューンカセット/ぎ94-15>
△1995.09.01 ハニー・チャパティ <CD Al./
ギューンカセット/ぎCD95-02>
▲1996.08.-- インディーズ・オムニバスCD <CD Al./ICB-004/RITTOR MUSIC> ※雑誌『インディーズ・マガジン』Vol.4付録CD/「水」を収録
△1997.06.21 はね <CD Al./BAD NEWS/BNCA-14>
▲1997.08.21 テイスト・オブ・スウィート・ラヴ マスターピース1969〜79 <CD Al./TEICHIKU/TCCN-28038> ※「かあさんおはよう」を収録
△1997.09.21 ハニー・チャパティ <CD Al./BAD NEWS/BNCA-15>
▲1998.02.02 CHILDISH SOUP 1997 <CD Al./
CHILDISH SOUP<ギューンカセット/CSCD-01> ※「お部屋」を収録
△1998.02.21 雨にぬれても <CD EP/BAD NEWS/BNCA-17>
○大阪・大正区出身で、小学校・中学校の同級生であった中村と中川の2人による女性デュオ。朴訥でシンプル、角度を変えればサイケデリックにも聴こえるアコースティック・サウンドは、90年代の“フォーキー”の流れでも聴かれた。デュオとしての活動休止後、中村はナイスフェローの岡尾かおりとのデュオ“山葉”で活動。
□山葉

ーツァルテ・ユーゲント
[MOZARTE JUGEND]

◇谷崎テトラ(Vo./Synth./Sax/Perform) / ジャン・ピエール・テンシン[齋藤典之](Vo./Sax/Perc./Perform) / MADOKA(Vo./Vln./Perform)
▲1983.--.-- Aurora music <Ct./
かげろう&Assemblage> ※「LUNGI 」を収録
▲1985.10.01
EGO #2: CRITYICAL SPECIES <Ct./ROCK MAGAZINE> ※「Kyuketsuki Weimar」を収録
○1984年、大阪芸術大学の学生を中心に結成された前衛音楽ユニット。ミンカパノピカや、高野寛が在籍していたソフトらとミュージシャンギルド"CUBEレエベル"にて活動。1987年、PBCに発展。
PBC

モーニング・グロウ
[MORNING GLOW]


△1982.07.-- Let's Dance c/w August Day <7inchEP/TAURUS/07TR-1014>
スターキング・デリシャススパニッシュ・ハーレムの高橋イタル・仲豊夫らにより結成されたフュージョン系バンド。
□アーリータイムス・ストリングスバンド /
シェリフ / スターキング・デリシャス / スパニッシュ・ハーレム

ダンチョキチョキズ
[Modern Chockychockies]

◇矢倉邦晃 / 濱田マリ / 長谷部信子 / 保山宗明王[保山宗明玉] / ヌルピョン / フィリップ君 / 岸本基[ガンボンギー/ハンホンヒー] / 磯田収 / 芳垣安洋 / 今中規子 / 渡辺渡 / 叙有司 / 早田稔 / 前渕訓秀 / 井上智士 / ケン スギサキ / 和久治彦 / 森敦功 ※『ローリング・ドドイツ』写真掲載メンバー

ヒデオ』クレジットロールについてはこちら>>

▲19--.--.-- 白旗聞者 6 <Ct./
スタジオ白旗
△1992.06.21 新・オバケのQ太郎 <CD EP/SONY/SRD2-1005 >
△1992.07.22 ローリング・ドドイツ <CD Al./SONY/KSC2-13>
△1993.05.20 ジャングル日和 <CD EP/SONY/KSD2-1033>
△1993.06.21 ボンゲンガンバンガラビンゲンの伝説 <CD Al./SONY/KSC2-37>
△1993.11.21 自転車に乗って <CD EP/SONY/KSD2-1057>
△1994.02.21 THE 絶望行進曲 <CD EP/SONY/KSD2-1063>
△1994.05.21 天体観測 <CD EP/SONY/KSD2-1068>
△1994.06.22 別冊モダチョキ臨時増刊号 <CD Al./SONY/KSC2-76>
△1994.10.21 エケセテネ <CD EP/SONY/KSD2-1072>
△1994.11.02 くまちゃん <CD Al./SONY/KSC2-92>
△1994.11.21 素敵なマーナ <CD EP/SONY/KSD2-1076>
△1995.04.21 ヒデオ <VHS/SONY>
△1996.02.21 渚のエンジェル <CD EP/SONY/KSD2-1116 >
△1997.02.01 ピ ピカソ <CD EP/SONY/KSD2-1142>
△1997.02.21 レディメイドのモダン・チョキチョキズ <2CD/SONY/KSC2-178〜9>
△2004.12.22 ヒデオ <DVD/SONY/KSBL-5799>
もんもんクラブなどでの活動を経た矢倉邦晃を中心に、1989年3月頃に結成された異能エンターテイメント集団。ミステイク7から改名して成立。『世界統@レコードショウ』にも参加していた檜野有司(1993年脱退)、カドリエの岸本基(ハンホンヒー)、自転車の友の吉原貴子らをオリジナルメンバーとして始動。アマリリスタマス&ポチスの安田謙一、吉村うみぼうずの吉村智樹、マンスリーよしもと編集者の仲谷暢之らがブレーンとして参加。1990年には、ホーン担当にちんどん通信社の河村光司、キーボードに今中規子(1993年まで)、元々は熱烈なファンだった保山宗明玉、餃子大王の渡辺渡(1993年まで)、砂場の濱田マリらが加入。1991年にギタリストに元タマス&ポチスの磯田収(1995年まで)、ドラムスに芳垣安洋(1995年まで)、元ランブラーズのフィリップ君(1994年まで)、1992年にはポンポンダリアの長谷部信子(1994年まで)らが加入し、加入時期不明の飛び道具人間であるヌルピョンらを擁し同1992年メジャーデビュー。1993年からは、下剋上オールスターズのトロンボーン奏者である広兼剛や、檜野有司の後継ベーシストとして元てつ100%の梶野秀樹らが参加。1994年からレコーディングメンバーとしてギタリストの内橋和久が参加。「ジャングル日和」(1993)などのヒット曲を残し、1997年2月21日小西康陽編纂によるベストアルバム『レディメイドのモダン・チョキチョキズ』を最後に活動休止。濱田マリはマルチタレントとしてテレビ分野を中心に活躍、長谷部信子はハセベノヴコとして音楽活動、保山宗明玉はラジオカセッツを中心に音楽などいろいろ活動、芳垣安洋と内橋和久はオルタナテイヴロックユニット"アルタード・ステイツ"で活動、吉村智樹はライターとして様々な媒体に執筆、矢倉邦晃と安田謙一はテクノ歌謡などの企画に関わるなど、参加者各人が多岐にわたり活動している。
2001年3月17日、テレビ番組『ミナミ音楽堂』(朝日放送)の企画にて「復活!モダンチョキチョキズ」として一部メンバーが集結、梅田ヒートビートにてライヴ演奏を行う。
2020年2月、近代鋏団としてメンバーが集結し同年9月25日に神戸チキンジョージにてライヴを行うことが発表されたがコロナ禍のあおりを受けライヴは中止となる。同日、YouTube上に近代鋏団として「トムのいるコカゲ」「自転車に乗って、」の2曲の演奏動画が期間限定で公開される。この動画での「近代鋏団(a.k.a.モダンチョキチョキズ)」としてのクレジットは、濱田マリ、保山宗明玉、ハセベノヴコ、ガンポンギ、ヌルピョン、山崎圭巳、早田稔、井上智士、河村光司、磯田収、山本"LYU"隆一、Taffy、中家諒、Yuzi"Brian"Eno。
2021年9月25日、神戸のチキンジョージにてライヴ「モダンチョキチョキズ1夜限りの?!復活祭」が開催。当日のライヴ映像については配信も行われ、そこでのクレジットは、濱田マリ、ハセベノヴコ、保山宗明玉、ガンポンギ、ヌルピョン、磯田収、武井努、山崎圭巳、早田稔、井上智士、山本"Lyu"隆一、Taffy、中家諒、Yuzi"Brian"Eno、河村光司、矢倉邦晃。なお、矢倉は当日のライヴには参加していない。
アシッド・マッキー&コンビ・アンド・ゾンビ / アマリリス / ありぢごく / アルタードステイツ / カジャ&ジャミン / カドリエ / THE神SUN / 雷マラソン / 餃子大王 / CLUB ALOE / KUKU / グラインド・オーケストラ / K / 下剋上オールスターズ / ゴングダービー / サイツ / 殺倶-恐悪狂神団- / 自転車の友 / 砂場 / タマス&ポチス / チルドレンクーデター / ちんどん通信社 / ヌルピョンと安土城 / ノボスナニワーノス / 花電車 / ファーストエディション / フォークテイルズ / ボアダムズ / ポンポンダリア / マーパ / マッキー&フラワーズ / ミステイク7 / ミンカパノピカ / もんもんクラブ / 吉村うみぼうず / ラジオカセッツ / ランブラーズ / リヴラフ / ロス・ルンベロス /

ノグラム
[monogramme]

◇中井敏文[中井敏房](Vo.) / 秋葉隆(Dr.) / 吉村ヒロシ(B.)
→中井敏文[中井敏房](Vo.) / 秋葉隆(Dr.) ※『おまつり -ナゴムオムニバスIII-』
→中井敏文[中井敏房](Vo.) / 秋葉隆(Dr./Cho.) / 野田真弘(G./Cho.) / 小田晶房(B./Prog./Cho.) ※『
LONG INTO THE EDGE volume.1
▲1988.04.-- おまつり -ナゴムオムニバスIII- <LP/
ナゴム/NG-052> ※「てみやげ」を収録
▲1990.01.-- おまつり -ナゴムオムニバスIII- <CD Al./
ナゴム/NG-067> ※NG-052のCD再発
▲1991.05.--
LONG INTO THE EDGE volume.1 <CD/LONG-IN/LCD-1001> ※「ユア・ドレス」「トレジャー・ハンティング」を収録
△1993.--.-- モノグラム <CD Al./GROOVIN'/GRM-9301>
△1996.02.20 under <CD Al./BLACKY RECORDS/BRL-9501>
△1996.--.-- TV-ZONE c/w PLUS <Ct.>
△2001.--.-- 2001 demo-track Graphite <CD>
△2007.09.11 return <CD Al./seal-s floor>
△2007.09.11 send <CD Al./seal-s floor>
○P-MODELなどのコピーバンドであったHAPPNING BANDで活動し、のちオリジナル曲を演奏するHAP'Sに改名したグループの別プロジェクトとして1985年秋頃、大阪にて始動。P-MODEL関連ミニコミ『A'TO』の編集・発行にかかわっていた中井を中心に結成。1985年12月23日にエッグプラントでライヴ・レビュー、1989年4月1日京都どん底ハウスでのライヴを最後に一旦バンド活動を休止する。1990年9月13日京都MUSE HALLでのライヴから活動再開、京都と大阪を中心に活動。1993年末以降、東京を拠点に活動する。2001年には中野テルヲがバンドに加入するも、しばらくしてバンドは活動を休止、その後はモノグラムは断続的にライヴ活動を行っている。
□HAP'S /
ブラウダ・エスニックス

ブス
[MOBS]

◇Momo[ラリー](B.) / Shin[楠本心](Dr.) / Jotaro[丈太郎](G.) / Kenji[JESUS](Vo.)
→Kozi(B.) / Toshi(Dr.) / Yoshiki(G.) / Kenji[JESUS](Vo.) ※1985年2月、Kenji以外のメンバーが一新し左記の編成に
△1985.02.-- Diabolism <7inchEP/
Noise Room Records/NRR-E001>
△1985.11.-- Projection Of Astral Body <7inchEP/
Noise Room Records/NRR-E006>
△1986.--.-- Projection Of Astral Body <7inchEP/Advance Records/adv-e001>
△1986.--.-- Resurrection <LP/Advance Records/AVR-L001>
△1986.12.-- Gypsy On Journey <7inchEP/Advance Records/AVR-e002>
○1983年から1989年まで活動したパンク・バンド。
ガーリックボーイズのラリー、シティインディアンのSINらも在籍。
ガーリックボーイズ / GEIZZ / K.G.G.M. / COBRA / シティインディアン / 鉄アレイ / FOAD / WHIP BRAIN / ポルターガイスト / MASTERβSIGNAL / MOHAWKS

んもんクラブ
[MON MON CLUB]

◇西條廣一(Vo.,G.) / 矢倉邦晃(B.) / 勝野タカシ(Dr.) / 廣永明美 / 安田謙一 / 安田イレメ / かずみ / ドンちゃん
△1986.03.-- もんもんクラブ <8inchEP/
TOYPICK[ZERO]/TP-004>
○1982年、矢倉邦晃と西條廣一が出会い結成したバンド。モダンチョキチョキズの前身のひとつ。1987年頃まで活動。活動後期は、もんもんクラクラと名乗る。
□ミステイク7 /
モダンチョキチョキズ / 安田謙一と爆発箱庭男


[go to index] [www top]