[www]

[ ヤ / ユ / ヨ ]

◇=member △=discography ▲=other release ○=infomation/comment □=related

 
けっぱちのマリア
[Yakeppachi No Maria]

◇渡辺隆久(G./Vo.) / 柴山伸二(Dr./G.) / 川畑(B.) ※1984.10〜1985 Summer
→渡辺隆久(G./Vo.) / 柴山伸二(Dr.) ※1985 Summer〜1987.09
→渡辺隆久(G./Vo.) / 柴山伸二(Dr.) / 津山(B.) ※1987.11〜1988.03
→藤井海彦(B.) / 柴山伸二(Dr.) / 坪川隆久(Vo./G.) ※『Kitchen Tapes '90 Vol.1』
▲1993.09.12 Kitchen Tapes '90 Vol.1 <Ct./Kitchen Tapes> ※「Your Beautiful Sky」を収録
○1984年春に結成された、イディオット・オクロックに在籍していた渡辺隆久を中心とするプロジェクト。京都どん底ハウスなどに出演。
□イディオット・オクロック / 前夜 / タコ / 渚にて /
ハレルヤズ / マジョリカ・レジスタンス / ラブレス

山本憲一とアビーロード
[YAMAMOTO KENICHI AND ABBEY ROAD]

◇山本憲一(Vo.) / 庄司喬(G.) / 原田しげあき(B.) / 羽岡利幸(Key.) / 福島正彦(Dr.) ※1
▲1974.--.-- 8.8Rockday'74ライブレコード <2LP> ※「夢なき世界」「けだるさの毎日」「Last Genelation」を収録
○1970年代、神戸を拠点に活動したロック・バンド。1974年には、びわ湖バレイで開催された「8.8Rockday」に※1での編成で出場。のち、アビーロードフライングバンドに発展。羽岡はアビーロードフライングバンドを途中脱退、1976年10月より井上堯之バンド[井上堯之とウォーターバンド]に加入。アビーロードには、のちにM-BANDやホームレス・ハートでも活動した岩田浩史(本名:岩田浩)も一時在籍。岩田は長い闘病生活の末、2013年11月24日死去。
□アビーロードフライングバンド / 井上堯之とウォーターバンド / M-BAND / 野口昭彦とブラシ&ピックス / ハイタイドハリス・ブルースバンド / ホームレス・ハート


[U.]

◇YOKOTA[横田雅人](Vo./G.) / HAMADA[浜田](B./Vo./Key.) / TANIYAMA[谷山和之](Dr./Vo./P.)
▲1991.09.05 トッド・アンド・フィーバー <CD Al./UMMO/UMMO-1> ※「限界に祟り無し」を収録
▲1992.12.10 ZK+SAMPLERS 1992→93 <CD Al./ZK RECORDS/ZIKS-005> ※「sodomie」を収録
▲1992.--.-- どん底ハウスVA/ロックのはらわた <CD Al./HULA-HOOP/HRCD-9206> ※「閉鎖1.1.1.1.1.」を収録
△1993.03.25 テスター <CD Al./ZK RECORDS/ZIKS-006>
△1994.02.25 具体[GUTAI] <CD Al./
TAG RAG/TR-CD001>
▲1994.12.01 RIDDLE OF LUMEN <CD Al./
F.M.N. SOUND FACTORY/FMC-001> ※「フェイス,フェイス,フェイス」を収録
△1995.11.-- Reset Zero <10inchEP/
TAG RAG/TR10EP-002>
▲1996.07.01 Raggle Taggle Vol. 1 <CD Al./
TAG RAG/TR-CD005> ※「Mon」を収録
▲1997.04.20 ソーラー・エクリプス〜グリーンレコーズ・コンピレーションVol.1 <CD/
GREEN RECORDS/GREEN- 003> ※「Reinvou I」を収録
△1998.09.-- Line <CD Al./
TAG RAG/TR-CD016>
▲2000.09.28 Raggle Taggle2 <CD Al./T
TAG RAG/TR-CD025> ※「LINE」を収録
△2001.03.25 Early Days <CD Al./ZK RECORDS/ZIKSB24>
○1989年に結成されたオルタナティヴ・ロック・バンド。1994年にはタグラグの第一弾作品としてアルバム『GUTAI』をリリース。1998年にはアルバム『Line』をリリース。2000年9月にバンドは解散。2001年にはZKより、『テスター』のリマスター音源に加え、1993年4月に行われたライヴ音源を収録した『Early Days』がリリースされた。
□オンサ /
花電車

ーエフオー・オア・ダイ
[UFO OR DIE]

◇山塚アイ(Vo./Mix) / ヨシミ(Dr./Vo.) / 林直人(B.)
→山塚アイ(Vo./Mix) / ヨシミ(Dr./Vo.) / カツミ(B.)
▲1988.12.-- West Psychedelia 2: Walk on Wild West <LP/ALCHEMY/ARLP-024> ※「SPACE DISCO」を収録
△1989.09.-- U.O.D <EP/
BRON RECORDS/BRON-02>
▲1990.09.25 Galaxy & Nu Beauty (GALAX 1) <CD Al./
SSE COMMUNICATIONS/SSE-4002CD> ※『CHOP WARP』を収録
▲1990.--.-- Japan Bashing Volume 1 <7inchEP/Public Bath /Public Bath/PB 2> ※アメリカでリリース/「Space Disco」を収録
△1992.--.-- U.O.D <CD EP/
BRON RECORDS/BRON-UFO2>
△1993.07.25 カセットテープ・スーパースター <CD Al./TIME BOMB/BOMBCD-02>
△1994.--.-- Shock Shoppers <7inchEP/Skin Graft Records/GR 11> ※アメリカでのリリース
△1996.--.-- カセットテープ・スーパースター <LP/TIME BOMB/BOMB-02>
○正式名称はUnlimited Freak Out Or DIE。
ヘイスティ・スネイル・ベイビーを前身に、1988年に京都にて結成されたジャンク・サウンド・ユニット。
□OOIOO /
ダムロック・サンドヒル / 電動歯 / ハナタラシ / フリーキトゥン / ヘイスティ・スネイル・ベイビー / ボアダムス / UNIT4 / レニングラード・ブルース・マシン

星都市
[YUSEITOSHI / PLANET CITY]

◇森川眞行[モリカワマサユキ](Vo.) / 細沼としや[ホソヌマトシヤ](G.) / 黒田清一[黒田セイイチ/クロダセイイチ](B.) / 一宮誠志[イチミヤセイシ](Dr.) / カトーヒロユキ[加藤寛之]((Key.) / 坂口ミツヒロ[サカグチミツヒロ/坂口みつひろ](Key.) ※『IMITATION DECORATION c/w COCKTAIL CIGARETTE』『PANIC / AUTOMATIC SHOES』
→森川眞行(Vo.) / コンチ(G.) / 藤井(B.) / カトーヒロユキ[加藤寛之](Key.) / 小原[オハラヒデヒコ](Dr.) ※小原はゲスト
→森川眞行(Vo./Prog.) / コンチ[Conchi](G.) / ゴンゾ[GonZo](B.) / Piyo(Key.) ※1988年頃
△1983.--.-- IMITATION DECORATION c/w COCKTAIL CIGARETTE <7inchFlexi/READY MADE RECORDS/RM-01>
△1983.--.-- PANIC / AUTOMATIC SHOES <7inchFlexi/READY MADE RECORDS/RM-02(PLM-026)> ※ミニコミ『RISKY』第5号付録
A1. PANIC
A2. AUTOMATIC SHOES
▲1985.--.-- 遠い昔の未来の街並/モリカワマサユキ&遊星都市 c/w
Hysteria/ZARATHUSTRA <Flexi/パブリックブレーン/S&V-001> ※雑誌『SOUND & VISION』第1号の付録 編成は森川と加藤の2人
エンゼルアワー電動マリオネットでの活動、「ロックマガジン」の制作にかかわるなどしていた森川眞行を中心としたユニット。森川はパブリックブレーンなる会社を運営し、1985年よりミニコミ『SOUND & VISION』を発行。黒田はバンド脱退後、アフター・ディナーに移籍、1987年のヨーロッパ・ツアーにも参加している。
アフター・ディナー / エンゼルアワー / 電動マリオネット

UPメイカー
[UP-MAKER]

◇西森タケル[西森武史](Dr.) / カトマリ[加藤真理子](Vo./Key.) / 小間K太[小間慶大](G./Vo.) / 田上圭介[K.K.田上](B.) / 竹原香織(H.)
→西森タケル[西森武史](Vo.) / カトマリ[加藤真理子](Vo./Key.) / 小間K太[小間慶大](G./Vo.) / 田上圭介[K.K.田上](B.) / 竹原香織(H.) / ネギ(G./Vo.) / 北川勇治(Dr./Vo.)
△1981.10.-- み・ん・な <EP/
UNBALANCE/UN-3>
○1979年、元INUの西森らにより結成されたバンド。ニューウェイヴでありレゲエ的な独特のサウンドを聴かせた。マントヒヒ、磔磔、スタジオあひるなどに出演。1984年4月26日、西森は潜水中の事故のため命を落としている。田上はひだりうで[左腕]での活動を経て、1984年3月にオフマスク00を結成。小間はシェシズ、アノンなどで活動。
□アノン /
INU / オフマスク00 / シェシズ / ひだりうで[左腕]

U-UNITY
[U-UNITY]

◇田村キミノリ(B.) / 池永炎(G./Vo.) / 西川豊(Perc./Key.)
▲1984.--.-- A:U-UNITY / B:MASAKAZU NAKAGAWA <8inch Flexi/Esposition/E-7202 E-7203> ※「Yoh」「S.A.C.」の2曲を収録。
○関西にて少年ナイフとのジョイント・ライヴなどの活動を行っていた3人組バンド。その音は、明石市のレーベル“Esposition”からリリースされた中川マサカズとのスプリットソノシートにて聴くことができる。


ユカリ WITH ピンポンパン
[YUKARI with Ping Pong Pang]

◇文田縁(Vo.) / 大広孝司(Key.) / 堀川登志一(G.) / 井上克二(Dr.) / 村島俊治(B.) ※『リコレクション』
▲1987.--.-- It's たまご FM大阪 FMサウンド・アート・ギャラリー Vol.1 <LP/
Flied Egg Label/OPCIT-001> ※「愛で殺して」を収録
△1989.05.21 リコレクション[RECOLLECTION] <CD/PANAM/ZA-511>
01. Recollection
02. 逢いたくて
03. ALL HOPE IS GONE
04. MISS YOU
05. Peacock Legend
06. バラード
△----.--.-- リコレクション[RECOLLECTION] <Ct./PANAM/SNT-511>
A1. Recollection
A2. 逢いたくて
A3. ALL HOPE IS GONE
B1. MISS YOU
B2. Peacock Legend
B3. バラード
○80年代後期、大阪を中心に活動したポップ系バンド。TOTOなどのAORサウンドをニューミュージックに昇華したサウンドを展開した。


ニットバス
[UNIT BATH]

◇森一久(Sax/Cl.) / 外薗恵利子(Vo.) / 天野ちずこ(Key./Viola) / 池亀りうぞ(Key.)
▲1985.--.-- ビックリ水族館 <LP/水族館<Japan Record/28JAL-3025> ※「ひとで安心」を収録。ここでは、森と外薗の2人編成。
○母体であるソフトに在籍した森・池亀らによるミニマルポップユニット。1985年、鈴木慶一が主宰する「水族館レーベル」のコンピレーション・アルバム『ビックリ水族館』に「ひとで安心」で参加。なお、同コンピには、池亀りうぞ「レプリカント山下清」も収録されている。
ソフト

UNIT4
[UNIT4]

◇ユン・ツボタジ(Vo./Perc.) / 野崎テーツ[NOOZA TEYTS](Dr.) / NAO HAYASHI[林直人/林ナオト](B.) / 好機タツオ(G.) ※1987年頃
→ユン・ツボタジ(Vo./Perc.) / 野崎テーツ[NOOZA TEYTS](Dr.) / NAO HAYASHI[林直人/林ナオト](B.) / タワー・ティー[TOWER-T](G.) / YAMSUKE E-R(TS) / SO-WHAT(Tp.) ※『KYOTO NIGHT -FUN KALTER NATIVE-』
→ユン・ツボタジ(MC/Perc.) / オニパン[コング桑田/桑田敬信](MC/Sax) / コッテリ[吉田正](MC/Tp.) / 三条通[五十川清](Dr.) / タワー・ティー(G.) / ナオ・ハヤシ[林直人](B.) / シュウ・ヤマネ(Tp.) / アオキ・シゲル(Sax) / キング・ハンザ(Mixer) ※1989年頃
→ユン・ツボタジ(MC/Cho./Perc.) / コッテリ[吉田正](MC/Cho./Tp./Perc.) / オニパン[コング桑田/桑田敬信](MC/Cho./Sax/Perc.) / タワー・ティー(G.) / MONKEY(B.) / NON STOP AKIYAMA(Dr.) / NAGATOMI(Sax/MC/Cho.) / DAISUKE[市原大資](Tp./Cho.) ※『ON THE CORNER OF HOME TOWN』
→ユン・ツボタジ(MC/Cho./Congas/Bongos) / 好機タツオ(B.[Space]) / 森タクミ(B.[Ground]) / NON STOP AKIYAMA(Dr.) / タワー・ティー(G.) / Micky(Tb.) / Kohno Kazuhiro(Tp.) / コング桑田[桑田敬信](Vo./Cho.) / コッテリ[吉田正](Vo./Cho./Cowbell) ※『Sion Tribute / Ain't Nothing I Can Do』
▲1987.--.--
KYOTO NIGHT -FUN KALTER NATIVE- <LP/CAPTAIN/CAP-0068-L> ※『Go Pumpin'』『Tower-T』の2曲を収録
△1993.--.-- ON THE CORNER OF HOME TOWN <CD Al./
SKATING PEARS/SPCD001>
▲1995.--.-- Sion Tribute / Ain't Nothing I Can Do <CD Al./Bishamon Label/BISH-001> ※「バックストリート」を収録
○1983年にEP-4の別ユニットとしてユン・ツボタジを中心としたプロジェクトが始動、1985年UNIT4と改名し成立。ホーンを全面的にフィーチャーしたファンクサウンドが特徴。デタミネーションズなどで活動していた、市原大資も1992年春より参加。ユンは、2004年よりエレメンツに加入。UNIT4のほか、
パパイヤママストリートブルースバンドBODYでも活動していたコッテリこと吉田正は2012年4月26日に肝硬変のため、享年50でこの世を去っている。
EP-4 / エレメンツ / デタミネーションズ / パパイヤママストリートブルースバンド / BODY / UFO OR DIE

ユニバーサル・エラーズ
[UNIVERSAL ERRORS]

◇桑原剛(B.) / ATR[KAZYTA NISHIMURA](Dr.) / 和泉希洋志(G./Electronics) / 吉村公一(Key.) ※『Micro Truxx』『TONE SKETCH IN POLARLIGHTS』
▲1997.04.01 Micro Truxx <CD/
UMMO Records/UOCA-1002> ※「Hey Yak! You Are The New Star」を収録
△2001.07.15 TONE SKETCH IN POLARLIGHTS <CD/
UMMO Records/UOCA-1009>
 01. SANDALWOOD
 02. TONE SKETCH IN POLARLIGHTS
 03. SKYCOMPO
 04. ハネ晴
 05. LO
 06. METAMORPHONE
 07. HUMMINGTOP
 08. LOTUSSONG
 09. NEKTON
 10. RECORECO
○1995に結成、1997年の休止まで、大阪を中心に活動していたエレクトロニクス・ミュージック・グループ。2001年活動を再開し、初のアルバム『TONE SKETCH IN POLARLIGHTS』をリリース。
□アナーキー7 / EASTANBURIA / APE23 / EAD / KARERA MUSICATION / サイコ・ババ / ボアダムス / リボン・ザ・ランチ

ーラン
[YORAN]

◇YOJI[MABUCHI YOJI]
→YOJI(Vo.) / スージィ(G,) / AKI(B.) / TSUZI(Dr.)
△1981.07.-- Montparnasse <7inchEP/
UNBALANCE RECORDS/UN-2>
△1986.01.-- Love Bitterness <7inchEP/
NIGHT GALLERY/Night-003>
△1989.--.-- The Atomic Love <7inchEP/Tears Records/TR-01>
○ラフィン・ノーズのオリジナル・ベーシストであるヨージによるニューウェイヴ/エレポップ・ユニット。ラフィン・ノーズと並行して活動がなされ、3枚のシングルをリリース。活動後期は、スージィ(元ティーンエイジレジスタンス、元ラフィン・ノーズ)、AKI、TSUZIとともにバンド形態で活動した。YORANでの活動を経てYOJIはDJ活動にシフト、2007年までヨージ・ビオメハニカ名義で活動した。
□YOJI BIOMEHANIKA / ラフィン・ノーズ

村うみぼうず
[YOSHIMURAUMIBOZU]

▲1989.10.-- 白旗聞者 5 <Ct./白旗社中> ※「便座除菌クリーナーを持ち歩いてるOLなんかFUCKOFF」を収録
▲1989.--.-- HAPPY Hi! OMNIBUS <Ct./HAPPY Hi! RECORDS/HH-C-002>
▲199-.--.-- Oh! Moro 2 <VHS/
○か×
○『ビックリハウス』『宝島』などの常連投稿者を経て、フリーライター・放送作家として活躍する吉村智樹を中心としたコミック・パンク・バンド。1991年8月解散。吉村はモダンチョキチョキズにブレーンとしてもかかわり、『博多の女』などの詞を提供。
モダンチョキチョキズ

よのすけ&スーパーサーファーズ / よのすけとスーパーサーファーズ
[YONOSUKE & SUPER SURFERS]

◇中村よのすけ(Vo.) / 岡尾幸一(G.)※園尾幸一の誤植か / 藤本修(G.) / 瀬戸崎俊男(Key.) / 狭間義生(B.) / 遠藤玄生(B.) / 岡本圭司(Dr.) ※『心斉橋行進曲』 
△198-.--.-- 心斉橋行進曲[心斎橋行進曲] <7inchEP/
AMS(朝日ミュージックサービス)/AMS-2062>
△1981.04.05 おじゃまむし'81 <7inchEP/WARNER-PIONEER/L-1508P>
 A. おじゃまむし'81
 B. 明日を夢みて
○のちに、よのすけ&ホームランブラザーズバンドで活動するよのすけ、瀬戸崎、岡本らが参加したバンド。朝日放送(ABC)のTV番組「ヤングプラザ Sounds in Sounds」に出演し、シングル『心斎橋行進曲』をリリース。
□よのすけ&ホームランブラザーズバンド


[go to index] [www top]

UNIT-4